2017年末は海上戦に注目! MMORPG『ArcheAge』は「誰も損しない世界」を目指す

PC用MMORPG『ArcheAge』のメディア向けカンファレンスが実施され、2017年11月以降のロードマップが発表された。発表内容をお届けする。

 ゲームオンがサービス中の『ArcheAge』は、生活系のコンテンツが豊富なPC用MMORPGだ。広大な世界を冒険、農業、戦争、建国など、自由なプレイスタイルで満喫できる。

 先日、メディア向けのカンファレンスが開かれ、日本運営プロデューサーの石元一輝氏が2017年11月以降のロードマップを発表した。既存コンテンツの改修以外にも新コンテンツが用意されているとのことだ。気になる発表内容をお届けしていこう。

メディア各社が日本運営プロデューサー・石元一輝氏によるプレゼンを受けた。

海戦PvP“トレパセス”登場! アリーナのサーバー間マッチングも実現!

 アップデートの目玉はアリーナに追加される“トレパセス”だ。ランダムなプレイヤーと対等な条件で戦えるPvPコンテンツである。

 トレパセスは海上が舞台のアリーナで、3~5名のプレイヤーがチームを組んでひとつの船を操り、専用の海上マップで戦うというもの。『Archeage』の大型船は複数のプレイヤーで操舵、砲撃、修理などの役割を分担できるため、チームワークが非常に重要なコンテンツとなっている。

 トレパセスでは、マップ内に出現する100体の“亡者”を砲撃や体当たりで撃破することでポイントを稼ぎ、もっとも獲得ポイントの多かったチームが勝者となる。ほかのチームの船を直接攻撃してダメージを与えつつ、相手の獲得した亡者を逃す妨害行為も可能。臨機応変な対応が求められるだろう。ちなみに、船が沈没した場合でもすぐにスタート地点から再スタートできるとのことだ。

 戦いの舞台となる海上には内側と外側で異なる海流が発生しているほか、ポイント獲得を妨害する“カリドゥス”というモンスターが周回している。さらに、中央には巨大なモンスター“ラクシャ”が待ち構えており、近づけば近づくほど船が引き寄せられてしまう。ラクシャと接触すると一瞬で船が破壊されてしまうので、ほかのチームを圧倒している状況でも緊張感のある戦いがくり広げられるのだ。

 なお、参加条件はレベル30以上で、常時開催されるようにしたいとのこと。使用する船も専用のものを4種から選べる形となっているので、誰でも気軽に参加できるはずだ。現在の『Archeage』ならゼロからスタートしても簡単にレベル30へ到達できるので、海戦アリーナから本作に興味を持ったユーザーもすぐ合流できるだろう。

 さらに、1vs1の真グラディエーター、3vs3の極グラディエーターにトレパセスを含めた3つのアリーナコンテンツが、全サーバー間マッチングに対応する“統合アリーナ”としてリニューアルされる。以降はほかのサーバーにいるプレイヤーともアリーナでマッチングされるようになるので、より快適に参加できるはずだ。

 なお、統合アリーナではプレイヤーの装備は反映されず、専用のステータスを選択して戦う形式になる。加えて、これまでアリーナでは戦績に応じて各種アイテムに交換可能な名誉ポイントが獲得できたが、今後は“キリオスの勲章”という新ポイントに切り替わり、専用の交換商店が用意される。こちらでは名誉ポイント商店で交換できる称号の上位版も獲得可能だ。

攻撃隊の機能拡張や邸宅アップグレードでコミュニティがさらに充実!

 新コンテンツに続いて、既存コンテンツの改修内容が発表された。

 まずは2~50名のプレイヤーでパーティーを結成する“攻撃隊”が、専用の掲示板から参加募集をかけられるようになった。必要人数や行動開始時間など、細かい情報も設定しておけるので、これまで以上にインスタンスダンジョンや戦争の参加がスムーズになる。

 さらに、ふたつの攻撃隊を合併する“連合攻撃隊”機能も追加。クエスト進行や攻撃隊チャットが最大100名で共有できるようになるので、大規模コンテンツがさらに遊びやすくなるはずだ。

 一方、生活要素のアップデートとしては、既存の邸宅を“ヌイア青テラスの邸宅”へ改築できるようになる。ほかの改造住宅とは異なり、苗床などの便利機能はないものの、暖炉から“静かな家の温もり”が入手できるようになるため、ホームポイントとしての利便性はさらに向上する。もちろん、居住スペースも拡大されるので、さらに幅広いハウジングが楽しめるだろう。

 ただし、改造費用は韓国実装時より緩和されているものの、数千金は必要になるとのこと。金策の新たな目標にもなりそうだ。

 ほかにも、効果が適用される称号と、ほかのプレイヤーから見える称号やエンブレムを別々に設定できる称号カスタマイズ機能や、比較的効果が弱いものの、確実に装着できるクレセントストーンが製作に追加されるなど、多様なアップデートが2017年内に実装されるとのことだ。

目指すは「誰も損しない世界」

 カンファレンスの締めくくりとして、石元氏より2018年以降の大まかな展望が語られた。

石元一輝氏 まずはスキルバランスの調整を考えています。適正ごとに習得できるスキルが変わってくるほどの大規模な改変になるかと。また、今回のアップデートも含め、今後は既存生活コンテンツの調整を重視してアップデートを行っていく予定です。
 現状、『ArcheAge』には非常に多くのコンテンツが用意されているものの、報酬や効率面から人気にばらつきが生じて、結果としてプレイヤーの行動を制限してしまっているところがあるかと思います。そこを調整して、「好きなことをやっていても、誰も損しない世界」を作っていきたいなというのが来年の目標です。
 この認識は韓国の開発チームとも共有していて、改変の要望もすでに伝えてあります。具体的には、探検や釣りなどでよりお金が稼げるような調整ですね。また、構想段階ですが、プレイヤー間の製作代行がシステムでできるようになる施策も予定しています。もちろん、目玉となる新規コンテンツもこれまで通り用意していきますので、楽しみにしていてください!

 コンテンツの洗練によってますます世界の拡がりを見せていく『ArcheAge』。アップデートの情報は公式サイトでも随時公開されるので、最新情報をお見逃しなく。

ゲーム内アイテムをプレゼント

 2017年ロードマップ記事を読んでいただいた読者にゲーム内アイテムをプレゼント。『ArcheAge』メンバーサイトにログインし、ページ下記の“アイテムコード”からコードを入力しよう。

■アイテムコード
AAMELCbHr6Rd

■アイテム名
ロードマップ記事読者特典 労働力200

■有効期限
2017/12/31 23:59:59



Copyright(C)2012-2017 ArcheAge has been licensed by XLGAMES Inc. ArcheAge(R)is a registered trademark of XLGAMES Inc., Ltd.
All rights reserved. Published by GameOn Co., Ltd.