『電車でGO!!』がいよいよ11月7日より稼動開始! ひと足早く最新作の触り心地を体験してみた

最新アーケードゲーム『電車でGO!!』のメディア向け体験会が開催された。その模様をリポートする。

 最新アーケードゲーム『電車でGO!!』が、2017年11月7日より全国のゲームセンターで順次稼動される。その稼動に先駆けて、タイトー本社のセミナールームにてメディア向け体験会が開催された。その模様をリポートする。

 『電車でGO!!』は電車運転シミュレーターの先駆けとして、稼動20周年を迎える『電車でGO!』シリーズの最新作。今作ではJR山手線地回りが初期稼動区間で、スクウェア・エニックス ヴィジュアルワークス制作による、実際の路面風景を再現した圧倒的クオリティ-の美麗グラフィックを、全4画面ディスプレイの大型筐体で楽しめるゲームとなっている。

ナビゲーターキャラクターのふたば(二葉)ちゃん。

左から、左画面、中央画面、右画面、そしてタッチパネル画面。

タッチパネルに触れて、指さし点検を完了。

駅に到着。停車シーンは、さまざまな角度でリプレイされる。

称号獲得や全国ハイスコアランキングなど、やり込み要素も充実。

 システム面での注目要素は、朝の通勤ラッシュや夕暮れ時、雨などの天候変化など、きめ細かいシチュエーションを実現していること。もちろんビジュアル面だけでなく、ラッシュで満員なら電車が重くなり、雨ならすべりやすいなど、実際のプレイにも影響してくる仕様となっている。

天候や時間帯も重要な要素。乗車率も変化する。

 また、走行中にほかの路線の車両とすれ違うシーンも大きな見どころのひとつ。すれ違う際は、車両の名称や豆知識などが表示されるというお楽しみ要素もある。すれ違える車両は、成田エクスプレスや湘南新宿ラインなど多種多彩だ。

すれ違う瞬間に、車両情報が表示される。

恵比寿~目黒間で運転手気分を満喫!

 メディア向け体験会でプレイできたのは、恵比寿から目黒までのひと区間。晴れている休日の昼過ぎ、乗車率はふつうという設定だ。
 広報担当者に横についてもらい、操作方法やコツを教えてもらいながらプレイを開始。まずは右画面で乗客が乗り終えたことをチェックし、タッチパネルで指差し確認したら、いよいよ電車を発進させる。マスコンをフルにしてスピードに乗ったのち、ニュートラルにしてしばらく運転。

 ところどころで、制限速度が変化するが、それに合わせて微調整するのがなかなか難しい。オーバーしないように心がけておっかなびっくりコントローラーを操っているうちに、あっという間に目黒駅構内に。停車位置の表示を見ながら減速するが、やや前でストップしてしまい、慌てて再発車してなんとか到着。かろうじてミッションクリアーすることができた。

迫力十分の大型筐体。ゲームセンターでもかなり目立つはず。

オープンな設計なので、ギャラリーにもうれしい作り。

操縦部分。現状、右側のコントローラーはとくに使用しない。今後どうなるかは注目だ。

体験プレイできたのは、恵比寿~目黒の区間。スピードオーバーに要注意。

駅構内に侵入。ぴったり停車できるか、腕の見せ所だ。

 終わってみれば数分間で、ろくに左右のスクリーンを見る余裕もなく、ひたすら制限速度とにらめっこしながら運転していた……。プレイ終了後は、各チェックポイントでの結果が区間リザルトとして表示され、自分のプレイぶりがわかる。これをもとに精進し、思い通りに運転できるようになれば、さらに快適なプレイが楽しめるはずと感じつつ、体験プレイを終えた。

 ロケーションテスト時は、両手でコントローラーを操る仕様だったが、この完成版マシンでは基本、マスコン操作とタッチパネルへのタッチのみでプレイが楽しめるようになっている。『電車でGO!』シリーズ初心者でも、とくに鉄道マニアでなくても十分楽しめると思うので、稼動の際にはぜひプレイしてみてはいかがだろうか。

プレイが終了したら、リプレイを見たのちに結果を確認。今後の運転に活かしたい。

設置店に貼られるポスター。各設置店や稼働の予定などは、公式HPでチェック可能だ。



(C)TAITO CORPORATION 1996, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.
JR東日本商品化許諾申請中
※筐体及び画面写真などは開発中のものです。