DeToNatorが大阪でファンと交流。『Overwatch』と『PUBG』で盛り上がり、指でハートを作った

プロゲーミングチーム・DeToNatorがヨドバシカメラ梅田店のイベントに出演。出演者はストリーマーのYamatoN氏、StylishNoob氏、『Overwatch』部門のsiorin選手。ふらりと様子を見に行った。

 プロゲーミングチーム・DeToNatorがヨドバシカメラの店舗内でイベントを行うという。様子を見に行ってみようじゃないか。

 ふらりと大阪まで。

僕、ミス・ユースケはゲームのオフラインイベントが好きだ。軽い気持ちで上司に「大阪に行きたいので交通費を出してもらえません?」と聞いたら社内の承認が通ってしまった。

『Overwatch』のハンデ戦で盛り上がる

 今回のイベントは、2017年10月21日~22日の2日間に渡り、大阪のヨドバシカメラ マルチメディア梅田で開催された。主催はゲーミングノートPCなどで知られるエムエスアイコンピュータージャパン。DeToNatorのスポンサーである。

 数年前はネットカフェでの対戦会みたいなイベントが主流だったが、昨今はプロチームやそのスポンサー企業が開催する交流イベントも増えている。DeToNatorはそういったファンサービスに積極的なチームのひとつだ。

イベントスペースのすぐ横にはエムエスアイのコーナーがあり、DeToNatorのユニフォームを着たマネキンが展示されていた。

 イベントは12:00からスタート。ヨドバシカメラのスタッフさんに連れられてイベントスペースに行ってみると、

どーん。

 開始早々から人がみっちりと詰まっていた。イベントスペースに入りきっていない。ヨドバシカメラ マルチメディア梅田店でのイベントにDeToNatorが出演したのは、今回で3回目。スタッフさんによると、来場者数は着実に伸びているそうだ。

 チーム代表の江尻氏はかねてより「応援したくなるチーム作りが大切」と語っており、その思想は間違いなく実を結んでいる。

開始前にはすでに20人ほどいたらしい。予想を超える数の来場者が訪れたようで、スタッフさんは大わらわ。お店側からしたらうれしい悲鳴というやつだろう。

イベント後半には通路を挟んで反対側にもファンの姿が。

 さて。世界で人気のFPS『Overwatch』とバトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のプレイを通して、ゲームやゲーミングPCの魅力を伝えるのが、本イベントの軸だ。

 初日の出演者はストリーマーのYamatoN氏、StylishNoob氏、『Overwatch』部門のsiorin選手。YamatoN氏とStylishNoob氏はオフラインイベントでもおなじみだが、siorin選手がこういった場に出てくるのは珍しい。

オフラインイベントではおもにMCや実況・解説を担当するYamatoN氏。解説中のいい表情が撮れたので掲載します。

ストリーマー(配信者)として日本でもトップクラスの人気を誇るStylishNoob氏(左)と、自作PCなども好きなsiorin選手(右)。

『Overwatch』は世界各地でプロリーグが開催されているタイトルだ。

 最初の企画は『Overwatch』での1on1チャレンジ。来場者がsiorin選手に勝つと、グッズやゲーミングデバイスがもらえるというもの。ふつうにやったらsiorin選手の独壇場になってしまうので、ライフやダメージ量を調整するなどのハンデも設定された。

チームメンバーのがんばりを見守るDeToNator代表・江尻勝氏。

 このハンデ戦がなかなかおもしろい。FPSの1on1マッチは弾1発ぶんのダメージ差で決着することも多いため、少しライフが増えるだけでもかなり有利になる。一定以上の経験者ならなおさらだ。

 初心者の場合はここにダメージアップや弾数無制限などが追加され、siorin選手側に重力アップ(ジャンプしてもすぐに落下してしまう)が課されたりする。ふだんの試合とはまったく違う展開になるので、見ていて飽きない。

siorin選手は経験から生じる予測で立ち向かう。プレイ中は指先の動きが画面に映し出されていた。

 この手の企画の本質は“プロの本気を見せる”ことと“ゲームで勝つ喜びを知ってもらうこと”にある。挑戦者に勝ってもらいたいとはいえ、ただの接待プレイでは観客が盛り上がらない。ふたつの要素を両立できるから、ハンデ戦はおもしろいのだ。

 挑戦者の中には、siorin選手のウィドウメーカーに頭を撃ち抜かれた瞬間に「すっげー!」と喜ぶ人もいた。話を訊くと「プロからヘッショ(ヘッドショット)されるなんて、なかなかないですから!」と大興奮。アントニオ猪木氏のビンタみたいなものだろうか。

 個人的には移動スピードを限界まで上げた高速ウィンストン(ゴリラ)を見たかったのだけど、制御するほうも難しいので実現しなかった。残念。

StylishNoob氏とsiorin選手は(妙な状況を呼ぶ力を)持っている

 続いては『PUBG』のデモプレイ。StylishNoob氏とsiorin選手がDUO(コンビ)を組むことに。『PUBG』は100人ほどが同時にプレイし、マップ内で武器やアイテムを調達しながら、最後まで生き残るのが目的のゲームだ。DUOモードでは密な連携が重要である。

ふたりは『Overwatch』チームの仲間として国際的な試合への出場経験もある。

 StylishNoob氏はドイツで開催された国際大会にも招待されるほどの実力者。siorin氏はどうなのだろうか。

YamatoN氏 siorinさん、『PUBG』はやってますか?
siorin選手 150時間くらいはやってます。
StylishNoob氏 初心者っすね。

 会場では笑いが起きたのだが、僕は近くの人が「ザコ死(序盤でやられること)フラグがすげえ」と言ったのを聞き逃さなかった。いいツッコミだな、と思った。

フラグ職人・StylishNoob氏。プレイ時の眼差しは真剣だ。

 序盤の組み立ては見事だった。お互いに適度な情報共有をしながら物資を集めていく。結論から言うと優勝はできなかったものの、やられかたが特殊でよかった。妙な状況を呼び込むと能力が高いというか。

 とある建物内に入ったとき、内部には先客がいた。StylishNoob氏がグレネードのピンを抜いたところで倒され、地面を転々とするグレネード。siorin選手は助け起こそうと駆け寄り、敵は状況を確認するために接近し、そして3人まとめてどーん。マンガみたいな状況である。

思わず笑うsiorin選手。

橋の上から遠距離を狙撃するグッドプレイもあった。面目躍如。

メガネを外す瞬間が好きな女子もいると思うので載せておく。

イベントの合間にはエムエスアイや協賛各社のプレゼンテーションも行われた。

ゲームを快適にプレイするためのソフト“GEFORCE EXPERIENCE”。ワンクリックでゲーム設定を最適化してくれたりなど、便利な機能が満載。

マイクロソフトによるWindows 10 Fall Creators Updateの紹介。誰もがクリエイターになれるアップデートだという。専用ソフトを使うことなく、ささっとスライドショーや動画を作っていた。

エムエスアイがゲーミングノートPCを紹介。いろいろな機能を搭載しているが、中でも冷却システムが優秀だという。

商品のプレゼン時間をかけて、マイクロソフト担当者がsiorin選手に挑戦。ハンデをもらって、何とか時間をゲット。

同様に、ソフトバンクのネット担当者も参戦。プレゼン担当のソフトバンクスタッフが芸人みたいな口調だった。さすが大阪。

ファンの賑わいを見ると気分がいい

 『Overwatch』も『PUBG』もいい感じに盛り上がった。ファンがにこにこしているのを見るのは気分がいい。

 ひと言でファンと言ってもタイプはさまざまだ。プレイ技術に惚れる人もいれば、単純に顔が好きという人がいたっていい。前のほうで見ていた女子に話を訊いたら、その人は“配信を見る専”だそうだ。ゲーム好きな妹からDeToNatorの配信番組を教えてもらったのがきっかけらしい。

 そもそも、映画も美術品もスポーツも、見るのが専門のファンは圧倒的に多い。eスポーツを盛り上げるためには、彼女のようなファンを増やすことも重要だとされている。

江尻氏が話している左の女子を見たことあるなーと思ったら、関東から遠征してきたとのこと。熱意がすごい。

YamatoN氏が小さなお子さんにサインを書いていた。

「応援ありがとうね」と頭をなでたら「(いっぱいおしゃべりして)がんばったね」と褒めてもらえたそうだ。かわいい。

グッズがもらえるじゃんけん大会・サイン会・撮影会で締め。スマホに直接サインをもらうファンも多かった。

YamatoN氏「このフライパン、すごくないっすか?」。サイン色紙の代わりにフライパンを持参する男性ファンがいた。

そんな彼はStylishNoob氏のアバターみたいな服で参加。「コートはけっこう高かったです」とのこと。

いっしょに写真を撮りたがるファンも多かった。

ファンから「ハートを作ってください」と頼まれる。StylishNoob氏の嫌そうな顔がいいですね。

こちらもいい顔ですね。

集中線を足した。

 10月21日ぶんのリポートはここまで。翌日は『PUBG』大会出場のため、YamatoN氏とStylishNoob氏は欠席。ピンチヒッターとして、チーム代表・江尻勝氏とコスプレイヤー・古宮彗。氏が出演した。

 こっちはこっちで楽しかったので、別の形で記事を作ろうと思う。

おまけ

 ファンの笑顔と同様に、見ていて気分がいいものと言えば、ヨドバシカメラ マルチメディア梅田のホスピタリティと現場対応力である。来場者がなるべく見やすいようにと、イベント中に環境がアップグレードされていった。

ここまで人が詰まると、どうしても後ろの人が見にくくなってしまう。

少しでも見やすくなるようにと、開始1時間を待たずして後方に台が設置された。

離れた位置からも何をやっているかわかるように、翌日用のポスターが飾られる。

 本イベントの開催を記念して、ヨドバシカメラ マルチメディア梅田でエムエスアイのゲーミングノートPC対象モデルを買うと最大20000円の商品券がもらえるキャンペーンを実施中だ。台数限定で、期間は2017年10月29日まで。直接的な売り上げにつながれば、またイベントが開催される可能性が上がる。これを機に購入を検討するのもいいと思う。

 広告記事でもないのに宣伝で終わる。

ちゃんとした写真を1枚くらい載せておこう。