『プロ野球 ファミスタ クライマックス』“ファミスタナイター”でロング門倉とファミスタくんが大活躍!!

ニンテンドー3DS用ソフト『プロ野球 ファミスタ クライマックス』とオリックス・バファローズのコラボにより、2017年10月7日のオリックス・バファローズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの公式戦が、“ファミスタナイター”として開催された。京セラドーム大阪を訪れたプロ野球ファンを楽しませた、『ファミスタ』ならではのイベントを詳細をリポート。

4回目のファミスタナイターは京セラドーム大阪で開催!!

 バンダイナムコエンターテインメントから発売中のニンテンドー3DS用ソフト『ファミスタ クライマックス』とプロ野球球団とのコラボにより開催される“ファミスタナイター”。2017年10月7日、京セラドーム大阪でプロ野球のオリックス・バファローズ対東北楽天ゴールデンイーグルス戦が、4回目の『ファミスタ』コラボ試合として開催。今回も、過去に開催されたファミスタナイター同様、ファンを楽しませるための仕掛けがタップリ仕込まれていた。

当日は、球場各所に看板やのぼりが設置されていた。右は、先着5000名にプレゼントされた『プロ野球 ファミスタ クライマックス』のスターティングガイドブック。ガイドブック内に“当たり”の紙が入っていた人には、ソフトのプレゼントも行われた。

試合前には、『プロ野球 ファミスタ クライマックス』宣伝担当の大熊さんが、オーロラビジョンで流される放送に出演。ファミスタくんといっしょに、ファミスタナイターのイベントを告知した。また、試合の合間には、『プロ野球 ファミスタ クライマックス』のPVも放映された。

ナムコスターズのロング門倉投手が始球式に登板!

 始球式には、2017年10月4日のアップデートで“ロング門倉”として『プロ野球 ファミスタ クライマックス』のナムコスターズに入団した、バファローズOBの門倉健氏が、ナムコスターズのユニフォーム姿で、ファミスタくんとともに登場! サイン交換でネタを披露した後、現役時代を彷彿させる速球をキャッチャーミットに投げ込み、観客を大いに沸かせた。ちなみに、プロデューサーの森口拓真氏によると、ゲーム内のロング門倉投手は、「現役当時より1~2割増しくらい」の能力に設定されているとか。ソフトを持っている人は、ぜひ使ってみてほしい!

始球式は初めてということで、登板前はかなり緊張していた様子の門倉氏。

背番号は、最多奪三振のタイトルを取った、2005年(横浜ベイスターズ時代)と同じ24番。

投球前にサイン交換と思いきや、アゴをさするなど、ネタも織り交ぜていた門倉氏だったが、いざ投球に入ると真剣モードで全力投球!