東京ゲームショウ2017のWargamingステージにおいて、『Total War: ARENA』と『World of Warships』の新情報が公開された。

 2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。Wargamingブースでは最新情報の発表ステージが行われた。

 最初に登壇したのはCEOのビクター・キスリー氏。Wargamingが東京ゲームショウに出展するのは今年で5回目。ビクター・キスリー氏も初年度から欠かさず来日しており、個人としてもTGSには特別な思いがあるという。

 『World of Tanks』や『World of Warships』(以下、WoWs)などで知られるWargamingは、新作『Total War: ARENA』(以下、TWA)のクローズドβテストを実施中だ。本作は実在の英雄を操って部隊を指揮し、仲間とともに敵の撃破を目指すオンライン対戦ゲーム。現在は3ヵ国、10人の英雄が実装されている。ビクター・キスリー氏は新たな勢力として“日本”を近日中に公開すると発表した。

ビクター・キスリー氏によるスピーチの締めは、お決まりの「レッツバトル!」。

 続いて、『WoWs』アジアプロデューサーの柳沼恒史氏とミリタリーアドバイザーを務める宮永忠将氏が登壇。さまざまなアーティストのデザインをゲームに取り入れる“アーティストシグネチャー”シリーズの一環として、イラストレーター・小林誠氏とのコラボを発表。戦艦・紀伊と小林誠氏がデザインした紀伊用の永久迷彩(※)を9月22日から販売する。

(※艦体に塗装を施す通常の迷彩アイテムは消耗品。今回販売されるものは効果が永続するタイプ)

「人類の痕跡しか残っていないような遥か未来、人類が残した兵器やその図面を遺跡から発掘した知的生命体が見たとき、どういう使いかたをするのか」という想像がデザインコンセプトだそうだ。深い。アートワークをよく見ると宙に浮いている(海に浮かんでいた痕跡もある)。
『WoWs』アジアプロデューサーの柳沼恒史氏。
ミリタリーアドバイザーを務める宮永忠将氏。

 宮永氏によると、紀伊型は建造計画こそあったものの、世に出ることはなかった戦艦。図面をもとに『WoWs』用の戦艦として開発され、日の目を見ることになった。金剛型の速度と長門型の攻撃力を併せ持つ予定だったそうで、何ともロマンあふれる艦艇である。テストで実際に触った柳沼氏は「対空が強い」と感じたという。

▲動画も公開された。今回は日本の艦艇として登場するが、今後は海外艦への追加も検討しているとのこと。

 なお、小林誠氏はメカデザインや3D造型で知られるアーティスト。1985年に公開されたアニメ『機動戦士Zガンダム』ではジ・Oやマラサイ、バウンド・ドック、ガザCなどを手掛け、ZZガンダムの基礎デザインも考案した実力派だ。

小林誠氏の作品。こんなの興奮するに決まってるだろ!
漢字をモチーフにしたコラボロゴ。

 さらに、戦艦・大和の姉妹艦の2017年内実装を検討中であることが明かされた。大和との差別化を図るため、柳沼氏はTier10は避けたいとコメント。艦艇の名前自体は明言されなかったが、大和の姉妹艦と言えば一隻しかないので、“武蔵”で間違いないだろう。

東京ゲームショウ2017をイメージした迷彩もプレミアプショップで販売開始。
東京ゲームショウ2017記念の旗がもらえるボーナスコード。入力期限は2017年9月いっぱい。
軍艦や海軍といえばカレー。オリジナルカレーが横須賀の4店舗で販売スタート。けっこう辛いらしい。

 今回は『WoWs』に関する発表が中心だったが、看板タイトルの『World of Tanks』は2017年9月5日に30対30の新モード“グランドバトル”を実装し、順調なアップデートを続けている。eスポーツへの取り組みやVRを使った施策など、Wargamingの展開から目が離せない。