三上真司氏率いるTango Gameworksが放つ『サイコブレイク2』。数々の新要素を投入して新しい“恐怖”を生み出す本作から、プレイヤーが恐怖に抗う“術”を、週刊ファミ通2017年10月5日号(2017年9月21日発売)で紹介する。

 Tango Gameworksが手掛けるサバイバルホラー『サイコブレイク』の続編、『サイコブレイク2』。2017年10月19日にベセスダ・ソフトワークスからプレイステーション4とXbox One向けに発売される本作は、数々の挑戦に溢れている。謎の組織“メビウス”が開発する、人類の精神世界をつなげる装置“STEM”にまつわる事件から生還した主人公のセバスチャン・カステヤノスは、死亡したと思われていた娘のリリーが、STEMとともに生きている可能性を知る。リリーを救うべく、セバスチャンはリリーの精神をコアにして作られた世界“ユニオン”に足を踏み入れる……。
 再び悪夢に飛び込むプレイヤーは、いかにしてサバイブするのか――週刊ファミ通2017年10月5日号(2017年9月21日発売)では、その手段と、最新のデモをプレイしたファミ通編集者ふたりによるインプレッションをお届けしよう。

 詳細は、週刊ファミ通2017年10月5日号(2017年9月21日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER