2017年8月20日、ニコニコ生放送にて、“第3回スプラトゥーン甲子園 詳細発表特番”が放映され、“第3回スプラトゥーン甲子園”の詳細が発表された。

●オンライン大会は“0回戦”(抽選)なし!

 2017年8月20日、ニコニコ生放送にて、“第3回スプラトゥーン甲子園 詳細発表特番”が放映され、“第3回スプラトゥーン甲子園”の詳細が発表された。“スプラトゥーン甲子園”は、日本一のナワバリバトルチームを決定する公式全国大会で、過去にWii U用ソフト『スプラトゥーン』で2回の大会が行われており、Nintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』としては初の開催となる。

▲使用モードはTVモード。操作にはNintendo Switch Proコントローラーを使用する。

 今回の開催場所と開催期間は、下記のとおり。また、今回は大会初となる全員参加可能な(抽選なし)オンライン大会が開かれることも決定した。オンライン大会は、全地区大会終了後に開催予定とのこと。なお、各地区大会のエントリーは、第3回スプラトゥーン甲子園 特設サイトから可能だ。
第3回スプラトゥーン甲子園 特設サイト
http://site.nicovideo.jp/splatoon2018/

9月24日(日) 東海地区大会(名古屋) 久屋大通公園@ニコニコ町会議同会場
10月15日(日) 東北地区大会(盛岡) イオンモール盛岡
10月29日(日) 北海道地区大会(札幌) 札幌駅南口イベント広場
11月4日(土) 近畿地区大会(大阪) グランフロント大阪うめきた広場
11月23日(祝・木) 中国地区大会(広島) イオンモール広島祇園
11月26日(日) 四国地区大会(高松) イオンモール高松
12月3日(日) 九州地区大会(福岡) マリノアシティ福岡(アウトレットIII棟広場)
12月23日(土)、24日(日) 関東地区大会予備予選(東京) ニコニコ本社1〜3回戦実施
2018年2月10日(土) 関東地区大会(幕張) 闘会議2018 DAY1 4回戦〜決勝戦
2018年2月11日(日) 全国決勝大会(幕張) 闘会議2018 DAY2

▲地区大会では、東京は代表3組、名古屋・大阪・福岡は代表2組、その他の地区では代表1組を選出する。
▲参加賞はオリジナルバンダナ。
▲各地区大会優勝者には、全国大会出場権と、地区代表ユニフォームを用意。
▲地区代表ユニフォームのデザインのイメージはこちら。
▲そして、全国大会優勝チームには金烏賊杯が贈られる!

 さらに、今回は大会の休憩中に、ステージとなるイカス号2の上で記念撮影ができたり、イカス号2の裏側がフォトスポットになっていたりと、参加者以外にも楽しめるようになっているという。また、手前味噌だが、決勝大会も含め、ファミ通.comでWebリポートを掲載するほか、週刊ファミ通でスプラトゥーン甲子園各地区大会のリポート特集の掲載、および、スプラトゥーン甲子園のムック本制作を企画していることも発表された。このムック本では、出場チームや来場者の写真などをふんだんに掲載する予定だ。

▲今回の舞台となるイカス号2。
▲イカス屋台もリニューアル。

 そのほか、今回もスプラトゥーン甲子園グッズの販売や、“スプラトゥーン甲子園 応援サポーター”に、声優・タレントの石田晴香さんが就任することが発表された。“スプラトゥーン甲子園 応援サポーター”は、全国大会での各代表チームの紹介や選手へのインタビュー、会場リポートなどを行うという。

 大会で活躍したブキが、実際にゲーム上で流行したりと、さまざまなムーブメントを生み出したスプラトゥーン甲子園。『スプラトゥーン2』初となる大会では、どんなムーブメントが起こるのか。『スプラトゥーン2』を夢中になって遊んでいる方は、ぜひ大会もチェックしてみよう。