目一杯の「楽しい!」を詰め込んだ“My LIVE”! 声優・沼倉愛美さん“1st LIVE TOUR「My LIVE」”東京公演リポート

2017年8月20日(日)、東京・Zepp DiverCity Tokyoにて声優の沼倉愛美さんの1st LIVE TOUR“My LIVE”最終公演となる、東京公演が開催された。

●Zepp DiverCity Tokyoに「楽しい!」が溢れる!!

 2017年8月20日(日)、東京・Zepp DiverCity Tokyoにて声優の沼倉愛美さんの1st LIVE TOUR“My LIVE”最終公演となる、東京公演が開催された。沼倉さんが2016年11月発売の『叫べ』でソロアーティストデビューを果たして以来、初のソロライブということで、ファンも待ちに待ったという様子。大阪、名古屋を経ての東京公演も、アツくアツく盛り上がった。

 デビュー曲の『叫べ』で幕を開けた“My LIVE”東京公演。開幕からファンのボルテージは最高潮と言わんばかりの盛り上がりで、沼倉さんは会場のコールを一身に浴びながら同曲を熱唱する。続けざまに歌った『もっと一緒』でも、会場はジャンプにコールに盛り上がる。MCでは、“晴れ女”としてここまでやってきたものの、ライブ当日の東京の天気予報が雨だったことで、最後の最後で晴れ女ではなくなってしまうことを心配していたことを語った沼倉さん。しかし、開演までは雨が降っていなかったため(終演後も晴れていた)、晴れ女の面目躍如となった。

 沼倉さんは、『Smiling & Smiling』、『HEY!』、『Good Day』と3曲を立て続けに披露。『HEY!』はファンとのコール&レスポンスやクラップが楽しい楽曲で、その盛り上がりに、沼倉さんはずっと笑顔。MCでバンドメンバーがさまざまなグッズが当たる“沼倉愛美ファーストライブ「My LIVE」ガチャガチャ”を買いに物販に並んだという話を暴露した際には、「ズルいー! 私もガチャ並びたい!」と声を上げ、会場から歓声を受ける場面も。続いてはクールパートへ移行。『Hello, Ms.Myself』で会場中に歌声を響かせると、『Anti-Gravity』、『Shining Days』ではダンサーを引き連れて、華麗なダンスとともに2曲を披露。さらに、『Spiral Flow』で会場を盛り上げた沼倉さんは、続く『星の降る町』を歌い上げ、会場をクールダウンさせる。ダンサブルな楽曲やしっとりとしたスローバラードなど、さまざまな楽曲を続けざまに魅せられるのも沼倉愛美というアーティストの魅力のひとつだろう。なお、同曲を歌っていると「走馬灯が見える気がして……」と沼倉さん。もちろん「ぜんぜん死ぬわけではないけど(笑)」と付け加えながら、なんと本公演がライブ映像としてリリースされることを発表。「今年デビューして10年目に入ったんですって。いまこうやってCDを出させていただいて、1年経って、こんなに大きなライブをやらせていただいて、皆さんとこうして思い出を作れて、それが形に残るというのがすごく素敵なことだなって」と語った。

 そんなうれしい報告を挟み、『屋根上の朱い花』と『言の葉』をゆったりと歌い上げる。そして「まだ限界を越えてない気がする!」と会場を煽った沼倉さんは、「頂点目指そうぜ!」と声を上げ『Climber’s High!』、『ハレルヤDrive!』、『My LIVE』と立て続けにアッパーな楽曲を歌って盛り上がると、最後の最後だというのに会場もさらにボルテージを上げていく。「私のライブってなんだろう?」と考えていたという沼倉さんは、自分の“楽しい”とみんなの“楽しい”をひとつのところに集めるとすごく大きな“楽しい”になって、「超最高じゃねえか!」という気持ちになったと語る。それが自分のライブなんだということに、ライブツアーを通して気づいたという沼倉さんは、「なんか終わりたくないね! こんな気持ちになると本気で思ってなかった」と思わず声に出してしまうぐらい、ライブをしたい気持ちがさらに溢れてきたそう。そして「いつかきっとまた(ライブを)やりたいと思っています!」と宣言。会場から大きな歓声を浴びた。最後は『暁』を披露。思いを込めた歌声は、直前のMCの流れから、その歌詞がそのままファンに向けたメッセージのようにも感じられ、会場が温かい空気で満たされた。

 一旦ステージをあとにした沼倉さんは、会場からのアンコールに応えてステージに再び登場。“自分にとって、今日はこんな日だった”という楽曲として『Good Day』を披露。カホンやアコースティックギターを加えたアコースティックバージョンで同曲を歌い上げると、会場のファンもその歌声とメロディーに聴き惚れる。そしてMCでは事後物販を実施すること、さらにツアー中の写真を収めたツアーパンフレットを発売することを発表。こちらの発表に会場も大きな歓声を上げて喜んだ。アンコールのラストは『HEY!』。すべてを出し切るように、全員で高く飛び上がり、クラップをし、コール&レスポンスで盛り上がる。“楽しい”が目一杯に溢れた“沼倉愛美のライブ”は、最後の最後までステージのメンバーと会場とが一体となったアツく楽しいライブとなった。全力で駆け抜けたライブの最後に、会場から「もう1回!」というコールが上がると、それに応えて三度沼倉さんがステージに登場。会場のファンひとりひとりの顔を覗き込むと、マイクを通さずに「ありがとうございましたー!」と声を上げ、ファンへの感謝を伝えた。


 もう、こんなに幸せな時間があるだろうか、というほどの満足感を感じた“沼倉愛美 1st LIVE TOUR「My LIVE」”。それは、会場に集った“ぬー民”こと、沼倉愛美さんのファンの盛り上がりや熱気はもちろん、何よりもこのライブをいちばん楽しんでいるのは沼倉さん本人じゃないのか、と思ってしまうくらい、ステージ上で笑顔を弾けさせていた沼倉さんの姿を見ていれば、誰もが感じたのではないだろうか。ステージ上の沼倉さんやバンドメンバー、ダンサー陣だけでなく、会場のクラップやコールなど、どれもこれもが楽しさに溢れていて、時間が過ぎるのがあっという間。とにかく楽しすぎて楽しい、そんなライブに感じた(いや、日本語がおかしいのは承知のうえですが、これ以上の言葉が思い浮かびません。ホントすみません)。そして、これが1st LIVEであるという事実。つぎの展開がますます楽しみになった沼倉さんの今後の活動に注目です!

■沼倉愛美 1st LIVE TOUR「My LIVE」セットリスト
01. 叫べ
02. もっと一緒
03. Smiling & Smiling
04. HEY!
05. Good Day
06. Hello, Ms.Myself
07. Anti-Gravity
08. Shining Days
09. Spiral Flow
10. 星の降る町
11. 屋根上の朱い花
12. 言の葉
13. Climber’s High!
14. ハレルヤDrive!
15. My LIVE
16. 暁
【Encore】
En01. Good Day
En02. HEY!