Game Grumpsの『Dream Daddy: A Dad Dating Simulator』を紹介。7人のパパを攻略可能な男だらけのデートシム。

●電気グルーヴのサンプリングネタに「大人の男だけ」ってあったよね(オヤジ臭いネタ)

 Game Grumpsのテキストアドベンチャーゲーム『Dream Daddy: A Dad Dating Simulator』を紹介する。本作は本日よりSteamでPC/Mac版が配信開始。価格は1480円で、対応言語は英語のみ。

 本作でプレイヤーは、新たな街“メイプルベイ”に娘とふたり引っ越してきたパパとなり、微妙なオヤジギャグ(Dad Pun)を飛ばしつつ、時に「ウチの子供は」と自慢合戦したり、バーでどっちの応援するスポーツチームが強いか争ったりしながら、近所に住んでいる7人の独身パパと親交を深めていく。

 というわけでコンセプトはネタ感バリバリだし、往々にして微妙に古いバンドなどの芸能ネタのオヤジギャグの連発には思い当たるところもあって頭を抱えるが、結構読ませるテキストになっているのがいい感じ。中でも、主人公のボンクラパパと、ノリは軽いが意外としっかり者の娘のコンビの会話は軽妙で愛が感じられる(ただしそれなりに英語力は必要だ)。
 なお主人公の容姿と名前はエディット可能で、自分好みのパパを作成可能。自分に寄せるもよし、理想のパパを作るもよし。シュッとしたイケパパも、ちょい悪オヤジも、モジャモジャな熊系オヤジも作れる。

▲引越し前に写真を見つけて娘と振り返る主人公。段々と時代が近づくに連れ、適当な記憶で喋るもんだから「その子こんなことあったよな」、「パパ、それ別の子」とか否定されるのが哀しい。
▲パパ作例。猫系パパ。
▲パパ作例その2。国民的バトル漫画のパチもんのようなパパ。

 ミニゲームもいろいろ仕込まれており、突如ゲームボーイ時代の『ポケットモンスター』(パパのネタは言うほど筋は悪くないが少し古いのだ)的な画面で互いの娘自慢が始まったりする。バカバカしいかもしれないが、娘自慢は娘を通じたオレ自慢だから、ボンクラパパが必死になるのは仕方ない。そこで相手パパの娘自慢に思わず押されて交代させようとすると他に娘がいない旨がわざわざ表示されたり、ネタも細かい。

▲娘自慢イコール、娘を通じたオレ自慢。互いの娘を呆れさせつつ自慢の応酬が続く。クソッ、しかもあいつの家、ウチよりでかいじゃないか!

 しかしハートウォーミングなホームコメディ的な話かと思いきや、バーで出会ったパパにお持ち帰られて壁ドンからの朝チュンを迎えることもある。パパがパパを抱きしめる禁断の愛である。「いい年した娘がいてなにやってんだお前」と思うかもしれないが、愛しちゃったんだからブロークバックしても仕方がないさ。

▲たまげたなぁ。暗い部屋で何が起こっているのかは妄想で補完してください。

 本作の製作を行ったGame Grumpsは、YouTubeでゲーム実況を配信するYouTuber。というわけで配信向けの配慮はいろいろされており、露骨なビジュアルは避けてあったり、権利関係などで配信停止されないように配慮するオプションなども用意されている。そんなこんなで「こんなゲーム待ってた!」というニッチな性癖をお持ちの方、中年男子好きの方、英語オヤジギャグを勉強したい方などはトライしてみてはいかがだろうか。

▲元ルームメイトの同級生とパパ同士になって再会。やったぜ。