週刊ファミ通制作、VR×アナログの新感覚ボードゲーム『ウルタールの化け猫』が発売

VRゴーグルを用いたアナログゲーム『ウルタールの化け猫のぼくたちがVRを奪い合って呪われた屋敷から脱出するゲーム』が、2017年5月20日(土)に発売開始。

●猫型ゴーグル争奪戦

 VRゴーグルを用いたアナログゲーム『ウルタールの化け猫のぼくたちがVRを奪い合って呪われた屋敷から脱出するゲーム』が、2017年5月20日(土)に発売開始。

 本作は、ダイスとカードを用いたすごろくでVRゴーグルを奪い合いながら、VR空間内に隠された“暗号”を探し出す新感覚のアナログゲームとなる。

 以下、リリースより。


 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原 眞樹)は、VRゴーグルを用いたアナログゲーム『ウルタールの化け猫のぼくたちがVRを奪い合って呪われた屋敷から脱出するゲーム』 を2017年5月20日(土)に発売いたします。

 5月14日に開催されたゲームマーケット2017春に出展し、来場者から好評を得た『ウルタールの化け猫のぼくたちがVRを奪い合って呪われた屋敷から脱出するゲーム』が2017年5月20日(土)に発売されます。本作は、ダイスとカードを用いたすごろくでVRゴーグルを奪い合いながら、VR空間内に隠された“暗号”を探し出す新感覚のアナログゲームです。また、クトゥルフ神話をモチーフにした不気味ながらもかわいらしい世界観も本作の魅力。「ニャー!」の掛け声が飛び交う“猫型ゴーグル争奪戦”は、男女問わずお子様にもお楽しみいただけること請合いです。

~イントロダクション~

大昔、ウルタールの町に住んでいた猫嫌いの老夫婦に捕われ屋敷から出られないように呪いをかけられた猫たちがいました。
猫たちは長時間の呪いのせいで、やがて化け猫に変身してしまいました。
化け猫たちが自分の呪いを解く方法は、「生きた猫」に乗り移って屋敷中に散りばめてある文字を見つけ、隠された“暗号”を完成させること。
気の遠くなるような時間が経ったころ屋敷の地下室に1匹の黒猫が迷い込んできました。
化け猫たちは「脱出できるぞ」と大喜び!
……でも、ひとつ問題がありました。
猫に乗り移れるのはいちどに1匹だけ。
そして呪いを解いて屋敷から出られるのも1匹だけなのです。
猫嫌いの老夫婦の追跡を逃れつつ相手を牽制しながら黒猫に乗り移りいちはやく答えを見つけて脱出できるのはどの化け猫でしょうか?
奪い合いのはじまりです!

●商品名:ウルタールの化け猫のぼくたちがVRを奪い合って
呪われた屋敷から脱出するゲーム
●発売日:2017年5月20日
●商品サイズ:縦316×横232×高さ43(mm)
●価格:(本体4629円+税)
●プレイ人数:3人~6人/プレイ時間:20分/対象年齢:10歳以上
●セット内容:
・猫目VRゴーグル(ルクラス シングル[1眼])×1個 (対応最大スマートフォン:162×80×10mmまで) ・猫目ダイス×2個 ・老夫婦コマ(組み立て式)×1個 ・答え用メモ帳×1冊 ・すごろくカード×9種 ・キャラクターシート×6種 ・答え順カード×6種 ・VR横取りカード×4枚 ・得点チップ×4種 ・遊び方ブック×1冊
●発行:カドカワ株式会社
●発売:株式会社KADOKAWA
●ISBN:978-4-04-733209-6
※このゲームで遊ぶには、専用のスマートフォン用アプリ(無料)をダウンロードする必要があります。
【Android 版】必須環境 : Android 4.4 以降※ダウンロードページ
【iOS 版】必須環境 :iOS 8 以降※ダウンロードページ
(上記を満たしていても一部の端末ではダウンロード・プレイできない場合があります。ダウンロードおよび挙動の確認は、上記のURLよりお確かめください。)