新機軸のアクションから“辛口”アドベンチャーまで、気になるタイトルを紹介【東京インディーフェス 2017】

2017年5月14日(日)に東京・UDXアキバ・スクエアにて“TOKYO SANDBOX 2017”が開催される。前日のビジネスデーで体験し、記者が独断でチョイスしたインディーゲームをご紹介。

●気になるタイトルばかり!

 2017年5月14日(日)に東京・UDXアキバ・スクエアにて開催される“TOKYO SANDBOX 2017”内イベント“東京インディーフェス 2017”。日本だけでなく全世界からインディーデベロッパーが集まり、数々のゲームを出展され、前日に行われたビジネスデーも大いに盛り上がっていた。本記事では、筆者が体験した注目タイトルを、ピックアップして紹介しよう。


■アカとブルー(タノシマス)

 iOS、Androidにてリリース予定の、縦スクロール型の弾幕系シューティングゲーム『アカとブルー』。スライド操作で自機を操作し、ショットはスライド中に自動で発射されるシンプルな操作ながらも、やり応えはバツグン。スマートフォンタイトル向けとは思えないほどガチンコの弾幕系シューティングとなっていて、そのクオリティーの高さには思わず驚愕(なお、本作のテーマは“スマホをブッ壊す”とのことだ(笑))。また、ショットし続けるほどボムのレベルがチャージされていき、タップすることでボムが発動する。ボムはレベルが高くなるほど強力なものとなるが、レベル1のボムでも前方の弾を消すことができるので、使いどころを見極める必要がありそうだ。今回は新たにステージ4が公開され、巨大戦艦との大迫力のバトルが楽しめた。加えて、豪華声優陣(キャストは秘密とのこと)によるボイスにも注目だ。ちなみに、これだけのタイトルをメインメンバーふたりで開発しているというのだから、さらに驚きだ。リリースはiOS版が先行で、6月末の配信を予定している。


01 02
03 04
05

■フレーズファイト(超OK)

 『フレーズファイト』は、新感覚の対戦型リズムゲーム。画面に表示される音符を曲のタイミングに合わせボタンを押していき、成功することで対戦相手を押すことができる。それをお互いくり返し、曲が終了した時点でより相手を押し込んだプレイヤーが勝利となる、ちょっとした相撲のようなルールだ。キュートなデザインも見どころで、キャラクターたちの攻撃がとってもかわいらしい。今回の体験では、ニンテンドースイッチのJoy-Conを使用したが、リリース機種は未定とのこと。Joy-Conを片手で振りながらリズムに乗って戦うのが新感覚ながらもお手軽で、筆者はシステムともマッチしているように感じられた。将来的には、ニンテンドースイッチでリリースしたいとのことだ。こちらのタイトルは、年内の完成を目標にしている。


07
08 09

■デ・マンボ、RPGolf(コーラス・ワールドワイド)

 数々のゲームが出展されたコーラス・ワールドワイドブースからは、2タイトルをご紹介。まずは、イギリスのThe Dangerous Kitchenが開発した、多人数型対戦ゲーム『デ・マンボ』だ。『デ・マンボ』は、丸いキャラクター“マンボ”を操作して、相手にタックルしたり、電撃を放って相手を画面の外に押し出す最大4人で遊べる対戦ゲーム。ぴょこぴょこと動き回るマンボは見ているだけでも面白いが、対戦内容は激アツで、崩れていくステージから落ちないように、相手をふっ飛ばしていく対戦にワイワイと楽しむことができた。また、今回新たなモード“サバイバル”が追加されていた。迫りくる敵をプレイヤーと協力しながら倒していき、長く生き延びることが目的だが、味方どうしでもぶつかってしまうため、味かたの足を引っ張ってしまったりと笑いながら楽しむことができた。こちらのタイトルは、『ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ』のようなタイトルを作りたいという思いから生まれたとのことで、つまりニンテンドー64時代のような、みんなで集まってオフラインでプレイするスタイルを目指したのだという。ニンテンドースイッチにて今年中にリリース予定で、今後はPCなどでも発売を予定しているとのことだ。


10
11 12

 続いては、RPGとゴルフゲームが合体した『RPGolf』。魔物のせいでゴルフができなくなってしまった世界を舞台に、プレイヤーは魔物を倒しながらゴルフをしていく。フィールドはゴルフ場となっており、ゴルフ場のあちらこちらには魔物が徘徊。魔物はボールを打つ際にも邪魔をしてきたり、打ったボールを跳ね返してきたりとなかなかに厄介だ。そこで、主人公がゴルフクラブで敵を殴り倒し(!!)、それからゴルフをしていくというのが基本的な流れとなる。また、RPGらしくレベルや装備によってステータスもアップし、バトルとゴルフの両方で強くなれるとのこと。そしてゴルフのスコアがよければ、つぎのエリアが解放されていくという仕組みになっている。プレイするまでどんなゲーム性なのか予想がつかなかったが、遊んでみてふたつの要素の両立具合に納得。開発者は『マリオゴルフ』が大好きで、その世界すらも歩きたくなってしまい、オープンワールドのゴルフゲームを作りたかったのだという。しかし、打った球までの移動を描くだけではつまらないということで、RPGとの融合を考えたと語っていた。最初のリリースは夏ごろにiOS、Androidを予定しており、のちにPCなどでのリリースも予定しているそうだ。


13
14 golfgirl2
16

■Puppet Piggie(スタジオちゃかぽ)

 木製のブタの足をタップして、てくてくと歩いてゴールまでの速度を競う『Puppet Piggie』。テチテチと歩くブタはかわいらしく、崖から落ちてしまうとバラバラになってしまう姿もなんだか微笑ましい。障害物に遮られたステージもあり、ゲーム自体はしっかりと操作しなければ進むのも難しいが、慣れてくるとタイムアタックをしたくなってきてしまうほど、十分な遊び応えがあった。こちらの作品は、ふだんは映像系の仕事をしているちゃかぽ氏ひとりで作成したもの。本来はクモを操作するゲームにしたかったそうだが、タップの反応数がクモの8本脚では足らず、四つ足のブタにしてみたのだとか。体験では7ステージまで遊べたが、最終的には約30ステージを予定しているそうだ。対応機種はiOS、Androidで9月のリリースを予定している。


16 17 18

■吾妻邸くわいだん(求道庵)

 元ゲーム会社のグラフィックデザイナー・田口求道氏が独立し、長年かけて作り上げた3Dアクションゲーム『吾妻邸くわいだん』。昔の日本の屋敷を舞台に、迫りくる妖怪たちを薙刀や勾玉などでなぎ払いなら探索をしていく。アクション部分は上段や下段を使い分けながら緊張感のあるバトルを楽しめるほか、探索部分はポイント&クリックとなっており、全体的に古風なPCゲームのような作りになっている。田口氏が操作感や、ゲーム全体の雰囲気を、昔ながらの骨太なゲームへと近づくように目指しているのだそうだ。謎解きなどもしっかりと考えなければ、解けないようになっているそうで、どっしりとした緊張感が味わえそう。“辛口”アドベンチャーと銘打たれているゆえんだ。7年をかけて開発している本作は、去年12月には完成していたそうだが、諸事情により現在Unityエンジンに移植作業中とのことで、リリースにはもう少し時間がかかるそうだ。


20 21
22

■ステイ(Appnormals Team)

 『ステイ』は、スペイン・バルセロナのデベロッパー・Appnormals Teamが送るユニークなアドベンチャーゲーム。ゲームの進行はすべてチャット画面で進むのが特徴で、どこかに拉致され閉じ込められた男性・クィーンをチャットで救ってあげるのがゲームの目的だ。チャットの返答は選択肢になっていて、返す言葉により物語も分岐していく。特徴的なのが、遊びたいときに遊ぶゲームではないという点だ。ゲーム開始から時間がリアルタイムで経過していき、クィーンが困った状況になった際に返答をしていくというシステムで、困ったクィーンを放置すればするほど、心が絶望に陥ってしまうのだとか。まるで、本当の人間を助けているような感覚を味わえそうだ。ちなみにこれは、携帯育成ゲーム『たまごっち』から着想を得たシステムとのことだ。今回のプレイでは、完全に日本語化されており、リリース時も言語に日本語が含まれているとのこと。リリースは夏ごろを予定しており、対応機種はXbox One、iOS、Android、PCを予定している。


23 24
25