ユニークなVRタイトルが盛りだくさん! “VRラウンジ”の注目タイトルをピックアップ【東京インディーフェス 2017】

2017年5月14日(日)に東京・UDXアキバ・スクエアにて“TOKYO SANDBOX 2017”が開催。その中で併設された“VRラウンジ”にて体験し、記者が独断でチョイスしたVRタイトルをご紹介。

“VRラウンジ”で、最新VRゲームを体験!

 2017年5月14日(日)に東京・UDXアキバ・スクエアにて開催される“TOKYO SANDBOX 2017”内イベント“東京インディーフェス 2017”。その中で、世界中のVRゲームの最新作品や、これから登場する作品が展示された“VRラウンジ”も併設されている。本記事では、前日に行われたビジネスデーにて“VRラウンジ”内の注目タイトルをピックアップして紹介する。

■マヨナカ・ガラン(CAVYHOUSE)

 閉鎖的な村に降臨した“聖人”の謎と対峙するVRノベルゲーム『マヨナカ・ガラン』。プレイヤーは、主人公“橘はもるる”といっしょに、村の怪異に挑んでいく。VRノベルゲームと銘打たれた本作は、ゲームの世界の登場人物になったかのような感覚で、キャラクターの演技や、舞台の臨場感などを目の前に感じながらストーリーを楽しめるのが特徴。また、上下左右に現れるイベントに注目することでシーンが進行することもあり、自身の行動で物語を引っ張っているような感覚は、プレイヤーが空気化しない工夫が感じられた。また、はもるる役は、声優の嶋村侑さんが担当しており、今回の体験では冒頭シーンのボイスを聞くことができた。本作はフルボイス化を目指したクラウドファンディングをスタートしており、実現すればより臨場感の溢れた作品になりそうだ。なお、リリースは夏ごろを予定しているとのこと。

▲関連グッズも会場にて販売されているほか、ペーパークラフトも無料で配布されていた。

■ガンナーオブドラグーン(サークルハイドレンジャー)

 ドラゴンにまたがり、銃で迫りくる敵を倒していくVRシューティングゲーム『The Gunner of Dragoon(ガンナーオブドラグーン)』。今回の体験では、ゲームと連動した乗馬マシンによるドラゴンの騎乗感と、扇風機による送風により、ドラゴンに本当に乗っているかのような感覚が味わえた。こちらに向かってくる敵を華麗に倒す自分と、ドラゴンに乗った感覚が合わさり「俺、超かっこいい!」と筆者が心の中で叫んでいたのは内緒。以前よりグラフィックも進化されたとのことで、地平線に浮かぶ夕日がよりクールな気分にさせてくれる。ゲーム性よりも体験を重視しているとのことだが、今後は巨大なボス敵なども登場するそうだ。まだまだ開発中とのことで、リリースは来年中を予定している。

ガンナーオブドラグーン

■Stifled(Gattai Games)

 シンガポール発の『Stifled』は、暗闇の世界を音を頼りに探索していくVRホラーアドベンチャー。白と黒の線で描かれたグラフィックは独創的で、暗い夜道を味わうドキドキ感が満点。何もしないでいると完全に暗闇となった道を進むことになるが、自分で声を出すか、コントローラーのボタンを押すと音波が飛び、壁や障害物が表示されていくシステムとなっている。しかし、音を出すと怪物にも気づかれてしまうため、怪物が近くにいるときは完全に真っ暗な道を進まなくてはいけない。暗闇の中をブルブルと震えながら歩く感覚は、ほかにはないホラー要素だろう。ちなみに開発の発端は、視覚障害者が音を頼りに歩いていくドキュメント番組に感銘を受け、そこからインスピレーションを得たとのこと。リリースは今年中を予定しており、対応機種はHTC Vive、Oculus Rift、プレイステーションVRなどを予定しているとのこと。

▲筆者の体験後には、女性の体験者が「キャー!」と怖がりながらも、本作楽しんでいる様子が伺えた。その姿を見た開発者が「イエスイエス!」と、ガッツポーズで喜んでいたのが印象的(笑)。

■Seiya(ワンドブイ)

 2本のマイクを手に持ち、飛んでくる歌詞を受け止めて音楽をつないでいくVRリズムゲーム『Seiya』。上下左右にこちらへ向かってくるワードをリズムよく受け止めていくプレイフィールは、自然とダンスを踊っているような感覚もあり、遊び応えはバツグン。特徴的なのは、ワードの受け止めるのに失敗すると音声が流れない点。失敗時のがっかり感がハンパなく、成功するまでやり直したくなってしまった。ちなみに、音声は1ワードずつ区切られているそうで、非常に手間のかかった作業になったそうだ。楽曲はすべて自社内オリジナル楽曲となっているのも、驚きのポイント。今回遊んだのはボーカロイド楽曲だったが、歌手による生歌も収録されているとのことだ。リリース時には20曲以上を収録を予定しており、対応機種はOculus Riftで、リリースは9月末を予定している。

■VR Walk & more(ship of EYLN)

 プレイヤー自身がUnityのマスコット的な存在・ユニティちゃんとなり、VR世界を駆け巡る『VR Walk & more』。プレイヤーが歩く動作で移動し、手を振ればユニティちゃんも手を振るため、まさにユニティちゃんになった気分が味わえるのが特徴だ。鏡の前に立ってポーズを決めてみると、女の子に変身した不思議な気持ちになってしまい、「あれ、俺かわいくね……?」と、ついつい思ってしまうほど! また、剣や盾を掴むことも可能で、敵に剣で斬り付けたり、魔法を放つ動作をすれば炎の魔法が飛び出すなど、自身の身体を動かして戦う臨場感のあるバトルも堪能できた。なお、こちらは技術デモとなっており、この技術を応用したタイトル『メドゥーサと恋人』を開発中とのことだ。

▲ユニティちゃんになった俺は最高にかわいかった。

▲開発中タイトル『メドゥーサと恋人』