【画像追加】“PasocomMini MZ-80C”が10月中旬に発売決定 往年のパソコンの名機が手のひらサイズで復活

ハル研究所は、“パソコンミニ”シリーズ第1弾として、“PasocomMini MZ-80C”を2017年10月中旬に発売することを発表した。価格は19800円[税抜]。

●スマイルブームの『SmileBASIC』を搭載

 ハル研究所は、“パソコンミニ”シリーズ第1弾として、“PasocomMini MZ-80C”を2017年10月中旬に発売することを発表した。価格は19800円[税抜]。

 “MZ-80C”は、1979年にシャープより発売された、ディスプレイ一体型のパーソナルコンピュータで、コンピュータの歴史に燦然と輝く名機。“PasocomMini MZ-80C”は、パソコンミニシリーズとして、筐体は手のひらに乗る4分の1サイズとしながらも、実機そのままの開閉機構を搭載。モニタフードを外して画面シートを交換することで、さまざまなシーンを再現できる。また、付属のカセットテープをカセットデッキに入れ換えて楽しむといった、こだわりのギミックも装備されている。

 さらに、最新のBASICプログラミング環境として、スマイルブームの“SmileBASIC”を搭載しているというから驚きだ。USB-HIDクラスの機器が扱え、GPIOポートへのアクセスも手軽に行えるようになっている。

 “PasocomMini MZ-80C”は、MZ-80シリーズのハードウェアエミュレーション機能を組み込んでいるため、当時のパソコン雑誌に掲載されていた、数々のマシン語プログラムが実行可能。“SmileBASIC”上からエミュレータをコントロールできることから、CPUの実行停止やトレース実行、ブレークポイント設定やメモリへの読み書きなどのさまざまな操作を可能としている。

 往年のファンにとってさらにうれしいのは、当時人気の高かった3本のゲームソフトの同梱を予定していること。どのタイトルが遊べるかは、今後発表されるとのことだ。

 なお、“PasocomMini MZ-80C”は、5月11日~14日に(11、12日はビジネスデイ)、静岡・ツインメッセ静岡にて開催中の“第56回静岡ホビーショー”にて初公開。気になる方はお出かけになってみてはいかが?

【PasocomMini MZ-80C】

価格:予価19800円[税抜]
発売日:2017年10月中旬予定
販売元:BEEP秋葉原(店頭・ECショップにて数量限定・独占販売)
予約開始日:2017年6月1日

■本体仕様■
モニタ出力:HDMI接続
電源:マイクロUSB端子
入力:USB接続
サイズ:幅102.5×奥行71.25×高さ32.5(mm)
ハード:SBCとしてラズベリーパイA+を搭載
ソフト:付属のMicroSDにて供給

※写真と実際の製品とは塗装や印刷など細部が異なります。

■追加画像