KO_OP Modeの『GNOG』PS4版が日本で配信開始。

●シンプルかつハイセンス。世界観にゆるゆると浸りながら解くパズル

 KO_OP MODEのパズルゲーム『GNOG』(ノッグ)プレイステーション4版が日本向けに配信開始。価格は1499円。

 本作は箱型モンスターの頭の中の世界を覗き込み、ボタンを押したりレバーを引いたりして謎を解いていく、一種のパズルゲームだ。説明はほとんどないが、モンスターごとにテーマが異なっており、「どうもこのモンスターは蝶を捕まえたいらしい。ということはこの辺を弄ればもしかして……」といった感じに、パズルを理解するための最初の手掛かりになっている。
 例えば深海モンスターの“SUB-01”のステージでは、その箱(イコールSUB-01の頭)の中身を開けてひっくり返してみると、そこにはお宝発掘用の潜水艦らしきものがある。謎のボタンやレバーをガチャガチャやっていくと一部の装置が作動し始め、うまいこと正しい動作順を発見できればお宝発掘ができてクリアーといった感じ。

▲詰まった時は、モンスターの顔側と、頭の中の世界とひっくり返しながらあれこれ試してみるといいかも。

 ゲームとしてはパズルアドベンチャーゲームの謎解き部分だけを取り出したようなシンプルな内容なのだが、キュートなグラフィックとMarskye氏による今時なシンセサウンドで、ゆるゆると浸れるのがポイント。

 というわけで本作、PlayStation VRにも対応しており、ポップでキュートで奇妙なGNOG世界を没入型で体験することができる。なおSteam版とiOS版も後日予定されており、こちらも日本向けに展開される模様だ。