“A 5th of BitSummit”に任天堂、SIE、マイクロソフトがスポンサーとして参加することが明らかに 二木幸生氏や安藤武博氏ら登壇者も一部公開

2017年5月20日(土)、21日(日)に、京都市勧業館みやこめっせにて行われるインディーゲームの祭典“A 5th of BitSummit”にて、スポンサーとメディアパートナーが発表。あわせてステージ情報の一部が公開された。

●二木幸生氏や四井浩一氏らが登壇決定

 2017年5月20日(土)、21日(日)に、京都市勧業館みやこめっせにて行われるインディーゲームの祭典“A 5th of BitSummit”にて、スポンサーとメディアパートナーが発表。あわせてステージ情報の一部が公開された(→公式サイトはこちら)。

 スポンサーとしては、任天堂、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、ID@Xbox(マイクロソフト)と、昨年同様3大ハードメーカーが揃い踏みしている。また、ステージ登壇者としては、二木幸生氏、四井浩一氏、安藤武博氏、尾上将之氏、伊藤博人氏、小川一美氏が発表された。


top

■第一弾!ステージ登壇者(リリースからの抜粋)

Futatsugi

二木 幸生(ふたつぎ ゆきお)
取締役 / 福岡スタジオ責任者
1969年生まれ、兵庫県神戸市出身。
1992年(株)セガエンタープライゼス(現セガゲームス)入社
以後、ソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)やマイクロソフト(現日本マイクロソフト)でキャリアを積む。
2007年グランディング株式会社創業、2012年に福岡スタジオ設立。
セガサターン、PS2、Xbox、Xbox 360、Xbox One、Wii、DS、3DS、スマートフォン用タイトルと幅広くゲームの開発/運営を経験。
代表作「パンツァードラグーンシリーズ」「ファントムダスト」「クリムゾンドラゴン」など


Yotsui

四井 浩一(よつい こういち)
企画。
デビュー作_ストライダー飛竜
代表作_鈴木爆発
没企画_蚊を叩くゲーム。右ステックを激しく回すと無茶をし左ステックを回すと安全運転するカーアクション。匂いアイテムで人心を翻弄するアドベンチャー。4次元アクションチェス。など。


Ando

安藤 武博(あんどう たけひろ)
1975年11月27日生
ゲームDJ・ゲームプロデューサー
1998年4月 株式会社エニックス(現スクウェア・エニックス)入社。
2015年7月 株式会社シシララ設立 
「鈴木爆発」(PlayStation)、「ヘビーメタルサンダー(PlayStation2)などの家庭用ゲームのほか、「ケイオスリングス」シリーズ(iPhone/Android)、「拡散性ミリオンアーサー」(iPhone/Android )などのスマートフォンゲーム、「実在性ミリオンアーサー」(TV番組)など、幅広い作品を手掛ける。最新作は「コスモスリングス」(AppleWatch)と「ブレイジングオデッセイ」( iPhone/Android )


Onoue

尾上 将之(おのうえ まさゆき)
ディレクター
2010年にゲームフリークへ入社。ポケットモンスターシリーズや、『TEMBO THE BADASS ELEPHANT』の開発に携わり、『GIGA WRECKER』では初めてディレクターを勤めた。


Ito

伊藤 博人(いとう ひろと)
プランナー
2010年にゲームフリークへ入社。ポケットモンスターシリーズや、『TEMBO THE BADASS ELEPHANT』の開発に携わり、『GIGA WRECKER』ではコンセプト決めや、ゲームデザインまで幅広くプランニングを担当した。


Ogawa_02

小川 一美(おがわ ひとみ)
デザイナー
2016年にゲームフリークへ入社。入社後初のプロジェクトが『GIGA WRECKER』となり、エフェクトの作成から始まり、デザインの方向性決めや演出なども担当した。


[関連記事]
“A 5th of BitSummit”出展者が決定 97組がインディーゲームの祭典に集う