ナムコ創業者の中村雅哉氏が逝去【訃報】

バンダイナムコホールディングスは、同社の最高顧問であり、バンダイナムコエンターテインメントおよびナムコの名誉相談役である中村雅哉氏が、2017年1月22日(日)に逝去したことを発表した。享年91歳。

●日を改めて、故人を偲ぶ“お別れの会”を執り行う予定

 バンダイナムコホールディングスは、同社の最高顧問であり、バンダイナムコエンターテインメントおよびナムコの名誉相談役である中村雅哉氏が、2017年1月22日(日)に逝去したことを発表した。享年91歳。

 以下、バンダイナムコホールディングスが発表した訃報より。


 元 株式会社ナムコ 代表取締役会長(現 弊社 最高顧問、株式会社バンダイナムコエンターテインメントおよび株式会社ナムコ 名誉相談役)の中村雅哉が去る1月22日(日)逝去いたしました(享年91歳)。
 ここに生前のご厚誼に感謝いたしますとともに謹んでお知らせ申し上げます。
 故人の遺志により、通夜および告別式は近親者にて執り行われ、訃報のご連絡も法要後とさせていただきました。なお、日をあらためて故人を偲ぶ「お別れの会」を執り行う予定です。

1.氏名
中村 雅哉(なかむら まさや)

2. 死亡日時等
平成29年1月22日 午前3時42分
享年91歳(大正14年12月24日生)

3. 略歴
生年月日 大正14年12月24日

昭和23年3月 横浜工業専門学校(現:横浜国立大学)造船科 卒業
昭和30年6月 有限会社中村製作所(現:株式会社バンダイナムコエンターテインメント)設立 代表取締役社長
昭和52年6月 株式会社ナムコと社名変更
平成14年5月 株式会社ナムコ代表取締役会長就任
平成17年9月 株式会社バンダイナムコホールディングス最高顧問就任
平成18年4月 株式会社バンダイナムコゲームス(旧:株式会社ナムコ)会長就任
平成18年4月 株式会社ナムコ(新設)会長就任
平成18年6月 株式会社バンダイナムコゲームス(現:株式会社バンダイナムコエンターテインメント)名誉相談役就任
平成18年6月 株式会社ナムコ名誉相談役就任

4. 兼職
東京商工会議所 名誉議員
一般社団法人日本アミューズメントマシン協会 最高顧問

5.賞
昭和61年4月 藍綬褒章受章
平成9年10月 通産省情報化促進貢献個人 通商産業大臣表彰
平成19年4月 旭日小綬章受章

 昭和30年に中村雅哉により設立された「中村製作所」が現在のナムコの原点となります。横浜・伊勢佐木町の百貨店 松屋(当時)の屋上に電動木馬2台を設置することからスタートしたナムコは、中村のもと、アミューズメント施設やテーマパーク、業務用ゲーム機、家庭用ゲームソフトへと事業の領域を拡大しエンターテインメント企業として成長してきました。中でも昭和55年に発売され世界中で大ヒットした「パックマン」は“最も成功した業務用ゲーム機"としてギネス世界記録にも認定され、中村は海外でも“Father of PAC-MAN"として広く親しまれています。また、中村はナムコの成長発展に尽力しただけでなく、様々な協会活動を通じて業界全体の発展、映像関連産業の発展にも尽力してきました。

 平成17年の株式会社ナムコと株式会社バンダイの経営統合によるバンダイナムコグループの誕生は、グローバル市場で成長するエンターテインメント企業グループになりたいという中村の強い想いもあり実現しました。現在もバンダイナムコグループは、“おもてなし”や“人々の心に夢を届ける”“遊びを仕事とする責任と誇り”といった創業精神を受け継ぎ、様々なエンターテインメントの提供を行っております。

以上