“NieR:Automata meets amazarashi”プロジェクトから生まれたamazarashiのNEWシングル『命にふさわしい』のジャケットイラストなど詳細が公開

『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』と、バンドamazarashiとの共同創作プロジェクト“NieR:Automata meets amazarashi”から生まれたamazarashiのNEWシングル『命にふさわしい』のジャケットイラストなど詳細情報が公開!

●NieR仕様盤は“ポッドスキン:amazarashi ヘッド”のプロダクトコード付き

 スクウェア・エニックスから2017年2月23日(木)に発売予定のプレイステーション4向けアクションRPG『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』と、秋田ひろむ氏を中心とするバンドamazarashiとの共同創作プロジェクト“NieR:Automata meets amazarashi”。同プロジェクトから生まれたamazarashiのNEWシングル『命にふさわしい』のジャケットイラストなど詳細情報が公開された。

[関連記事]
『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』 と“amazarashi”の共同創作コラボがスタート! 特設サイトもオープン


■「命にふさわしい」初回生産限定盤(NieR仕様盤)商品情報

「命にふさわしい」初回生産限定盤(NieR仕様盤)

・1,800円+税(CD+DVD)
・オリジナル絵本「命にふさわしい」(作:ヨコオタロウ/絵:幸田和磨)同梱
・『NieR:Automata』プロダクトコード「ポッドスキン:amazarashi ヘッド」

【CD】
m1 命にふさわしい
m2 幽霊
m3 数え歌
m4 命にふさわしい acoustic version

【DVD】
「命にふさわしい」MV
NieR:Automata』Movie 119450310

※カバーアートは絵本と同じく、PlatinumGamesの幸田和磨氏が担当。
※「ポッドスキン:amazarashi ヘッド」については後日詳細を発表。
※本日より予約開始。

■「命にふさわしい」通常盤(初回仕様・三方背ケース)商品情報

「命にふさわしい」通常盤(初回仕様・三方背ケース)

・1,200円+税

m1 命にふさわしい
m2 幽霊
m3 数え歌
m4 命にふさわしい acoustic version

※「NieR:Automata」をイメージしたカバーアートはYKBX氏が担当。
※本日より予約開始。

「NieR:Automata meets amazarashi」について

 本共同創作プロジェクト「NieR:Automata meets amazarashi」について、2017年2月22日(水)に発売される「amazarashi」のNEWシングル『命にふさわしい』初回限定盤に、ヨコオタロウ書き下ろしの同名の「オリジナル絵本」が封入、また『NieR:Automata』と「amazarashi」の世界観が融合した同楽曲のMV 制作が決定しています。詳細については今後の発表をお待ちください。

ゲームとロック。
異なるフィールドで活躍する二人のクリエイター。
「NieR」シリーズのディレクターヨコオタロウと「amazarashi」の秋田ひろむ。

重度のゲームフリークであり、『NieR Replicant』のファンでもあった秋田ひろむが、10 月15 日に行われたamazarashi Live 360°「虚無病」にヨコオタロウを招待。

音楽と映像演出が融合したライブに感銘を受けたヨコオタロウは、amazarashi と『NieR:Automata』とのコラボレーション作品として、絵本を作ることを提案、その夜のうちにプロットを書き上げた。

秋田ひろむは、そのプロットと『NieR:Automata』の世界観を元に、amazarashi の新曲を書き下ろした。

NieR:Automata』と「amazarashi」の世界が融合した絵本と楽曲。

その名は『命にふさわしい

「amazarashi」について

青森県在住の秋田ひろむを中心としたバンド。
日常に降りかかる悲しみや苦しみを雨に例え、僕らは雨曝だが「それでも」というところから名づけられたこのバンドは、「アンチニヒリズム」をコンセプトに掲げ、絶望の中から希望を見出す辛辣な詩世界を持ち、ライブではステージ前にスクリーンが張られタイポグラフィーや映像が映し出される独自のスタイルを展開する。

2016 年2 月にリリースされたフルアルバム「世界収束二一一六」ではオリコンアルバムウィークリーチャート4 位にチャートイン。また、ミュージックビデオではCG アニメーションが使われた作品と、プロジェクションマッピング を使った作品などを公開し、文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞するなど国内外で高く評価されている。

2016 年10 月15 日には幕張メッセイベントホールにて巨大なLEDモニタで4 面に配置したキューブの中で自身が発表したストーリー「虚無病」と共に進行する新たな試みのライブを成功させた。

『NieR:Automata』について

これは呪いか。それとも罰か。

NieR:Automata』は、スクウェア・エニックスがプロデュース、プラチナゲームズが開発を手掛けるアクションRPG です。

舞台は、宇宙人が繰り出す「機械生命体」の圧倒的戦力を前に、人類が月へと敗走している遥か未来。プレイヤーは、新たに組織されたアンドロイド部隊「ヨルハ」所属の「2B」となり、地球奪還のための熾烈な戦いに身を投じることになります。

単なるエンターテインメント作品にとどまらない、さまざまな感情をかき立てる物語を、滑らかな60fps のオープンワールドで体験できる本作は、PlayStation®4 向けに2017年2 月23 日(木)に発売予定です。



(C)2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.