2017年1月14日・15日の2日間、東京ビッグサイトで開催される“Nintendo Switch 体験会 2017“。初日の午後に行われた『いっしょにチョキッと スニッパーズ』ステージイベントの模様をリポートする。

●愉快な出演たちがちょっと変わった新作ゲームを体験!

2017年1月14日・15日の2日間、任天堂は東京ビッグサイトで“Nintendo Switch 体験会 2017”を開催。本イベントでは、発表されたばかりの新作ゲーム試遊が可能なほか、メインステージではさまざまなイベントが開催された。ここでは、体験会初日の午後に行われた、『いっしょにチョキッと スニッパーズ』体験ステージについてお届けしよう。

 ステージイベントにゲスト出演したのは、人気お笑い芸人の有野晋哉さん、同じくお笑い芸人のザ・たっち(かずやさん、たくやさん)、声優・女優の小松未可子さん、それに、ザ・たっちのふたりが会場でスカウトしてきたという女性ふたり(なんと、ふたりとも名前が“はるか”!)を交えて、『いっしょにチョキッと スニッパーズ』をわいわいと遊んでみよう、というのがステージの大枠の内容だ。

▲進行役をのぞき、写真左から有野晋哉さん、小松未可子さん、来場者の女性ふたり、ザ・たっちのふたり。
▲来場者ゲストのふたりを交え、おなじみの「ちょっと、ちょっとちょっと!」のギャグを披露するザ・たっち。

●終始にぎやかなトークが続く中、ゲームプレイがスタート!

 『いっしょにチョキッと スニッパーズ』は、Nintendo Switchで2017年3月に発売が予定されているダウンロード専用ソフト(1667円[税抜])。ふたりのキャラクターが、おたがいのカラダをチョキッと切って形を変え、その形を活かしたアクションでパズルを解いていくというゲームだ。多人数プレイの場合は、ほかのプレイヤーと会話しながら仕掛けの解法を考え、息を合わせて行動することが必要不可欠となる。

 今回の体験ステージでは、6人の出演者がふたりずつペアを組んで(有野さんと小松さんペア、女性来場者ペア、ザ・たっちペア)、ゲームをプレイ。制限時間内にステージをクリアーできないときは、ザ・たっちが『いっしょにチョキッと スニッパーズ』にちなんだ新ギャグを披露するという、ザ・たっちには過酷な(?)ルールのもとにゲームが行われた。

▲本番前にチュートリアルを進める有野さんと小松さん。操作方法を確認しつつ、無駄に小松さんの操作キャラを切ってしまい、会場の笑いを誘っていた。画面はもっともシンプルな類のステージで、ふたりで揃って画面中央のワク内に収まればクリアーとなる。
▲続いては、女性来場者ペア。おたがいの形を枠に合わせて切る必要があるので、コツをつかむまでは少し苦戦した様子だった。
▲こちらはさらに高難度のステージ。画面左端のピンクボタンを押すと、天井からボールが降ってくるのだが、これをうまく画面右側のバスケットゴールまで運んで入れる必要があるのだ。写真は、ボールではなく、小松さんの操作キャラがバスケットゴールに入ってしまった瞬間。会場は爆笑に包まれた。
▲どちらかというと邪魔をする(?)有野さんをよそに、小松さんの活躍でステージをクリアー。単にワクに収まるだけでなく、ステージが進むにつれて凝ったギミックが登場する。
▲最後にザ・たっちが挑戦したステージ。画面左側に落ちてくる鉛筆を、画面右側の鉛筆削りまで運んで挿す、というギミックなのだが、長い棒状のものを移動させることに大苦戦!
▲そんな中、ザ・たっちのふたりがひらめいたのは、キャラクターの真上に、落ちてきた鉛筆をキャッチできるようなくぼみを作るというアイデア。これはスゴイ!!
▲狙い通りに鉛筆をキャッチ! そのまま鉛筆を鉛筆削りまで運び、見事にステージクリアーとなった。
▲当初のルールでは、合計15分以内にステージクリアーできなければ、罰ゲームで新ネタを披露と説明されていたザ・たっちだが、番組の終わりにはお約束のルール変更があり、クリアー条件は12分20秒に。合計時間が12分21秒だったために、新ギャグを披露……。
▲「なにも考えてないかった!」と同様するザ・たっちだったが、自身の鉄板の持ちネタである”幽体離脱”をアレンジしたギャグを披露。
▲「スニッパーズ!」と声を合わせながら、おなじみの動きを見せるザ・たっち。これも、新ギャグといえば、新ギャグなのかも……!?

 ステージの最後に、「このゲームは、声をかけ合うのが楽しい。ふたり(ペアを組んだ小松さんとの)の距離が縮まった(笑)」と感想を述べるも、小松さんにあっさりと否定されてしまった有野さん。一方の小松さんは、「最初のチュートリアルだと、決まったワクに収めるだけのゲームかと思ってしまったが、ステージが進むといろいろと考えることが楽しくなるゲーム」と本作の魅力を語っていた。みんなでプレイすると自然にコミュニケーションが発生する『いっしょにチョキッと スニッパーズ』は、パーティゲームの定番として幅広いゲームファンに楽しまれる1本になりそうだ。