2017年1月13日、任天堂が東京ビッグサイトにて“Nintendo Switch プレゼンテーション 2017”を開催。その会場内で、Nintendo SwitchのTVモード、テーブルモード、携帯モードの3つのプレイスタイルを一気に体験できた“Nintendo Switchツアー”のリポートをお届けする。

●3つのプレイスタイルを一気に体験

 2017年1月13日、任天堂が東京ビッグサイトにて“Nintendo Switch プレゼンテーション 2017”を開催。Nintendo Switchは、TVモード、テーブルモード、携帯モードの3つのプレイスタイルで遊べることが発表されているが、そのすべてのプレイスタイルを1度に体験できる“Nintendo Switchツアー”のリポートをお届けする。

[関連記事]
・Nintendo Switchのプレイスタイルは、TVモード、テーブルモード、携帯モードの3つ!【Nintendo Switch プレゼンテーション

▲Nintendo Switchの特徴である3つのプレイスタイルを1度ですべて体験できる。

 “Nintendo Switchツアー”は、『マリオカート8 デラックス』と『いっしょにチョキッと スニッパーズ』の2タイトルで、Nintendo Switchの3つのプレイスタイルをすべて体験できるおトクなツアー。


■新要素も満載な『マリオカート8 デラックス』(text by 北埜トゥーン)

 ツアーの最初は『マリオカート8 デラックス』のレースをTVモードでプレイする。コントローラは、Joy-ConのひとつをJoy-Conハンドルにセットしたものを使用するが、操作自体はコントローラを動かして直感的に操作するモーションコントロールと、スティック操作の両方で行える。モーションコントロールは、Wii U版『マリオカート8』や、『マリオカートWii』でも採用されていたが、Joy-ConはこれまでのWii UゲームパッドやWiiリモコンよりも小さくて軽いため、ハンドルが切りやすく、より小さなお子様でも遊びやすくなっている印象を受けた。

[関連記事]
・『マリオカート8 デラックス』4月28日にNintendo Switchで発売、『Splatoon(スプラトゥーン)』キャラも新登場!
・Nintendo Switchの周辺機器が公開、ProコントローラーやJoy-Conハンドルなど

▲『マリオカート8 デラックス』のレースは4人+CPUで対戦。
▲新キャラクターとして登場する『Splatoon(スプラトゥーン)』のボーイとガールは、ジャンプアクションを決めると、イカに変身する。

 続いて、『マリオカート8 デラックス』のふうせんバトルを携帯モードでプレイ。アイテムを使って相手のプレイヤーのふうせんを割った数と、残っている風船の数の合計がいちばん多かったプレイヤーの勝利となる。ちなみにWii U版の『マリオカート8』では、レースでも使用する通常のコースでふうせんバトルを行っていたが、本作では専用コースが用意されていた(ふうせんバトルで楽しめるすべてのコースが専用コースなのかは不明)。携帯モードをプレイして驚いたのは、想像以上に本体が軽かったこと。約398gという数値だけ見ると、少し重そうに感じるかもしれないが、実際に持ってみると手にも自然と馴染んで、快適にプレイできた。

▲ふうせんバトルは8人で対戦。
▲ふうせんバトル時のみではなく、レース時もだが、本作からの新要素としてアイテムがふたつまで持てるようになっている。
▲今回の体験会ではプレイできないが、ふうせんバトルのコースの選択肢の中には、『Splatoon(スプラトゥーン)』でおなじみのデカライン高架下も。

■パズル&アクション+コミュニケーションが心地いい『いっしょにチョキッと スニッパーズ』(text by 河合リヱ)

 Nintedo Switch ツアーの最後に遊べたのは、『いっしょにチョキッと スニッパーズ』。ツアーに参加していた女性といっしょに、それぞれJoy-Conをヨコ持ちし、テーブルモードでプレイしました。このゲームは、見た目ゆるゆるの操作キャラクターの体を、回転させたりチョキッと切ったりして形状を変化させ、ステージごとのお題をクリアーしていくというもの。これが、超楽しかった!

[関連記事]
・ふたりで体を切り合うパズルゲーム『いっしょにチョキッと スニッパーズ』がNintendo Switchに登場!

▲キャラクターを重ねて対応したボタンを押すと、重なった部分の相手の体をカットできる。失敗しても、もとに戻せるので安心。
▲最初のお題は、画面中央の点線内に体を収めること。チョキッとするほかにも、ジャンプや背伸び、しゃがみなどのアクションが可能です。

 特定の形に体を変化させるだけでなく、ボタンを押すと落ちてくるエンピツを特定の場所に運んだり、風船を割ったりと、各ステージのお題は多種多様。クリアーの方法がひとつではないのもいいところで、たとえばバスケットゴールにボールを入れるステージでは、体をうまくカットしたうえでボールを乗せてゴールまで運ぶ、ということができるほか、上方から落ちてくるボールを、ジャンプ&頭突き(このキャラに頭という概念があるのか謎ですが)で跳ね上げてシュートする、といった方法も狙えます。ちなみに私がチャレンジしたときは、一度下に落ちて跳ねたボールの下に潜り込み、押し上げてゴールに通すという荒技でクリアーしました(笑)。

▲これが模範回答なんでしょうねえ……。まったく思いつかなかったけど、クリアーできたからよし。

 また、お題がわかりやすく明示されているわけではないのもポイント。画面を見て、何をすべきなのかを考えるところからスタートするので、自然といっしょにプレイする人との会話が発生します。「これは……壁のボタンを押せばいいんですかね?」、「とりあえず上に乗ってみます?」なんて具合。でもそんなよそよそしさは最初だけで、数分していくつかステージをクリアーするころには、「じゃあボタン押すので、エンピツお願いします」、「ジャンプ! そこでジャンプ!」、「もうちょい切って!」と、見知らぬ相手とものすごい早さで打ち解けられました。お題が何かを推測する→クリアーするための方法を考える→トライ&エラー→クリアー、という過程で力を合わせているうちに、あっという間に仲間意識が!

▲だんだん難しくなるお題を、パートナーといっしょに乗り越えたときの達成感たるや! あと、この何とも言えない表情を見せるキャラもツボです。

 “脳トレ”感のあるパズルと、程よいアクセントとなるアクション。そこに、もうひとりのプレイヤーとのコミュニケーションがプラス。友だちと、あるいはお近づきになりたい相手とチャレンジすると、ゆるゆるな見た目からは想像がつかないほどに盛り上がるはず。試遊は10分という制限時間つきだったけど、製品版でじっくりと楽しみたいと思えるタイトルでした。


 これまでリポートしてきたように、“Nintendo Switchツアー”では、3つのプレイスタイルを1回ですべて体験できる。それぞれのプレイ感覚を試すには最適なツアーとなっているので、1月14日、15日開催の体験会に参加予定の方はぜひ足を運んでみよう。