ゾンビモードの追加シーンと4つのマルチプレイヤーモード用マップが収録

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、発売中のプレイステーション4用ソフト『コールオブ デューティインフィニット・ウォーフェア』について、ダウンロードコンテンツ第1弾“SABOTAGE”の配信日が2017年1月31日に決定したことを発表。

 以下、リリースより。


 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア※1(SIEJA)は、PlayStation4用ソフトウェア『コールオブ デューティインフィニット・ウォーフェア』について、ダウンロードコンテンツの第一弾「SABOTAGE」の配信日が2017年1月31日(火)に決定したことをお知らせいたします。

 本コンテンツは、ゾンビモードの追加シーンと、4つの新しいマルチプレイヤーモード用マップを収録しております。

【ゾンビモード追加シーン:Rave in the Redwoods】
 今回追加となる「Rave in the Redwoods」は、1990年代がモチーフ。前作「Zombies in Spaceland」とは一転、不気味な森林が広がるホラー映画のような世界で主人公たちは目を覚まします。森林の中に放置されたキャンプ場を探索していくと、そこはゾンビたちに占領されたオールナイトレイブパーティーの会場であることに主人公たちは気づきます。そして、サウンドやビジュアルもホラーテイストからテクノ調へ変化。4人の主人公たちの装いも一新され、1990年代のミュージックシーンを思わせる「the Candy Raver」、「the Hip Hop wannabe」、「the Grunge Rocker」、「the Gangsta」として、プレイヤーは幻想的な空間でゾンビの群れと戦うこととなります。

【マルチプレイヤーモードの追加マップ】
 プレイヤーのフィードバックをもとに開発された4つの新しいマップが追加されます。

●Noir
アメリカのブルックリンをモチーフにした、暗く薄汚れた都市が舞台。定番の3レーン構成となっており、マップ中心の激戦区を囲うようにカフェや公園が街並みを彩ります。

●Neon
都市圏での戦闘を仮想空間でシミュレートした独特なマップ。突然あらわれる車などの障害物や、敵を倒すとデジタルピクセルに分解されるなど、独特な演出が楽しめます。中心レーンは長射程での戦闘が想定されますが、外周部では奇襲もあり得る近接戦が繰り広げられます。

●Renaissance
北イタリアのベニスをモチーフにした、近接戦闘が主体となる密集したマップ。狭い通路や古風な建造物がうねるように連なり、プレイヤーは動き回ることで優位に立つことができます。

●Dominion
「モダン・ウォーフェア2」の人気マップAfghan を「インフィニット・ウォーフェア」にて再現。マップ中央の墜落した戦闘機など懐かしのランドマークを舞台の火星に移すだけでなく、ブーストジャンプやウォールランの導入で体験を進化させています。

※1 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントのディビジョンカンパニーとして日本およびアジア各国・地域のセールス&マーケティングを担当。