神谷氏らの愛溢れるレトロゲーム談義にご注目

 セガゲームス コンシューマ・オンライン カンパニーは、ニンテンドー3DS用ソフト『セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE』の発売を記念して、本日(2016年12月22日)、同作の公式ホームページにてプラチナゲームズのゲームデザイナー、神谷英樹氏による特別寄稿“俺と「セガ3D 復刻プロジェクト」FINLA STAGE”を公開した。

『セガ3D 復刻アーカイブス3 FINAL STAGE』発売記念 特別寄稿 “俺と「セガ3D 復刻プロジェクト」FINAL STAGE”(プラチナゲームズ・神谷英樹)

 熱心なレトロゲームフリークとして知られる神谷氏だが、本特別企画では、神谷氏をはじめ同氏の旧友である“長沢“と”高木“が登場し、『セガ3D復刻アーカイブス3 FINLASTAGE』の話題を中心としたレトロゲーム談義に花を咲かせる。新規移植となった『ターボアウトラン』や、パッケージ初収録となった『アフターバーナー』など、収録作品についてはもちろん、パッケージ前ニ作をプレイしている方向けのオマケタイトル『チャンピオンボクシング』や『ガールズガーデン』にいたるまで、レトロゲーム愛に溢れる特別寄稿となっているのだ。熟読必至ですよ!

[関連記事]
※“セガ3D復刻プロジェクト”の集大成となる『セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE』開発顛末を開発者たちに聞く
※『セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE』に前作とのデータ連動で『チャンピオンボクシング』と『ガールズガーデン』が追加
※『セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE』の発売を記念して、“セガ3D復刻アーカイブス パッケージイラスト”テーマ3種が配信開始
『セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE』発売記念 関連グッズが当たるTwitterプレゼントキャンペーンを実施