WUGのストーリーはまだまだ続く!――“Wake Up, Girls! Festa.2016 SUPER LIVE”リポート

2016年12月12日(日)、千葉県の幕張メッセにて『Wake Up, Girls!』のライブイベント“Wake Up, Girls! Festa.2016 SUPER LIVE”が開催された。

●アツいライブと発表内容にファンも熱狂!

 2016年12月12日(日)、千葉県の幕張メッセにて『Wake Up, Girls!』のライブイベント“Wake Up, Girls! Festa.2016 SUPER LIVE”が開催された。同ライブには、Wake Up, Girls!のメンバーである吉岡茉祐さん(島田真夢役)、青山吉能さん(七瀬佳乃役)、田中美海さん(片山実波役)、山下七海さん(久海菜々美役)、高木美佑さん(岡本未夕役)、永野愛理さん(林田藍里役)、奥野香耶さん(菊間夏夜役)、I-1 clubのメンバー、加藤英美里さん(近藤麻衣役)、津田美波さん(吉川愛役)、福原香織さん(相沢菜野花役)、山本希望さん(鈴木萌歌役)、明坂聡美さん(鈴木玲奈役)、安野希世乃さん(小早川ティナ役)、上田麗奈さん(高科里佳役)、そしてネクストストームの大坪由佳さん(岩崎志保役)、安済知佳さん(水田綾役)、高野麻里佳さん(森名能亜役)、甘束まおさん(藤崎日向子役)が出演。合計18名という豪華な面子で、幕張をアツく盛り上げた。

 開幕は、 Wake Up, Girls!(以下、WUG)のメンバーによる『7 Girls War』からスタート。会場の熱を一気に上げると続いてI-1 clubのメンバーが『止まらない未来』、ネクストストームのメンバーが『レザレクション』を披露。それぞれのカラーで会場を盛り上げる。

 ステージ上に全ユニットが登場して挨拶をした後は、再びWUGのステージへ。『素顔でKISS ME』、『少女交響曲』の2曲を歌い上げ、クールなイメージの新衣装とピッタリのカッコいいステージでファンを魅了する。続いてはI-1 clubのステージ。『運命の女神』で会場をひとしきり盛り上げると、ライブでは初披露となる『シャツとブラウス』を歌唱。同曲では、I-1 clubのメンバーがトロッコで会場を回るといった演出もあり、メンバーもファンも笑顔が溢れる楽曲となった。

 バトンを受け継いだWUGのメンバーが『HIGAWARI PRINCESS』、『ワグ・ズーズー』の2曲を披露すると、『地下鉄ラビリンス』では、吉岡さんと山下さん、田中さんと奥野さんの4人がトロッコに乗って会場を回る。青山さん、永野さん、高木さんの3人はステージ上で会場を盛り上げた。曲の途中には、客席にサインボールを投げ入れるパフォーマンスも行われ、会場のファンを楽しませた。

 ネクストストームのメンバーは、4人で『リトル・チャレンジャー』を披露。『Wake Up, Girls!』の作中でたびたび重要な曲として登場する同曲。劇場映画『Wake Up, Girls! Beyond the Bottom(後篇)』公開後にネクストストームの4人でこの楽曲が披露されたことには大きな意味があっただろう。大坪さんも「大切な曲をこの4人で歌えて本当にうれしいです」と、その想いを語った。その想いを受取るようにWUGのメンバーが『タチアガレ!』を会場からは大きな歓声が上がる。さらに、『16歳のアガペー』を披露し、ライブの最後の楽曲として『Beyond the Bottom』を歌い上げた。ステージ上では今回のライブに参加した3つのユニットのメンバーが再度集結し、記念撮影を行った。

 最後の挨拶では、「WUG Fesは1回目から出ているんですけれど、こうしてまたたくさんの人の前で歌えているのは、WUGちゃんがつね日ごろがんばっていてくれたおかげだと思います。本当にありがとう。こうやってがんばっていたら、来年もここにいられると思うので、みんなでいっしょに走り続けましょう!」という大坪さんのコメントや、「来年もやれたらいいなーーーー!」という加藤さんのコメントにあるように、これからも『Wake Up, Girls!』という作品や、そこから生まれたユニットが続いてほしいという、願いにも似たコメントが出演者たちからこぼれる。また、WUGのメンバーからは、「昨年号泣したんですけど、あのときはこれで最後だと思っていたからなんです。でも、今年は昨年を超えてきた! 夢なんじゃないかと」と吉岡さんが、「2016年はいちばん不安が大きかった年だった。でも皆さんの笑顔を見て、このまま進んでいいんだなって感じることができました」と青山さんが語り、会場もその言葉に声援でアツく応えた。そんななか、最後の曲として出演キャスト陣18人による『極上スマイル』を披露。会場のファンも出演者もみんなが極上の笑顔でライブ最後の楽曲を楽しんだ。

 そして会場では特報映像が。その映像の内容とは、2017年にテレビアニメ『Wake Up, Girls! 新章』が放送決定になったというもの。この映像には会場のファンから大きな歓声が上がった。詳細は、ぜひこちらの記事でチェックしてほしい。

 驚きの発表で幕を閉じた“Wake Up, Girls! Festa.2016 SUPER LIVE”。記者も、新たなWUGのストーリー、新たなWUGの歴史が積み重なっていくことが非常にうれしい。映像が流れた瞬間の「おおお?」という会場のざわつき、そこからの大歓声の余韻がいまも耳に残っている。2017年のテレビアニメ化という結果は、大坪さんの言葉を借りるなら、WUGのメンバーが、そしてそのほかの出演キャスト陣、関係スタッフが、日々をつないできた努力の結晶なのだと思う。その努力が実を結び、いったいどんな花を咲かせてくれるのか、今後も目が離せない。

■『Wake Up, Girls! 新章』特報映像

■“Wake Up, Girls! Festa.2016 SUPER LIVE”セットリスト
01. 7 Girls War / Wake Up, Girls!
02. 止まらない未来 / I-1 club
03. レザレクション / ネクストストーム
04. 素顔でKISS ME / Wake Up, Girls!
05. 少女交響曲 / Wake Up, Girls!
06. 運命の女神 / I-1 club
07. シャツとブラウス / I-1 club
08. HIGAWARI PRINCESS / Wake Up, Girls!
09. ワグ・ズーズー / Wake Up, Girls!
10. 地下鉄ラビリンス / Wake Up, Girls!
11. リトル・チャレンジャー / ネクストストーム
12. タチアガレ! / Wake Up, Girls!
13. 16歳のアガペー / Wake Up, Girls!
14. Beyond the Bottom / Wake Up, Girls!
15. 極上スマイル / ALL CAST