プレイステーションの人気タイトルをスマホに! 第一弾は『みんゴル』、PS初期のRPGを再構築する“Reboot Project”も発表

フォワードワークスは、本日2016年12月7日、都内で開催した発表会“ForwardWorks Beginning”において、スマートフォン向けに『みんゴル』などを配信することを発表した。

●『どこでもいっしょ』などのスマホゲーム化も明らかに

 フォワードワークスは、本日2016年12月7日、都内で開催した発表会“ForwardWorks Beginning”において、今後配信予定のタイトルを発表した。

 スマートデバイス市場に向けた事業展開を目的に、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが2016年4月1日に設立したフォワードワークス。発表会には、同社のエグゼクティブディレクターを務める川口智基氏らが出席し、今後配信予定のタイトルやパートナー企業の発表を行った。
 第一弾として『みんゴル』を2017年春に配信するほか、『勇者のくせにこなまいきだ DASH!』を2017年夏配信予定。また、“Reboot Project”として、『アークザラッド』、『ワイルドアームズ』の完全新作のスマホゲーム化が発表されたほか、日本一ソフトウェアと共同で『魔界戦記ディスガイア』、『夜廻り』を開発。
 さらに、スクウェア・エニックスとの共同開発が進んでいるや、完全オリジナルのタイトル(『ソラとウミのアイダ』 原作:広井王子氏)が開発されていることも明らかになった。

 発表会の詳細は、後ほどリポートする。

【関連記事】
プレイステーションのIPを活用したゲームアプリを、2017年度に5~6作品リリース予定! フォワードワークス川口智基氏インタビュー