ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』(PS4版)について、ゲーム内仮想通貨“CODポイント”の販売を開始した。

●『CoD:IW』が“CODポイント”に対応

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアから発売中の『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』(プレイステーション4版)。本作のゲーム内仮想通貨“CODポイント”の販売が開始された。

 “CODポイント”は、マルチプレイヤーモードでレアサプライドロップ、ゾンビモードでレアゾンビクレートを入手する際に用いるゲーム内通貨。宝箱はキーを使って入手することも可能なので、“CODポイント”はゲーム進行そのものには影響しない。

 また、『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』と共通のポイントとなるため、『ブラックオプスIII』で使用されていた“CODポイント”を、『インフィニット・ウォーフェア』でも引き続き使用可能という。詳しくは、『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』のプレイヤーズインフォメーションページで確認してほしい。