スマートデバイス向けゲームの企画・開発を行うポノスが導入している、社員のおまけトレーディングカード(約110種)つきポテトチップス“がんばれ!ポノスチップス~ポノスで働く『イケメン・ピカジョ』~”が編集部に来た!

●味よし、カードよし、福利厚生よし

 突然だが皆さんは、“がんばれ!ポノスチップス~ポノスで働く『イケメン・ピカジョ』~”を知っているだろうか?
 “がんばれ!ポノスチップス~ポノスで働く『イケメン・ピカジョ』~”は、『にゃんこ大戦争』などスマートデバイス向けゲームの企画・開発を行うポノスが導入した、福利厚生および社内コミュニケーション活性化ツールだ。

 ポノスは、事業拡大とともにハイペースで人員を増やし、現在はディレクター、プログラマー、デザイナーなど、社員・アルバイトを合わせて約110名のメンバーが働いている。その一方で、業務規模の拡大・人員増加で部門間のコミュニケーションの機会が減り、社員全員がお互いを知る機会も少なくなっていたという。
 社内コミュニケーションが減りつつある状況に、「このままではあかん! 社員同士がお互いのことを知り、より深く理解し合える機会を作ろう! だってみんな、こんなにキラキラ・ピカピカ、輝いてるんだから!」(プレスリリースより)と考える代表取締役・辻子依旦氏。この状況を打破するため、導入されたのが“がんばれ!ポノスチップス~ポノスで働く『イケメン・ピカジョ』~”になる。

 “がんばれ!ポノスチップス~ポノスで働く『イケメン・ピカジョ』~”には、社員のおまけトレーディングカード(約110種)が付く。社員の表に写真と名前、裏にプロフィールが載ったカードがあれば、社員の顔と名前だけでなく、どんな人物なのかも知ることができる。自分と共通点のある社員を見つけたら、会話のきっかけにもなる。それにカードの入った袋を開けるゲーム的な楽しみもある。業務中のおやつにもなる。いいこと尽くめなのである。

 ということで、突如ファミ通編集部に届いた“がんばれ!ポノスチップス~ポノスで働く『イケメン・ピカジョ』~”でイケメン、美女のポノス社員を発見すべく、ファミ通.comではポテトチップスを食べながらカードを開封することにした。

▲どんっ! 段ボールいっぱいにはいったポテチおよそ40個! ポノスさんありがとうございます!