任天堂から2016年11月10日に発売予定の“ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ”に合わせて、週刊ファミ通の前身である『ファミコン通信』がまさかの復活!

●みんなウッドボールってわかるかな?

▲これが絶賛制作中のファミコン通信の表紙だ! ウッドボールの意味がわからない人は、表紙の画像をよーく見てみよう!

 任天堂から2016年11月10日に発売予定の“ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ”。発表と同時に大人気の同ハードに合わせて、週刊ファミ通の前身である『ファミコン通信』がまさかの復活を果たします! ミニファミコンに収録されている30タイトルの大紹介やクロスレビュー風インプレのほか、ファミコン世代は胸アツの高橋名人×毛利名人スペシャル対談、ミニファミコン専用のカートリッジが作れちゃう妄想企画、収録タイトルのファミコン通信での第1報、ゲーム帝国や禁断の秘技など人気連載の復刻などなど、ファミコン世代に刺さりまくりの1冊です! 付録として、ミニファミコン収録30タイトルのパッケージシールも付いてきます。ミニファミコンと同じ2016年11月10日発売予定で、価格は税込999円! 1000円でお釣りが来ちゃう!! ぜひ全国の書店やコンビニ、通販サイトなどでお買い求めください!!

書名:ファミコン通信
発売日:2016年11月10日発売予定
定価:925円+税(税込999円)

【おもな記事内容】※内容は予告なく変わる場合があります。

・実物大! これがミニファミコンだ!
・スペシャル対談 高橋名人×毛利名人
・妄想企画:ミニファミコン専用カートリッジを作ろう!
・クリエイターに訊く!「ミニファミコンにあと1本入れられるなら何入れる?」
・収録30タイトル大紹介&クロスレビュー風インプレ
・復刻! ミニファミコン収録タイトルのファミコン通信第1報
・人気連載も復刻! ゲーム帝国/禁断の秘技 ほか
・【付録】ミニファミコン収録タイトルパッケージシール

(C)2016 Nintendo (C)2016 SUSUMU MATSUSHITA ENTERPRISE