黒沢ともよさんが38メートルの巨大美少女を演じる『ラグナストライク エンジェルズ』が11月17日配信開始!

2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の“東京ゲームショウ2016”。9月17日のDMM GAMEブースにて、PC・スマートフォン用ゲーム『ラグナストライク エンジェルズ』のリリース予定日が発表。イベントのゲストには、姉守綾乃役の、声優の黒沢ともよさんが登場した。

●スマートフォン&PC対応の3Dリアルタイムバトル

 2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の“東京ゲームショウ2016”。9月17日のDMM GAMEブースにて、PC・スマートフォン用ゲーム『ラグナストライク エンジェルズ』のリリース予定日が発表。イベントのゲストには、姉守綾乃役の、声優の黒沢ともよさんが登場した。

 人気イラストレータの深崎暮人氏がキャラクター原案を務める本作。突如現れた謎の敵“フィアレム”を倒すため、38メートルに巨大化する美少女が戦う3Dリアルタイムアクションで、プレイヤーは6人の巨大化するヒロインが所属する“ラグナストライカーズ”の特務官になり、彼女たちに指示を与えるのだ。昨年行われた東京ゲームショウ2015で発表されつつも、リリースが延期されていたが、このたびリリース予定日と実機を使ったプレイ動画が公開された。

▲ニコニコ生放送の特別番組でも司会を務めたお笑い芸人、ハライチの岩井勇気さんが登壇。同じく、特別番組に出演した姉守綾乃役の黒沢ともよさんがゲストで登場。

▲ゲーム中の動画を使ったPVが公開。イラストで描かれたヒロインが、3Dモデルでも忠実に再現されており、ド派手で華麗な戦闘を繰り広げていた。

●姉守綾乃に扮した美しきコスプレイヤーがプロデューサーにお仕置き

 ステージには巨大化ヒロインのひとり、姉守綾乃の衣装をまとったコンパニオンが登場。細部まで精巧に作られたコスチュームに、会場からは感嘆の声が上がっていた。巨大化時の衣装ということもあり、岩井勇気さんが用意した人間サイズの人形と比較する場面では、その圧倒的な差に笑い声も上がっていた。

▲岩井勇気さんがこの日のために通販で購入したという人形がコンパニオンに渡された。そのサイズの差に、「主人公は肩に乗って指示を出せそう」、「耳の中に入れるのでは?」といった発言も出た。

▲ステージに原作・開発プロデューサーの庄司竜也氏(ディンゴ代表取締役)が登場。リリースが遅れた罰として、巨大なハンマーで叩かれる場面も

●黒沢ともよさんによる実機でのプレイ

 庄司氏からゲームの基本的なシステムが紹介されたあとは、実機によるデモプレイが行われた。プレイ内容は、“ラグナストライカーズ”拠点とヒロイン自室でのコミュニケーションと、今回のために用意されたエリアでの戦闘の2種類。

▲戦闘で勝ち進むには、武器やバトルスーツといった装備の強化のほか、ヒロインと新密度を上げ絆の力を深めること、特殊攻撃のコマンドとなる戦闘用アンドロイド“エクティス”のカード収集と強化の3つが重要になる。

▲ヒロインの部屋ではプレゼントを渡して好感度を上げたり、ヒロインをさまざまな角度からじっくりと見ることが可能。

▲戦闘は“エクティス”のカードを使ったコマンドバトル。戦う相手や状況によって、カードが持つ属性攻撃や回復などをうまく使うことが重要に。同一の属性のカードを複数枚同時に使うと、“BARST ATTACK”や“MAGNA STRIKE”といった強力な攻撃をくり出せる。

 簡単な操作で爽快な3Dリアルタイムバトルが楽しめる『ラグナストライク エンジェルズ』。リリース開始時には、プレイヤー全員にリリース遅延のお詫びとして、“装備するとゲーム中のお金がたくさん手に入るアクセサリ”(名称考案中)がプレゼントされるとのこと。また、近日中にニコニコ生放送も行うとのことなので、気になる人は公式サイトなどをこまめにチェックしておこう。



(C)2016 DINGO Inc.・Aniplex Mobile/DMM GAMES/38M GIRLS 製作委員会
※画面は開発中のものです。