PS Vita、PS4用ソフト『Re:ゼロから始める異世界生活 -DEATH OR KISS-』のゲーム画面やシステムを紹介!

プレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『Re:ゼロから始める異世界生活 -DEATH OR KISS-』は、『Re:ゼロから始める異世界生活』に登場する女性キャラクターたちを巡る、明るく華やかなオリジナルストーリーが展開するアドベンチャーゲーム。

●ゲームオリジナルストーリーが展開

 2016年4月より放送中のテレビアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』がゲーム化されることが決定した。原作は、小説投稿サイト“小説家になろう”から始まり、2016年8月現在で8巻まで文庫化(MF文庫J)されているライトノベルだ。物語は、異世界へと召喚されてしまった無力な少年ナツキ・スバルを主人公に展開。彼には、自身の死により時間が巻き戻る“死に戻り”の能力が宿り、自分の自由がきかない“死に戻り”の能力によって、幾度も絶望に見舞われながら、過酷な運命に立ち向かっていく。魅力的なキャラクターたちが織りなす、ハードでシリアスなストーリーが人気を博している作品だ。

 今回発表されたプレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『Re:ゼロから始める異世界生活 -DEATH OR KISS-』は、『Re:ゼロから始める異世界生活』に登場する女性キャラクターたちを巡る、明るく華やかなオリジナルストーリーが展開するアドベンチャーゲーム。女の子たちの魅力を存分に楽しめる内容になっているとのこと。舞台は、次期国王候補者5人が揃った王都ルグニカ。“美女王総選挙”が開催されることになり、王都がにぎわう最中、主人公スバルに耐え難い不幸が訪れ、死に至るという呪いがかけられてしまう。解呪の方法は“キスをする”こと。果たしてスバルに待つのは、死かキスか……?

■8人のヒロインたちのエンディングを用意!

 エミリア、レム、ラム、ベアトリス、フェルト、プリシラ、アナスタシア、クルシュという8人のヒロインたちとのエンディングが用意されている。いったいどんな内容になるのか!?

■ゲームオリジナルストーリー

 ルグニカ王国の次期国王候補者5人が出場する大会が、王都ルグニカで開かれることになった。その名も“美女王総選挙”! “華やかさ”や“優雅さ”など、さまざまな審査を行い、その総合評価で勝敗を決める。いわば王選の前哨戦で、優勝すれば“幸運がもたらされるといわれる宝具(ミーティア)”が与えられ、国民に名と栄誉が知れ渡り、現時点でもっとも王に近い人物となれる。各陣営はこぞって参加を表明し、王都はお祭り騒ぎに! スバルは、前日から大会の準備を手伝っていたのだが、誤って賞品である宝具にキスをしてしまう。すると……、<そなたの血を捧げよ……。その対価して、異性との接吻の加護を授ける。もし、この呪いを他人へ伝えれば、耐え難い不幸がお前を襲うだろう>と声が響く。じつは優勝賞品とされていた宝具は、呪いの道具だった! 呪いにより不幸が訪れたスバルは、“死に戻り”してしまう。自分ひとりの力では無理だと考えたスバルは、ベアトリスに助けを求めると、呪いの解呪条件が“キスすること”であると判明。スバルは解呪のためエミリアたちとさらに仲よくし、そして呪いの道具が誰かの手に渡らないよう大会を妨害していくことに――。

▲自信がなさそうなエミリアだが、総選挙に出場することに。

▲いつものように呆れた口調で対応するベアトリス。

▲エミリアからのキス!? コンテストで、何が起きるのだろうか?

 主人公スバルの目的はふたつ。呪いを解き、“死に戻り”をしないようにすること。そして、呪われた宝具が誰かの手に渡らないようにすること。そのために、プレイヤーが目指すのは、以下のふたつ。

【信頼とキスを勝ち取れ!】

 キスしないと死んでしまう呪いをかけられたスバル。しかも、心のこもったキスじゃないと無効になってしまうということなので、なんとかヒロインたちと仲よくなって、死から逃れなければならない。死の回避は、イベントでの選択肢がカギをにぎる。さまざまな手を使って、信頼とキスを勝ち取れ!

【美女王総選挙で推しヒロインを勝利に導け!】

 呪いの拡散を防ぐには、宝具を自分の手に入れること。そのために、自分の“推しヒロイン”を勝利に導こう! 総選挙の投票数を伸ばすには、推しヒロインの人気獲得がカギ。現代の知識を使って総選挙を有利に運べるか? また、推しヒロインを勝利へ導く過程で、ヒロインと仲よくなっていく。つまり、総選挙での勝利は、キスへと通じる道でもあるのだ。

▲選択肢によって好感度が上がる。

▲水着審査が行われることに。

▲ダンスの審査もあるようだ。スバルもドキドキのシーンが盛りだくさん!

▲美女王総選挙にも水着審査が? こんなポーズを教えたのはスバル?

▲レムとラムまで水着を! 彼女たちの出場もあるのだろうか?

▲スバルの指示で、いろいろなセクシーポーズをしてくれるレム。アニメでは、なかなか見られない顔を見せてくれそう。

■キャラクター紹介

■ナツキ・スバル
声:小林裕介
無知無能にして無力無謀と四拍子欠けた主人公。突如として異世界に召喚され、わけのわからない状況に翻弄される。物怖じしない性質と持ち前の図々しさで、逆境に弱音を吐きつつも過酷な運命に立ち向かっていく。

■パック
声:内山夕実
エミリアとともに行動している精霊。灰色の体毛、まん丸の瞳にピンクの鼻をした、手のひらに乗るサイズの二足歩行の小猫の姿をしている。

■エミリア
声:高橋李依
銀髪に紫紺の瞳を持つ美しい少女。お人好しで面倒見のいい性格だが、当人はなぜかそれを素直に認めようとしない。家族同然の猫精霊であるパックをお供に連れており、彼の前だけ甘えた表情を見せる。

■フェルト
声:赤崎千夏(※“崎”はタツサキ)
くすんだ金髪に勝気な赤い目、尖った八重歯がチャームポイントの浮浪女児。王都の貧民街育ちで、幼さに見合わないタフで強かな性格の持ち主。

■ベアトリス
声:新井里美)
ロズワール邸にて“扉渡り”で隠された部屋、禁書庫の司書を務める幼い少女。愛らしい容姿と豪華なドレスで、まるで妖精のような印象を見るものに与える。

■レム
声:水瀬いのり
名誉の負傷をしたスバルが担ぎ込まれた屋敷で、雑務全般を一手に担う双子メイドの妹。慇懃無礼な毒舌担当。屋敷の機能が維持されているのは、彼女の有能さがすべてといっていい。

■ラム
声:村川梨衣
怪我をしたスバルが運び込まれた屋敷、ロズワール邸で働く双子メイドの姉。傲岸不遜な毒舌担当。炊事洗濯裁縫掃除、すべてにおいて妹に劣るステータスの持ち主。

■クルシュ・カルステン
声:井口裕香
ルグニカ王国カルステン公爵家当主の肩書を持つ男装の麗人。生まれながらに人の上に立つカリスマを持ち、若くして当主を継いだ才媛で、ルグニカ王国の次代の王を決める王戦の候補者であり、最有力候補。

■プリシラ・バーリエル
声:田村ゆかり
王都で悪漢に絡まれていたところを、スバルに救われた美貌の少女。傲岸不遜な態度と、大胆不敵な行動と、唯我独尊の覇道を謳う人物でもある。《血染めの花嫁》と呼ばれる、ルグニカ国王次代王位の候補者のひとり。

■アナスタシア・ホーシン
声:植田佳奈
薄紫の柔らかな髪と、顔立ちに幼さを残した白いドレスが可憐な少女。隣国カララギの大商会を率いる若き商人であり、ルグニカ王国王位候補者のひとり。果てなき強欲と向上心の持ち主。


Re:ゼロから始める異世界生活 -DEATH OR KISS-
メーカー 5pb.
対応機種 PSVPlayStation Vita / PS4プレイステーション4
発売日 2017年3月23日予定
価格 各7500円[税抜](各8100円[税込])、限定版は各10500円[税抜](各11340円[税込])、ダウンロード版は各7000円[税抜](7560円[税込])
ジャンル アドベンチャー

(C)長月達平・株式会社 KADOKAWA 刊/ Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会 (C)MAGES./5pb.