小林幸子さん降臨! 『PSO2』アークスフェスティバル2016にてオリジナルソングを熱唱!【コスプレ画像も100枚くらい】

2016年8月13日に『ファンタシースター』シリーズのファン向けイベント“アークスフェスティバル2016”が東京・有明コロシアムにて開催。ステージでは歌手の小林幸子さんのライブも実施!

●地球親善大使:小林幸子さんがオリジナルソング“ヨーコソ・アークス”を熱唱

 2016年8月13日に東京・有明コロシアムにて開催された、セガゲームスの『ファンタシースター』シリーズのファン向けイベント“アークスフェスティバル2016”の模様をリポート。

 『ファンタシースターオンライン2』(以下『PSO2』)の大型アップデート“EPISODE4”で惑星地球が実装されたことを記念し、今年の6月15日に歌手の小林幸子さんが地球親善大使に就任したことは記憶に新しい。8月10日のアップデートでは、ゲーム内に小林幸子さんが登場するステージライブが実装されたが、今回の“アークスフェスティバル2016”では、なんとご本人登場によるリアルライブが開催。ビートまりおさんによるオリジナル楽曲の“ヨーコソ・アークス”と“千本桜 小林幸子Ver.”の2曲が披露されたのだ。

▲ゲーム内と同じ衣装で登場した小林幸子さん。この衣装は、小林幸子さんの衣装作成特別チームによるもの!

▲会場を埋め尽くす参加者たち。オンラインゲームのイベントとは思えない雰囲気と熱気で、小林幸子さんと『PSO2』の人気を改めて思い知らされた。

●造形物での参加も可能になった“コスプレ&クラフトコンテスト”

 過去のファンタシースター感謝祭やアークスフェスティバルで実施されてきた“コスプレコンテスト”が、“コスプレ&クラフトコンテスト”にリニューアルして開催。『ファンタシースター』シリーズのコスプレのほか、武器のみやアクセサリーなどといった造形物による参加も可能になった。ステージ上では、80を超える応募の中から事前審査を通過した39組が出場し、思い思いの方法で衣装や造形物をアピールしていた。

▲最優秀賞は前々回のコスプレコンテストで最終優秀賞を獲得した庄松屋さん。変形機能を完全に再現した“アタッシュオブス”には審査員、会場内から感嘆の声があふれていた。

▲リアラボード&コニシ Gボンド賞にはLJさんが選ばれた。さまざまな素材を巧みに使った表現力はすばらしく、賞の名に相応しい衣装や武器を制作していた。

▲審査員特別賞に選ばれた8組10名。庄松屋さんを含むこちらの9組から最優秀集賞が決定したが、どのコスプレや造形物も最優秀賞を獲得しても不思議ではないクオリティだった。

 こちらは、コスプレ&クラフトコンテストの参加者の皆さん。

●参加者を楽しませる展示物、そして凄技に沸いたARKSエキシビションマッチ

 ステージライブやコスプレ&クラフトコンテスト以外にも、参加者を楽しませる展示物やステージイベントが多数用意されていた。

▲設定画展示コーナーには最新の設定画が展示されていた。また、コトブキヤから発売予定のA.I.Sプラモデルの見本も飾られていた。

▲美しき公式のコスプレイヤーが会場に花を添えた。前回のイベントで好評だったリアラボードによるメンテナンスドックは今回も設置された。

 ソロプレイでのタイムアタックを競う“ARKSエキシビションマッチ”では、市来光弘さん、ニコラスさん、NINJAさんのチームと会一太郎さん、リウイチさん、アストレアさんのチームが対決し、常人では考えもつかないスーパープレイの数々を披露していた。

▲(勝)NINJAさんvs(負)リウイチさん/(勝)市来光弘さんvs(負)会一太郎さんでチームの勝敗は決したが、最後の試合でニコラスさんにアストレアさんが勝利し一矢報いた。

●イベント恒例のコスプレイヤー紹介

 アークスフェスティバル2016は、『ファンタシースター』シリーズのコスプレ参加が可能なため、開場のいたるところでコスプレイヤーの姿が見られた。あまりに数が多く、すべてのコスプレイヤーに声をかけることができなかったが、会場の盛り上げにひと役かった皆さんと、造形物の一部を紹介してリポートを締めくくりたい。



(C)SEGA