“RAGE Vol.2 GRAND FINALS”『ストリートファイターV』部門をリポート――世界レベルの闘いの結果は!?

2016年7月31日に開催された“RAGE Vol .2 GRAND FINALS”の『ストリートファイターV』部門の様子をリポートする。

●RAGE『ストリートファイターV』部門の初代王者が決定!

 年間を通じて複数ジャンルのゲーム大会を開催する、CyberZ主催のe-Sportsイベント“RAGE”。2016年7月30日と31日に、“RAGE Vol .2 GRAND FINALS”として『Vainglory』と『ストリートファイターV』の決勝大会が東京都渋谷区のEBiS303にて開催された。本稿では、31日に行われた『ストリートファイターV』決勝大会の模様をリポートする。


KO5_9429

RAGE Vol .2 GRAND FINALSは、事前に東京と大阪で行われた予選大会を勝ち抜いた計8名によるダブルイリミネーショントーナメント(※)。参加選手は、先日行われた世界大会EVO2016準優勝のhashibiron(ふ~ど)選手、同じくEVO2016で3位のyukadon選手、EVO2016TOP8のeita選手など、世界で活躍するプレイヤーが名を連ねた。ちなみに、優勝者には100万円、2位に40万円、3位と4位に20万円ずつ、5位から8位に5万円ずつ贈られる。

※一度負けても敗者復活を目指せるトーナメント形式。Winnersトーナメントから始まり、一度負けるとLosersトーナメントで敗者復活を目指して戦うことになる。ここで負けると敗退。最終的に、Winnersトーナメントの勝者(無敗)とLosersトーナメントの勝者(1敗)で決勝戦を行う。Losesrsトーナメントの勝者は1敗しているので、優勝するためにはWinnersトーナメントの勝者に2連勝しなければならない。


KO5_9404
KO5_9406 KO5_9421
KO5_9457
KO5_9455 KO5_9456
KO5_9408 KO5_9416
KO5_9413 KO5_9410
KO5_9439 KO5_9440
KO5_9448 KO5_9472
KO5_9453 KO5_9433

 Winnersトーナメント1回戦は、↓の組み合わせで行われた。組み合わせは大会当日の1ヵ月近く前から決まっていたため、どの選手も対戦相手を打ち負かすために対策を練ってきており、白熱した試合が予想された。まずはEVO2016TOP8組の動向に注目すると、hashibiron選手は、「触れたら一瞬で倒します」との言葉通りにcojiro選手をストレートで撃破。eita選手は独自の格ゲー哲学を持つtokido選手の前に敗れてしまう。そして、1回戦の相手を見て「ぶっちゃけ安心しました」という余裕を見せたyukadon選手は、オオヌキ選手を寄せ付けずに勝利。また、使用人口の少ないアレックスで勝ち上がってきたストーム久保選手は、カプコンカップ2015覇者のKazunoko選手の前に敗れ去った。

■1回戦の組み合わせ
hashibiron選手(ミカ)対cojiro選手(春麗)
tokido選手(リュウ)対eita選手(ケン)
オオヌキ選手(春麗)対yukadon選手(ナッシュ)
ストーム久保選手(アレックス)対GODSGARDEN | Kazunoko選手(キャミィ)

大会映像はこちら(1回戦は54:00あたりから)


KO5_9505
KO5_9611 KO5_9524

喜谷知純氏、せんとす氏が実況を務め、解説はカプコンのヲシゲこと重野龍一氏が行った。そして、MCのUZI氏が大会進行を務めた。

KO5_9570 KO5_9602
KO5_9492 KO5_9666
KO5_9677 KO5_9685
KO5_9731 KO5_9733
kazu1 kazu2
KO5_9778
KO5_9798
KO5_9799 KO5_9812
KO5_9820