Throw the warped code outの3Dアドベンチャー『Back in 1995』のニンテンドー3DS版『Back in 1995 64』が発表された。

●BitSummit 4thでは任天堂ブースでプロトタイプを出展

 Throw the warped code outの『Back in 1995』は、初代プレイステーションやセガサターン世代の頃のローポリゴンな粗い3Dグラフィックのゲームにオマージュを捧げた3Dアドベンチャーゲーム。SteamなどでPC版が配信中の本作に、ニンテンドー3DS版『Back in 1995 64』が発表された。

 なお発売日や価格、詳細な対応機種などは未定。現状ではNew ニンテンドー3DS LLおよびNew ニンテンドー3DS専用タイトルとなる可能性もあるとのこと。また、7月9日より京都で開催されるインディーゲームイベント“BitSummit 4th”では、任天堂ブースでプロトタイプ版のデモ出展が行われる。

▲90年代中盤の粗いローポリゴンな3Dグラフィックへのオマージュが炸裂。

 本作の主人公ケントは、半ば廃墟じみたビル群の屋上で、その先に見える“タワー”を目指さなければいけないという強い思いとともに目覚める。彼はなぜそうしなければいけないのか、そこには何があるのか? クリーチャーが徘徊するビル群を探索し、パズルを解いて、タワーへと繋がる道を切りひらいて行こう。PC版については以前に紹介を掲載しているので、気になる人はそちらも参照されたし。

 ちなみに、PC版ではいわゆる32ビット世代のゲームをモチーフとしていたが、『Back in 1995 64』となる本作ではタイトル通り、64ビット世代へのゲームオマージュも追加。ニンテンドー3DSの下画面に仮想のゲーム機が表示され、テレビへの出力ケーブルが緩んでたり、時折カートリッジの挿し直しなどをして対応しなければいけないという、当時ならではのゲーム体験をバーチャルに再現するという。

▲下画面を何に使うのかと思いきや、「仮想ゲーム機」を配置。使い込んでいるがためにたまに動作が微妙になって、テレビへの出力ケーブルやカートリッジの挿し直しが必要になるという、悩ましいけど懐かしいネタをバーチャルに再現。うーん、どうかしてるぜ(褒め言葉)。

参考:『Back in 1995』PC版トレイラー