2016年5月28、29日の2日間にわたって、PC用オンラインFPS『Alliance of Valiant Arms』の公式大会“AVARST2016 Season1”オフライン決勝が開催。28日には護衛部門の王者が決定した。

●無冠の帝王がついに護衛部門王者に!

 2016年5月28、29日の2日間にわたって、ゲームオンが運営するPC用オンラインFPS『Alliance of Valiant Arms』(以下、『AVA』)の公式大会“AVARST2016 Season1”オフライン決勝が行われている。会場は東京・秋葉原のアイ・カフェAKIBAPLACE店。

 大会は“護衛”と“爆破”の2部門で実施。28日は護衛部門の全試合と爆破部門の予選リーグ、29日は爆破部門の準決勝・決勝というスケジュールになっている。

▲解説は長くトッププレイヤーとして活躍したDarkよっぴー氏(左)、実況はmejika氏が担当。
▲対戦を見守る『AVA』日本運営プロデューサー・井上洋一郎氏。

 “護衛”は戦車を守りながら進軍する攻め側とそれを阻止する守り側に分かれて戦う、『AVA』特有のゲームモード。頻繁に銃撃戦が発生するため、試合展開がとにかくスピーディーなのが特徴だ。

 護衛部門の決勝戦にはConclusionとDeToNatorが駒を進めた。Conclusionは上位には食い込むものの、大舞台ではあと一歩のところで優勝を逃すことが多かった、言わば無冠の帝王。対するDeToNatorは安定した実力を誇るプロゲーミングチーム。だが、『AVA』護衛部門はプロとしてはやや物足りない結果が続いている。どちらもそろそろ栄冠を勝ち取りたいところだ。

▲プレイ席の後ろにはほかのチームの選手がずらり。

 いきなり結果を言ってしまうと、栄冠を勝ち取ったのはConclusionだった。決勝戦の開始早々、DeToNatorの組織だった連携に押されて劣勢に立たされたが、大きな声で状況を報告し合い、徐々に盛り返す。そして、その勢いのままに押し切ってしまったのだ。

 印象的だったのはConclusionの“声出し”だ。もはや叫び声クラスの大声で自分たちを鼓舞し、仲間のグッドプレイにはすぐさま賞賛を送る。彼らがプレイする様は、仲のいい友だち同士で遊んでいるみたいで、じつに楽しそうだった。

▲護衛部門優勝:Conclusion
▲護衛部門準優勝:DeToNator

 28日は護衛と爆破の両部門の試合が行われたため、会場には多くのプレイヤーが集結。休憩スペースでは選手たちが談笑をする姿も多く見られ、何だか楽しげな雰囲気だった。eスポーツが注目され、“オフライン大会=派手な演出”をイメージする人も多いと思う。だが、eスポーツの楽しさはステージの大きさに比例するとは限らない。そう思わせてくれる、落ち着くような、わくわくするような、興奮するような、オフラインイベントの原点のような大会だった。

 さて、つぎは爆破部門。どんなドラマが生まれるのだろうか。

▲大きなオフ会みたいな雰囲気。
▲DeToNator爆破部門は台湾のプロリーグに参戦中。メンバーは本大会に出場するために一時帰国。