NHN ハンゲームが運営するPC用アクションRPG『エルソード』に、新キャラクター“ロゼ”が登場する。その特徴や、戦闘スタイルなどを紹介しよう。

●敏腕の女ガンナーが異世界より登場!

 NHN ハンゲームが運営するPC用アクションRPG『エルソード』に、新キャラクター“ロゼ”が登場する。すでに公式サイトではPVが公開されており、実装のタイミングは2016年6月1日に決定。11番目のプレイアブルキャラクターとなるこの“ロゼ”の特徴や、戦闘スタイルなどを、プロデューサーである小川達雄氏のコメントを交えつつ紹介しよう。

▲注目の新キャラクター、“ロゼ”。

 まず最初に、ロゼの設定や基本情報について。ロゼはオンラインRPG『アラド戦記』に登場する女ガンナーで、今回は同作とのコラボにより『エルソード』に登場することになる。年齢は19歳で、武器は多彩な銃器を収納するウェポンパック。警護していた皇女の命により、別次元の世界であるエリオスへとたどり着く。オリジナルの世界に起きた異変を解決すべく、彼女は異世界に乗り込んで冒険に挑むという設定だ。

 人物像としては、つつましく上品なようで、堂々として自己表現をはっきりとする芯の強さも持つ。ちなみにゲームでのCVは、多数の作品で活躍中の人気声優・小清水亜美さんが担当。そのキレのあるボイスとともに、各種銃器を自由自在に扱うエリート戦闘員として、バトルでは大いに重宝するキャラクターになりそうだ。なお、この配役については、「『アラド戦記』の女ガンナーのボイスが小清水さんだったので、それに合わせた形で起用させていただきました」(小川氏)とのこと。

▲ボイスを担当するのは、人気声優の小清水亜美さん。表情ごとに、いろいろなボイスが楽しめそう。
▲豊富な表情パターンが用意されている。
▲キャラクターの過去などは明らかにされていないが、シリアスな背景ストーリーもあるようだ。

●4種類の銃器をスイッチしながら攻撃!

 続いては、肝心の戦闘スタイルなどに詳しく触れていこう。ロゼの戦闘での大きな特徴のひとつが、“武器スイッチング”だ。武器のスイッチングは『エルソード』でも初となるシステムで、4種類の武器をショートカットキーで瞬時に変更して戦える仕様となっている。使える銃は、リボルバー、マスケット、オートガン、ハンドキャノン。それぞれでレンジや効果が異なっており、装備中の武器によって攻撃コマンドも変化する。戦闘状況に合わせて、臨機応変に武器をスイッチすることが重要になってくるだろう。

 「武器スイッチングにはクールタイムはないので、好きなだけ武器を切り替えて楽しめる形になっています」と語る小川氏。アクションの見た目はもちろん、場面に応じて適正な武器を瞬時に選ぶという演出が、ゲームのスリルを高めている。

▲4種類の銃器を使い分けて、敵を翻弄しよう。

 もうひとつの大きな特徴が、独特な“ECPシステム”。コマンドやアクティブスキルの使用で“ECPゲージ”が徐々に減っていき、ゲージがレッドゾーンに突入すると、“オーバーストライクモード”が発動する。このモードになると一定時間スペシャルアクティブスキルやクリティカルのダメージがアップしてバトルは有利となるが、その反面アクティブスキルが使用できなくなり、行動が制限されてしまうことには要注意。ガンガンとスキルを使ってオーバーストライクモードを発動したいが、スキルを多用すると即MP切れともなるので、なかなか難しいところだ。

▲ECPゲージは自動回復するので、集中的にコマンドやスキルを使用しないと、レッドゾーンにはなかなか届かない。

 ロゼの基本スキルは8つ。2次職、3次職になるにつれ、使えるスキルは変化していく。スキルの効果は下記のとおり。

バーベキュー
(スペシャルアクティブ)
強力な蹴りで敵を蹴り上げ、ガトリンガンで連射する。

RX-78ランドランナー
(スペシャルアクティブ)
自動で敵を探して自爆するロボットRX-78ランドランナーを設置する。RX-78ランドランナーは10秒間戦場に居続け、最も近い敵を探索してぶつかり爆発する。

スプリガン
(スペシャルアクティブ)
前方に素早くスライディングして連続攻撃をする。攻撃に成功すると、リボルバーを取り出し連射する。攻撃失敗時、消費MPの50%を回収しスキルを終了する。

M-137ガトリングガン
(スペシャルアクティブ)
M-137ガトリングガンを取り出し無差別に乱射する。M-137ガトリングガンを取り出している間はスーパーアーマー状態になる。

M-3火炎放射器
(スペシャルアクティブ)
M-3火炎放射器を取り出し前方の全ての敵を焼き払う。火炎放射に的中した敵は[火傷]状態になるM-3火炎放射器を取り出している間はスーパーアーマー状態になる。

バックステップ
(アクティブ)
一瞬で後退し射撃する。倒れた時、[Z/X]キーを押すと[タップスピン]で素早く起き上がることができる。

ライジングショット
(アクティブ)
強力な弾丸を発射して敵を空中に浮かす。発動時、[銀弾]が装着され持続時間中、通常コマンドの弾丸が強化する

ニードルソバット
(アクティブ)
前方に向って一瞬で回し蹴りをする。攻撃に成功した敵のダウン値を15減少させる。

 小川氏によると、ロゼは中距離を得意とするキャラクター。敵に合わせて武器を変えながら立ち回り、スキルと一般攻撃を織り交ぜていく戦いかたが主流となる。
 「人それぞれのスタンスがあると思いますが、個人的にはオートガンでの連射攻撃が好みです。銃使いのキャラはアクションが単純なイメージがあるかもしれませんが、やりこむほど強くなるテクニカルなキャラになっています。一部のスキル発動時にスーパーアーマー状態になることも特徴的ですね」(小川氏)。

●2次職&3次職のキャラもすでに決定!

 実装となる新キャラ“ロゼ”だが、すでに2次職、3次職の投入も決定している。以下にそのアップデートの、スケジュール概要を紹介しよう。

 「従来は、2次・3次とも、3つの職業があるのが基本でしたが、このロゼはひとつ増えて、4種類の職業があります。また、今まではいくつか2次職を開放して、つぎのタイミングで3次職を出して、という形でしたが、今回は2次職と3次職を一気にリリースするパターンで、合計4段階でオープンしていきます」(小川氏)。

 まず6月15日には、“ロゼ FIRST LINE”として、2次職“ヘビーバレル”、3次職“ストームトルーパー”を実装予定。以降は、6月29日に“ロゼ SECOND LINE”として、2次職“ブラッディア”、3次職“クリムゾンロゼ”、7月13日に“ロゼ THIRD LINE”として、2次職“ヴァルキリー”、3次職“フレイヤー”、7月27日に“ロゼ FOURTH LINE”として、2次職“メタルハート”、3次職“オプティマス”が、それぞれ新職として入る予定だ。1月半をかけて、4つの2次職&3次職が実装されるスケジュールとなっている。ここでは、それぞれキャラクターイラストに加えて、第一弾の“ロゼ FIRST LINE”に限りゲーム画面も公開する。

■ロゼ FIRST LINE
<6月15日実装予定>

▲ハンドキャノンをメインウェポンとするイメージ。武器の大きさ同様に、かなりの破壊力が期待できそう。ロングヘアーを束ねた髪型を含め、キャラのワイルドな風貌が特徴的だ。
▲2次職“ヘビーバレル”と、3次職“ストームトルーパー”。
▲機動力と破壊力を合わせ持つ、使い勝手のいいヘビーバレル。
▲ストームトルーパーまで進化すると、強大な攻撃もくり出せる!

■ロゼ SECOND LINE
<6月29日実装予定>

▲リボルバーが主体武器だが、3次職では、銃と鎖鎌が合体したような攻撃もくり出すのだろうか? キャラはショートヘアーで、西部劇のガンマンのような孤高な雰囲気を醸しだしている。
▲2次職“ブラッディア”と、3次職“クリムゾンロゼ”。

■ロゼ THIRD LINE
<7月13日実装予定>

▲コスチュームはナースのイメージで、露出度の高さが目立つ。主要武器のマスケットは、遠方からの狙い撃ちが得意なので、遠距離型のスキル攻撃がメインとなりそう?
▲2次職“ヴァルキリー”と、3次職“フレイヤー”。

■ロゼ FOURTH LINE
<7月27日実装予定>

▲連射が特徴的な、オートガンを主軸とする。3次職のイラストを見るかぎり、爆発効果を持つスキルもありそう? なおキャラの外見的には、『エルソード』初のメガネっ娘となっている。
▲2次職“メタルハート”と、3次職“オプティマス”。

●新たなレイドボスが登場!

 新キャラクター“ロゼ”の登場と同じ6月1日のタイミングで、レイドボスも交代となる。新たなボスは、“エルトリオンMK2”。詳細は不明だが、前ボスのベルキサスと同様に、レジェンド武器を入手できるアイテムを落とす仕様となる予定。ロゼとともに、このボスとの戦いも楽しみなところだ。

▲新たなレイドボス“エルトリオンMK2”が実装。

 6月8日にはテレビCMもスタートするなど、プロモーションも万全の構え。“ロゼ”の登場でさらに進化する『エルソード』の今後の展開には要注目だ!