【制作者に直撃取材】高評価を得た『ヒュプノノーツ』最新作のバトルシステムに迫る!【とっておきインディー】

古今東西のインディーゲームを紹介するコーナー。今回は、高い評価を得た、夢の中を冒険する『ヒュプノノーツ』の続編についての、最新情報をご紹介!
23

続編のバトルシステムは“空気を読む”のが重要に!?

 夢の世界を冒険する、というと、おとぎ話のようなファンタジーを連想するが、『ヒュプノノーツ』シリーズは、ファンタジーであって、ファンタジーではない。それは、ゲームの中で対峙する敵が、誰もが生きる上で直面する“嫌なもの”だからなのではないかと思う。

 今回は、現在開発中の続編のバトルシステムについてご紹介する。“嫌なもの”とのバトルは、さらに進化を遂げているようだ。

 前作では、主人公の子ども時代のステージで、“ニンジン”や“ピーマン”が敵のモンスターとして現れた。お皿の上で乾いて不味くなったり、「早く食べなさい!」と怒られたりすることで、ダメージを受けるのだ。

 今作でも“とにかくしつこいアパレル店員”や、“7人のテニサー”、“放置されて芽がすくすく育ったじゃがいも”などと戦うことになるらしい。

 ああ、文字で見るだけでも嫌だ。アパレル店員にしつこく話しかけられるあの感じ、やたらテンションの高いテニサーの集団、そして、食べるのを忘れていたじゃがいも……。
 身に覚えのあるあれこれが、バトルに落とし込まれているのだろう。

 生々しくて少し切ない、夢の世界の冒険が、再び始まる。


9 10 13

製作者 石乃浦骨董店の並河理史氏へ直撃インタビュー!

19 4 15

――『ヒュプノノーツ2』で最も特徴的な部分を挙げるとしたら何でしょうか?

並河 バトルが単なるバトルではなく、“選択を強いられる”点でしょうか。例えば、敵に対して“睨め付ける”、“後ずさる”などのうちどれを選ぶかによって場の“空気”が変化し、有利にも不利にも運びます。システム的なことを言えば、場の空気を示す“アトモスフィア”という隠しパラメーターがあり、プレイヤーの選択によって変化するのです。これは画面には表示されないので、プレイヤーはバトルしながら感覚的に把握することになります。

――敵に対して“空気を読む”のですね。

並河 そうです。リアルな人間関係のように、敵であっても仲良くなればプレゼントをくれたり、不条理な仕打ちで相手を逆上させれば報復されたり。敵もそれぞれ、自分の感情を持って主人公の前に現れるのです。

――単に攻撃するだけではダメなのですね。難しそうです。

並河 敵との駆け引きが、単なるHPやダメージ量などの数字のやり取りだけでなく、“ナマっぽい手触り”になることを意図しています。様々な場面で迫られる究極の選択を、ゲームを通して体験していただけたらと思っています。


7

ヒュプノノーツ2
メーカー 石乃浦骨董店
対応機種 iPhone/iPod touch / Android
発売日 2016年6月配信予定
価格 未定
ジャンル RPG
備考 対応機種:iPhone、iPad、iPod touch(iOS 6.0以降)。/Android(2.3.1以上) ※対応機種はいずれも予定です

(C) 2015 Affility Ltd.
※画面は開発中のものです。