「『刀剣乱舞』の可能性を感じて」――舞台『刀剣乱舞』開幕! 刀剣男士が戦い、葛藤し、躍動する濃密な2時間

舞台『刀剣乱舞』が、本日より東京・シアター1010で開幕! 初回公演前に行われた、報道陣・関係者向けのゲネプロ公演をリポートする。

●正式タイトルは“舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺”!

 DMMゲームズよりサービス中の『刀剣乱舞 -ONLINE-』を原作にした、マーベラス制作の“舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺”が、本日2016年5月3日(火)より東京・シアター1010で開幕! 初回公演前に行われた、報道陣・関係者向けのゲネプロ公演をリポートする。

 PCブラウザゲーム、スマートフォンアプリがサービス中の『刀剣乱舞-ONLINE-』は、言わずと知れた刀剣育成シミュレーションゲーム。“2.5次元化”はミュージカル(ネルケプランニング制作)とストレートプレイ(マーベラス制作)の2種が企画されており、このたびストレートプレイ版の上演がスタートした。

 本作に登場する“刀剣男士”は全12キャラクター。鈴木拡樹、荒牧慶彦、廣瀬大介ら人気俳優が、刀剣が人の姿をとった刀剣男士たちを体当たりで熱演する。また本作には、2月より原作に実装された新刀剣男士の不動行光(椎名鯛造)も登場。織田信長ゆかりの刀剣男士たちを交え、“本能寺の変”を舞台とした物語がくり広げられる。

 ゲネプロ公演後には、全“12振”の刀剣男士が勢ぞろいした囲み取材も実施。物語の軸となる不動行光を演じる椎名鯛造が「『刀剣乱舞』という作品の可能性を感じていただければ。今後に続いていくような作品にしたい」と語れば、座長を務める鈴木拡樹(三日月宗近役)も「顔合わせのときに“戦ってください”という強い言葉をいただきました。“つぎ”を目指すことはもちろん、止まらぬよう戦い続けて、この作品を終えたい」と意気込みを見せた。なおゲネプロ公演には、『刀剣乱舞』で原作プロデューサーを務めるニトロプラス・でじたろう氏の姿も。でじたろう氏が「攻めてます!」と語る本作、原作ファンはぜひとも見届けていただきたい。

◆囲み取材登壇者
三日月宗近役:鈴木拡樹
山姥切国広役:荒牧慶彦
宗三左文字役:佐々木喜英
江雪左文字役:輝馬
小夜左文字役:納谷健
薬研藤四郎役:北村諒
へし切長谷部役:和田雅成
不動行光役:椎名鯛造
一期一振役:廣瀬大介
鯰尾藤四郎役:杉江大志
燭台切光忠役:東啓介
鶴丸国永役:染谷俊之

 次ページではそんな本作をリポート。物語の核心には触れないものの、劇中カットを含むためネタバレNG派の方はご注意を! なお公演時間は休憩なしの約2時間強。まさに手に汗握る、シリアスな物語が展開する。

前のページへ
  • 1
  • 2
次のページへ