『千本桜』が収録されている音ゲーが、超ボカロエリアに集結! ブースに満開の花が咲く【ニコ超2016】

“ニコニコ超会議2016”の超ボーカロイドエリアに、楽曲『千本桜』が収録されているアーケードゲームが集結。プレイした人の手によって“千本桜”を咲かせる企画も実施された。

●ミクダヨーさん&雪ミクダヨーさんの夢の共演も

 2016年4月29日~30日に、千葉県・幕張メッセにて開催されたニコニコ動画最大のイベント“ニコニコ超会議2016”。本イベントの超ボーカロイドエリアには、人気楽曲『千本桜』が収録されているアーケードゲーム『初音ミク Project DIVA Arcade Future Tone』、『CHUNITHM PLUS(チュウニズム プラス)』、『maimai PiNK(マイマイ ピンク)』、『グルーヴコースター 3 リンクフィーバー』、『シンクロニカ』が集結した。

 これらのアーケードゲームをプレイした人に配布されたのは、1枚の桜の花びら。その花びらを、会場に用意された“枯れ木”のボードに貼り付けて、千本桜を満開にしよう! という企画が実施され、プレイを楽しんだ人たちは、それぞれ好きな枝を選んで花を咲かせていた。


_MG_5795
DSC_0003 DSC_0010

 記者が超ボカロエリアを訪れたときには、ちょうどミクダヨーさんと雪ミクダヨーさんが出演している時間で、ブースは大賑わい! 記者は、ミクダヨーさんと雪ミクダヨーさんって、共演オーケーだったんだ……ということに驚いた。


DSC_0001 DSC_0009

▲ミクダヨーさんは、『初音ミク Project mirai』シリーズのプロモーションキャラクターとして誕生した存在で、もともとは“初音ミク”さんだったのだが、絶妙なコレジャナイ感により、ファンから“ミクダヨー”と呼ばれるようになり、いつしかそれが正式名称になった。一方の雪ミクダヨーさんは、冬の北海道を応援するイベント“SNOW MIKU”を象徴するキャラクター“雪ミク”の、ダヨーさんバージョン……と言うべき存在だ。

DSC_0008

▲人気すぎて、鳥居の隙間からしか撮影できませんでした。

 また、超ボカロエリア内のセガゲームスブースでは、先日発売日が発表されたばかりのプレイステーション4用ソフト『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- X HD』(2016年8月25日発売予定)が初試遊出展されており、こちらも賑わいを見せていた。


DSC_0033

▲フルHDの解像度と60fpsの映像でリズムゲームが楽しめるシリーズ最新作。