『マビノギ』11周年記念ファンイベントで、『うたわれるもの』とのタイアップなど数々の新情報が明らかに!

2016年4月24日、ネクソンはPC用MMORPG『マビノギ』の11周年を記念したファンイベント“マビノギパーティー 2016”を開催。『うたわれるもの』とのタイアップなど数々の新情報が発表された、同イベントの模様をリポートしよう。

●『うたわれるもの』とのビッグなタイアップが決定!

 2016年4月24日、ネクソンはPC用MMORPG『マビノギ』の11周年を記念したファンイベント“マビノギパーティー 2016”を開催。ニコニコ生放送でも配信されたこのイベントは、『うたわれるもの』とのタイアップなど数々の新情報が発表されたほか、コスプレコンテストやノベル朗読会など、盛りだくさんの内容。多くのファンで盛り上がった、同イベントの模様をリポートしよう。


01
02 03
04 05

▲交流スペースにはキャラの立て看板が並べられ、グッズ販売やガチャなど、多彩なコーナーで賑わっていた。

06
08 09
07 10

▲イラスト投票コーナーには、ファンによる力作の数々が飾られていた。

 イベントの第1部はまず、書道家のJ.Hiroyuki氏によるライブパフォーマンスで開幕。筆により即興でイラストを仕上げる驚きのオープニングアクト、さらに完成イラストを裏返すと“祝十一周年 マビノギパーティー”の文字が浮かび上がるという演出もあるなどで、初っ端から会場を沸かせた。


11 12 13

▲見事なイラストを描いてくれたJ.Hiroyuki氏。

 続いてはMCを務める声優の森一丁さんと磯村知美さんが登場し、2016年夏に実施予定の次期アップデート速報コーナーに。ここではゲストとして、韓国の『マビノギ』開発チームが登壇し、なんとこの日のために練習したという日本語で(!)アップデートの内容を説明してくれた。


14 15

▲メインMCを務めた、森一丁さん(左)と磯村知美さん(右)。

16

▲イベントのため、開発スタッフも韓国より駆けつけた。

 アップデートのおもな内容は、ダンジョン調整、新規コンテンツ&ラスボス、新キャラクターのデザインなどなど。詳細は、以下の画像とキャプションでチェックしてほしい。


17

▲日本語でアップデートを解説してくれた、海外リーダーのキム・ヒョンス氏(左)、アートリーダーのイム・ヨンヒ氏(中)、日本担当のシン・ボギョン氏(右)の3人。

18 19 20

▲変化がなかったウルラ大陸のダンジョンのバランスを調整。プレイすることで、7強までの改造が解禁される。

22
21 23 24

▲新規ダンジョンも実装される予定だ。ラスボスは“サキュバスクイーン”。ダンジョン内で、3段階のボスに出会うことになるという。なお右端は、初期のアイデアラフだ。

25 26 27

▲ダンジョンのイメージイラスト。赤と黒が基調となっている。初の試みとして、霧の演出も入る予定だという。

28 29

▲新規モンスターも登場。右の“サキュバスクイーン”については、胸の部分の修正を迫られたというエピソードが語られた。

30

▲新キャラクターの基本設定資料も公開された。

31 32
33 34 35

▲責任感ある大人の女性騎士、アヴェリン。オフのときは髪を下ろして、メガネを掛けるイメージとのことだ。

36
37 38

▲トルヴィッシュは、騎士の中の騎士という設定。おとぎ話の王子様のようなキャラクターとしてデザインされたという。

39
40 41 42

▲少年らしく、元気いっぱいのキャラクター、アルター。初期のデザイン画も楽しい雰囲気だ。

43
44 45

▲ピーネは、女性らしく柔らかい印象の騎士。太ももの露出など、アヴェリンとくらべてフェミニンな演出がなされている。

46
47 48

▲面倒くさがりで、なおかつ秀才というイメージを出したかったというカーズウィン。デザインには苦労したそうだ。

49
50 51 52

▲ボスキャラの制作過程図。動く巨大な墓というイメージで、背中には堕ちた天使、両手には石像が固められているという設定だ。

 アップデートの発表を終えると、“開発陣へのお願い”コーナーに。ここではユーザーの要望が紹介され、それに開発スタッフが答える形でステージが進行。「武器スロットの数を増やしてほしい」、「既存ダンジョンを改変し、新規ダンジョンも増やしてほしい」といった声に、いずれも前向きに検討する開発陣の回答が示された。
 そんな中で、「タイアップの予定はありませんか?」という要望が紹介されたときに、いきなりステージの照明が落とされ、ムービーがスタート。サプライズな演出で発表されたのは、『うたわれるもの』とのビッグタイアップだ。具体的な詳細はまだ明らかにされなかったが、ファンは大いに期待していいだろう。


53

▲新情報の数々に、どよめきを見せたイベント会場。

54

▲ファンの要望にも、しっかり対応してくれるようだ。

55

▲第1部の最後には、ビッグタイアップも報告された。