CRI・ミドルウェアは、バンダイナムコエンターテインメントが2016年3月に始動を発表した、VR技術でエンターテインメントの未体験領域を開拓するプロジェクト“Project i Can”に、CRIの統合型サウンドミドルウェア『CRI ADX 2』(以下、『ADX2』)が採用されたことを発表した。

●CRIWAREのサウンド技術でVRの臨場感を強力にサポート

 音声・映像のミドルウェアブランドかCRIWAREを展開するCRI・ミドルウェアは、バンダイナムコエンターテインメントが2016年3月に始動を発表した、VR技術でエンターテインメントの未体験領域を開拓するプロジェクト“Project i Can”に、CRIの統合型サウンドミドルウェア『CRI ADX 2』(以下、『ADX2』)が採用されたことを発表した。

 “Project i Can”のVR アクティビティは、2016年4月15日(金)から東京・台場にオープンするVR エンターテインメント研究施設“VR ZONE Project i Can”で公開される。

 以下、リリースより抜粋。


 「Project i Can」は、VRをはじめとした最新の技術と体感マシン開発技術をかけあわせて、「やりたい!けど実際はムリ」という「夢・好奇心」をホンモノの体験として実現し、新しいエンターテインメントの提供を目指すプロジェクトです。
 CRIは、「Project i Can」のVR アクティビティ「VR 鉄道運転室『トレインマイスター』」において、プロジェクトがこだわった「のみこまれる運転臨場感」の追究を、サウンド技術でサポートしました。

VR 鉄道運転室「トレインマイスター」

-もはやこれは本物だ-
のみこまれる運転臨場感
JR 山手線の運転士として本物さながらの運転業務を体験。

所要時間:9 分(VR ゴーグル装着時間を含む)
料 金:651 バナコイン(700 円)

 走行音などの電車の音は、電車のスピードによって再生間隔や音量が変化します。ADX2 では、このようなスピードや距離に応じたサウンドの変化やドップラー効果などを、ツール上でデザインすることが可能です。また、開発中のサウンドでも実機やコンテンツ上でプレビューしながら調整できるため、細かな調整が必要なVRサウンド演出の制作が効率よく行えます。

 「トレインマイスター」は2016 年4 月15 日(金)よりVR エンターテインメント研究施設「VR ZONE
Project i Can」で体験が可能となります。

■「VR ZONE Project i Can」
開催期間 :2016 年4 月15 日(金)~10 月中旬
場 所 :東京都江東区青海 1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ3F
利用方法 :予約制 ※予約方法等詳細は下記公式ホームページをご参照ください。

■CRIの高圧縮・高音質な統合型サウンドミドルウェア「CRI ADX2」
 クロスプラットフォーム開発に対応した、ゲーム開発向けの統合型サウンドミドルウェアです。高機能かつ操作性の高いサウンドオーサリングツールと、高圧縮・高音質・低負荷で扱いやすいコーデックを備えており、制作、再生、デバッグと、サウンド制作を上流から下流までカバーします。VR 向けサウンド制作では、聴覚に違和感のない音を作り出すために必要な、細かなサウンド調整と作り込みを実現し、よりリアルな仮想空間の演出を可能にします。

■製品版の無償試用お申し込み
対象製品は、無償で製品版の試用・評価が可能です。
申し込みはこちら