2016年4月12日、PC用アクションRPG『アラド戦記』に大規模アップデートが実装される。ナイトに二次覚醒が実装され、さらにギルドシステムが大幅に改編。今後への節目となるアップデートの内容を実際に体験してきた。

●10周年を前にした大きな変革

 ネクソンが提供する、横スクロール形式のPC用アクションRPG『アラド戦記』。本作の特徴は格闘ゲームのような爽快なアクションと自由なスキルコンボ構築。2016年11月には日本でのサービスインから10周年を控え、いまなお愛されているタイトルだ。

▲10年目を前に大きな改変を迎える『アラド戦記』。ロングランながら、まだまだより爽快に進化し続ける内容に注目していただきたい。

 10年という節目を前に、2016年4月12日に大きな改変が実施される。2016年3月に人気キャラクター“女鬼剣士”の二次覚醒(他タイトルでいうところの三次職)が実装されたばかりだが、今度はアップデート“次元を越える少女”にて、“ナイト”への二次覚醒が実装されるほか、ギルドシステムが根幹からリニューアルされるのだ。

 この2点について、実際に実機プレイで体験できた内容をお伝えしていこう。

●ナイトの二次覚醒は、遊びやすさ向上と火力アップを両立!

 『アラド戦記』のナイトは、高い防御力と盾を使ったスキルを得意とするキャラクターだ。その特性に加え、転職(いわゆる二次職へのクラスチェンジ)で、スキルを連続でつなげるほどに火力が向上する“エルブンナイト”と、敵を自動で攻撃してくれる頼もしいデーモンたちを召喚できる“カオス”のいずれかの道を選択できる。二次覚醒によって、それぞれの特徴がより強化される。

◆ガイア◆

 ナイトの転職“エルブンナイト”のさらなる先、75レベルで可能となる二次覚醒を果たした新たな姿が“ガイア”だ。二次覚醒で追加されるスキルは、スキル“チェーンラッシュ”でほかのスキル攻撃をキャンセルしつつ別のスキル攻撃につなげていく、エルブンナイトの特徴であるチェーンラッシュコンボ関連がメインとなる。

 チェーンラッシュコンボはつなげるほどに攻撃力が上がり、防御タイプのキャラクターとは思えないほどの火力を実現できる。ガイアではその火力の向上のみならず、コンボのつなげやすさや新たなコンボルートの提示など、チェーンラッシュコンボの使いやすさも強化された。

▲チェーンラッシュを発動した状態でスキルを使用すると、左右に動くタイミングゲージが一定時間表示され、中央に来たタイミングでチェーンラッシュ(スペースキー)を使用するとチェーン成立。これをくり返して火力を上げていく。

◇勇気の盾
 一定時間、チェーンラッシュの性能を変化させるスキル。使うだけでチェーンラッシュコンボの攻撃力が上がり、さらにチェーンの回数が初撃からいきなり4チェインからの開始となる。

 さらに効果時間中はタイミングゲージの形状が変化し、タイミングの判定が非常にゆるやかになる。混戦の中でもチェーンがつなげやすくなるうえ、最大チェーン数も1増加するため、これまで以上のコンボ火力をより出しやすくなり、チェーンラッシュコンボの使い勝手と気持ちよさが格段に向上した。つねに使用状態をキープしたいスキルとなるが、ほかのスキルをキャンセルしていつでも即座に発動可能なため、使うたびにスキルコンボや戦闘のテンポを悪くすることもない。

▲チェーンラッシュコンボはより使いやすく進化した。ナイトに触ったことがなかった筆者でも、取材中すぐに連続チェーンが可能になったほどに使いやすい。

◇チェーンストライク
 使用した時点でのコンボ数に応じてダメージが大きく増加する、コンボフィニッシュ用の攻撃スキル。チェーンラッシュコンボの回数がリセットされるものの、チェーン数が4の時点でダメージが約2倍になるという、非常に強力なスキルだ。

 エルブンナイトの段階でも多彩なコンボルートが考案されてきたが、フィニッシュ技という新たなコンボパーツが加わったことで、コンボの研究がよりおもしろくなっている。

▲上下の範囲はさほど広くないが、射程距離はそれなりに長い。対ボス戦など、単体の敵相手だと非常に使いやすい。

◇自然の憤怒
 盾を前方に振るってヒットした敵を前方の一ヵ所に引き寄せつつ、地面から伸びる植物の蔓(つる)で攻撃。さらに一定時間、その蔓で敵を拘束する攻撃スキル。

 散らばっている敵を正面に集めることで、チェーンストライクのように攻撃範囲に不安があるスキルもまとめてヒットさせやすくなるため、チェーンラッシュコンボの安定感をより高めてくれる。ただし、地面に固定されている敵などは吸い寄せられないので注意が必要。

▲盾攻撃の範囲はさほど広くはないものの、敵を吸い寄せて集めつつ拘束できる便利なスキル。コンボを当て続けることが軸となるガイアには非常にありがたい。

◇二次覚醒技 トワイライトユニコーン
 ガイアの必殺技とも言えるスキル。幻獣トワイライトユニコーンを召喚して騎乗し、3回の往復突進攻撃をくり出した後、最後に1画面ぶんにも及ぶ広範囲のフィニッシュ攻撃を叩き込む。

 キャラクターのカットイン演出が非常に派手で、なおかつ美しい。長いクールタイムと膨大な消費MPに見合う威力を持っており、チェーンラッシュコンボ数に関係なくいつでも発動できる高威力のダメージソースとして頼りにできる。

▲3回の高速突進とフィニッシュで締めるため、演出時間は短め。スキルをつぎつぎとくり出す、プレイテンポが早めのガイアにはぴったりの大技だ。

◆魔神◆

 75レベルに達したナイトの転職“カオス”が、二次覚醒を果たすと“魔神”にその名を変える。前衛タイプのデーモンソルジャーと後衛タイプのデーモンマジシャンを自在に呼び出し、ソロプレイでもにぎやかな戦いが可能なのがカオスの特徴。魔神は召喚したデーモンを強化し、より効果的に活用できるように進化した。また、さまざまなスキルの性能を向上させるパッシブスキルも持っているため、デーモン召喚以外の面でも強化されている。

▲“黒い太陽神”アテンの化身(左写真)を付き従えることで、さまざまな能力が向上した魔神。大量のデーモンを召喚して戦う能力に、より磨きがかかった。

◇アテンの化身
 黒い太陽神・アテンの化身を付き従わせるパッシブスキル。以下の通り、習得するだけで多くのスキルが強化される。その内容は各種攻撃スキルの性能向上と、デーモンの能力強化がメインになっている。

・共振
共振の成功確率が上昇。

・デーモンウォール
デーモンウォールが消えるまで、デーモンウォールの方に周囲のモンスターを引き寄せる力が発生するようになる。

・ジェノサイドクラッシュ
アテンの化身が爆発範囲内の敵をホールドするようになる。

・黒き衝撃
アテンの化身からも衝撃波が発生するようになる。

・ディメンションブレード
アテンの化身が次元レーザーを発射し、サポートしてくれるようになる。

・ブレーンストーム
召喚するデーモンソルジャーとマジシャンの攻撃力が上昇するようになる。

・ファンシーハリケーン
攻撃範囲が増加する。

<ほか、以下のスキルの攻撃力が増加>
破城槌、天空の雷剣、ファイナルアタック、大乱闘、アテン現身

◇悪神の指揮
 一定時間、アテンの化身が直接デーモンを指揮するようになり、召喚したデーモンたちがより統率のとれた動きをするようになるスキル。魔神が攻撃した敵や攻撃範囲内に入った敵に対して、デーモンたちがより敏感に反応して攻撃を開始し、スキルを即時使用するようになる。

 さらにこのスキルには大きな追加効果がある。デーモンたちを自爆させるスキル“ジェノサイドクラッシュ”を使うと即座に消滅してしまうはずのデーモンたちが、“悪神の指揮”の効果時間内なら即座に復活するのだ。復活したデーモンたちにかかっていた強化効果も持続するため、自爆後も継続して敵に猛攻を仕掛けられる。

▲召喚したデーモンが非常にアクティブになる、破格の強化スキル。自爆で大ダメージを与えた後も復活継戦できるため、時間当たりのダメージ効率、総合ダメージともに大きく向上する。

◇大乱闘
 デーモンソルジャーを3体以上呼び出しているときのみ使用可能な攻撃スキル。魔神が振るった盾がヒットした相手を吸い寄せて拘束し、そこにデーモンソルジャーたちとともに魔神自身も飛び込んで総攻撃をしかける。

 最初の盾攻撃による攻撃範囲が画面の約半分ほどとかなり広く、拘束手段として使うことも十分考えられる。なお、デーモンソルジャーの数による威力や拘束時間の変化はないようだ。

▲古典的なマンガ表現で相手をフルボッコにする演出が、コミカルなデーモンの姿と合わさって癒し効果を生む……かも知れない。

◇二次覚醒技 アテン現身
 アテンの本体を異次元から召喚する、クールタイム、消費ともに最大級の大技。画面全体への攻撃に加え、画面外にも及ぶほどの広範囲を焦土と化し、そこにいる敵に一定時間、持続ダメージを与える。持続ダメージも含めた総ダメージ量はかなり多く、目の前の敵をデーモンと一緒に集中攻撃することが多い魔神には、集中攻撃と広範囲攻撃を同時にこなせる使い勝手がいいスキルだ。

▲炎の腕が無数に降り注ぎ、広範囲の地面を灼熱の焦土に変えていく。デーモンたちの一斉攻撃と持続ダメージの連続ヒットが合わさった猛連撃は、見ていてじつに気持ちいい。