アーケード版対戦格闘ゲーム『アンダーナイト インヴァース エクセレイト エスト』全国決勝大会リポート

新宿で実施されたアーケード版格闘ゲーム『アンダーナイト インヴァース エクセレイト エスト』の全国決勝大会の模様をリポート。

●全国決勝大会が開催

 2016年3月26日、東京・新宿のゲームセンター“クラブセガ新宿西口”にて、アーケード版格闘ゲーム『UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[st](アンダーナイト インヴァース エクセレイト エスト)』(以下、『UNIEL』)の全国決勝大会が実施された。日本各地の代表選手がくり広げた、激戦の模様をリポートする。

■ゲームセンター主催の2on2全国大会
 今回実施された全国大会の名称は“Struggle Overture”。新宿の老舗ゲームンター・クラブセガ新宿西口が主催する大型イベントだ。レギュレーションは2on2のチーム戦、“早稲田式”を採用。2016年1月から日本全国各地のゲームセンターで予選大会が実施され、各予選を突破した代表チームがクラブセガ新宿西口で執り行われる決勝大会に出場し、全国制覇を争う。
 決勝大会当日の現地には、代表選手だけでなく多くの『UNIEL』ファンが集結。大会のみならず、野試合もフル回転で楽しまれていた。


02会場1 03会場2
04会場3 05会場4

■決勝大会開幕!
 決勝大会に出場するのは予選大会を突破した24チーム48名。まずは全チームが3チームづつ8ブロックに分かれて予選リーグを争い、各リーグの1位チームが決勝トーナメントに進出する形式で進行された。予選リーグでとくに目立っていたのはRow選手(セト)。諸事情でチームメイトが不参加となったためひとりでの参戦だったが、孤軍奮闘し見事に予選リーグを突破する活躍を見せていた。


06予選1 07予選2
08予選3 09予選4

特設会場にはメイン筐体の対戦を映すライブモニタを設置。勝負どころや決定的なシーンでは観戦者たちから歓声があがり、会場全体でイベントが楽しまれていた。

10生放送1 11生放送2

大会模様はtwitch.tvにて生放送を実施。フランスパンからはバトルプランナーの芹沢鴨音氏が来場し、メイン筐体で争われる対戦の実況解説を担当した。

■決勝トーナメント
 予選リーグを勝ち抜き、決勝トーナメントに進出したのは以下の8チーム。

 声豚突風注意 雨宮天(公式)(オリエ)/長谷川夢(ナナセ)
 ラーメン鴨音 Row(セト)/本田警察(ゴルドー)
 43プロダクション ニシネ(オリエ)/ヨミ(リンネ)
 ムチ同盟 boogle(フォノン)/ばるとれっく(エルトナム)
 バツイチとイグアナ くれ(ユズリハ)/たつE(メルカヴァ)
 六秒さんありがとう R.N.リュウセイ(メルカヴァ)/ワコ(バティスタ)
 あさきゆめみし ノーツ(カーマイン)/せなる(エルトナム)
 右ストレートでぶっ飛ばす らんぽ(ビャクヤ)/ひしがた(ナナセ)
 
 8チームの代表エリア内訳は、関東代表×3、関西代表×3、静岡代表×1、九州代表×1。決勝トーナメントに進出したメンバーはあまり使用キャラに偏りが見られず、試合は決定戦までもつれる接戦が多く発生し、各選手の実力は全国的に高いレベルで拮抗している様子が感じられた。
 決勝戦まで進出したのは、九州代表・声豚突風注意チームと大阪代表・バツイチとイグアナチームだ。
 先鋒戦は雨宮天(公式)選手vs.たつE選手。オリエが攻勢になりラッシュをかける展開が目立つが、メルカヴァ側は固いガードと的確な反撃で対応し、1ラウンドづつを奪い合う。最終ラウンド、オリエのしかけた中段攻撃をきっちりガードしたメルカヴァが反撃に出るが、雨宮天(公式)選手は強気なしゃがみA暴れでこれを押し返す勝負強さを見せてオリエが勝利する。
 大将戦は長谷川夢選手vs.くれ選手。第1ラウンドをユズリハがパーフェクトゲームで勝利すると、続く第2ラウンドもナナセを圧倒。リーチの長い牽制で常にペースを握り、危なげなくくれ選手が勝利。
 そして迎えた決定戦は雨宮天(公式)選手vs.くれ選手。第1ラウンドはオリエが圧勝するが、第2ラウンドはユズリハがパーフェクトで取り返す。最終ラウンドはお互い体力半分まで削りあったところでオリエのダッシュ下段攻撃がヒット。そこから1コンボを決めると流れを崩すことなくラッシュで押し切り、雨宮天(公式)選手が勝利。
 5時間弱に及ぶ長丁場の戦いの末、雨宮天(公式)選手と長谷川夢選手が優勝に輝いた。


12決勝T1
13決勝T2 14決勝T3
15決勝T5 16決勝T6
17決勝T7 18決勝T8
19優勝チーム

優勝の声豚突風注意チーム。雨宮天(公式)選手(写真左)、長谷川夢選手(写真中)。ふたりには芹沢氏から『UNIEL』ポスターやサイン色紙など豪華賞品が贈呈された。
■優勝チームコメント
 長谷川夢選手 決勝戦で活躍できなかったのは心残りですが、こういう大きい大会で優勝したのは初めてなので嬉しいです。お金に余裕のある方は九州にも遊びに来て下さい!
 雨宮天(公式)選手 全ては決勝戦のための布石でした(笑) 優勝できて嬉しいです。雨宮天ちゃんをよろしくお願いします!

20芹沢

表彰式の後は芹沢鴨音氏がマイクを持って挨拶。メーカーとして『UNIEL』はまだまだ続けていくつもりであり、今後大きな発表を控えている旨を語り大会を締めくくった。