『ANONYMOUS;CODE(アノニマス・コード)』の新キャラクター“西園寺珠乃”と物語のキーとなるイメージボードが公開

5pb.は、“CHIYOMARU STUDIO”初の単独タイトル『ANONYMOUS;CODE(アノニマス・コード)』について、新たなイメージボードを公開した。

●西園寺珠乃、ブレイン・マシン・インタフェースとは?

 5pb.は、志倉千代丸氏率いる“CHIYOMARU STUDIO”初の単独タイトル『ANONYMOUS;CODE(アノニマス・コード)』について、物語のキーワードとなる“ブレイン・マシン・インタフェース”と、新たなキャラクター“西園寺珠乃”のイメージボードを公開した。

 以下、リリースより。


作品概要
STEINS;GATE』『CHAOS;CHILD』などの数々のヒット作を産みだしてきたスタッフがおくる新作ADV。近未来、高度な情報化社会が実現した2037年の中野。「セーブ&ロード」の能力を持った主人公・ポロンが、見知らぬ謎の少女・モモと出会うことにより、世界を動かす<地球シミュレーター>の真実に近づいて行く…。

西園寺珠乃(さいおんじ じゅの) Saionji Juno
通称『ザ・ゴースト』。常に神出鬼没で、探知不可能なステルス能力を使いこなす世界最強ランクのハッカー。

ブレイン・マシン・インタフェース Brain-machine Interface
デジタル情報を脳の神経ネットワークに直接介入させる技術で、耳の軟骨上部にピアス状の「キャリアノード」と呼ばれる電極をクリップする事で視界の中にデジタル情報を介入させる事が出来る。2037年の未来においてはごく一般的に普及しているテクノロジーであり、ポロンたちはこれを利用してリアルタイムに情報収集したり、ハッキングを行ったりする。

あらすじ
2036年2月6日15時28分15秒。
世界中のあらゆるコンピュータは、1900年から刻まれたデジタルな標準時計の上限値42億9496万7295秒をオーバーフローし、全防衛攻撃システムが誤作動するという最悪の事態へと繋がった。神の鉄槌のごとく地上に降り注いだ軍事衛星の咆哮は瞬く間に世界中の主要都市を壊滅させる。

ニューヨーク、ロンドン、上海、モスクワ、そして新宿。後に『サッド・モーニング』と呼ばれる大規模災害である。

果たしてこれは人類への裁きなのだろうか? だとすれば、裁こうとするそれは一体何者なのか。それとも、さらなる災厄の序章に過ぎないのか? 不穏な気配を孕みながらアノニマス・コードの物語は幕を開ける。

舞台は2037年東京都、中野。
神をハッキングせよ



(C)MAGES./5pb./Chiyo St.inc