2016年2月21日(日)に開催された、『ときめきレストラン☆☆☆』に登場するアイドルユニットによるスペシャルライブ“3 Majesty × X.I.P. LIVE -Triple Road/TRICK★STER- in Yokohama”をリポート!

●スーパーアイドルのパフォーマンスに会場も熱狂

 コーエーテクモゲームスが運営するスマートフォン用女性向け恋愛シミュレーションゲーム『ときめきレストラン☆☆☆』に登場するアイドルユニットによるスペシャルライブ“3 Majesty × X.I.P. LIVE -Triple Road/TRICK★STER- in Yokohama”が、2016年2月21日(日)、神奈川・横浜関内ホールにて開催された。

 今回のライブは、作中ユニットである3 Majesty(スリーマジェスティ)とX.I.P.(エグジップ)の楽曲を収録したアルバムが、2月24日(水)にリリースされたことを記念して開催されたもの。会場を訪れた多くのファンが、ステージ上に現れた6人のスーパーアイドルたちに熱い声援を送った。なお今回のライブは全3公演が行われ、そのうち1公演は全国の映画館でライブビューイングも実施。まさにファン待望のライブなのだ。

 会場の照明が落ち、ド派手なレーザー照明が期待を盛り上げるなか、ライブは3 Majestyからスタート。メンバーの音羽慎之介、霧島 司、辻 魁斗が映し出されると、ファンからは大歓声が上がる。そしてイントロとして「Butterfly」のMVが流された後、ポップアップで3人が登場! 「関内ホール!」と煽るメンバーの声にファンも歓声で応え、「運命のLady」を披露した。

 ナマでライブを観ると、それぞれのダンスの特徴も見て取れるほどキャラクターの動きはリアル。加えて曲によって移り変わる照明、何よりも彼らの登場を待ち望んでいたファンの大歓声によって、観ているうちに「本当に3 Majestyがいる!」という感覚を受けることができる。1曲ごとにメンバーは“ハケて”しまうのだが、曲の合間合間にはファンが「本当にいる!」と興奮した様子で語っていたことが印象的だった。

 3 Majestyは続いて「Only One」、「桜色の約束」(初披露の新曲)、「INFINITY~君との未来~」を披露。最後の曲を披露する前には「僕たちといえばアレを言わないと。会場のみんなにも言ってほしいな」というメンバーからの呼びかけに、会場が一体となり「王子たれ!」の合言葉をとなえるシーンも。

 続いては、3 MajestyとX.I.P.のグループの垣根を越えたユニットソングが3曲連続で披露。音羽慎之介(3 Majesty)&不破剣人(X.I.P.)が力強く、爽やかに「空色DREAM」を歌い上げれば、霧島 司(3 Majesty)&伊達京也(X.I.P.)はセクシーに「Maze of Love」を熱唱。一方の辻 魁斗(3 Majesty)&神崎 透(X.I.P.)は、「SWEET JEALOUSY」でキレのあるダンスバトルをくり広げた。いずれも所属ユニットとは少し毛色の違うテイストのパフォーマンスで魅了していた。

▲音羽慎之介(3 Majesty)&不破剣人(X.I.P.)
▲霧島 司(3 Majesty)&伊達京也(X.I.P.)
▲辻 魁斗(3 Majesty)&神崎 透(X.I.P.)

 貴重なユニットソングの後はX.I.P.にバトンタッチ。イントロとして「Deja-Vu」が流れ、スクリーンに現れた彼らが「Burning with U」をアツく歌い上げると、客席は大興奮。「会いたかったぜ、レディース!」と甘いセリフも飛び出しつつ、立て続けに「Sincere Love」「Just do it!」(初披露の新曲)、「GAME」を歌い、グループの持つセクシー&ジェントルな魅力を前面にアピールした。

 アンコールでは、3 Majesty、X.I.P.がそれぞれ「運命のLady」、「Burning with U」を披露。ラストにはメンバーから会場を訪れたファンへ、ライブが実現したことに対する感謝のメッセージも送られ、涙ぐむファンも見受けられた。

 1時間強と公演時間はやや短めながら、3 MajestyとX.I.P.それぞれの魅力がしっかりと体感できた今回のスペシャルライブ。バーチャルライブという形式で、まさに「二次元のキャラクターが現実世界にやってきた!」という新鮮な体験をすることができた。第2弾以降のライブ開催にも期待したい。