『進撃の巨人 TEAM BATTLE』はスナップブレードや立体機動装置をモチーフにした専用筐体で登場!【JAEPO 2016】

カプコンの『進撃の巨人 TEAM BATTLE』はスナップブレードや立体機動装置をモチーフにした専用筐体。

●スナップブレードをモチーフにしたコントローラー

 2016年2月19日・20日に千葉・幕張メッセで開催中の“ジャパンアミューズメントエキスポ2016”(JAEPO2016)。カプコンは、人気アニメ『進撃の巨人』をモチーフにしたアミューズメント施設向け新作タイトル『進撃の巨人 TEAM BATTLE』(2016年冬稼動予定)を出展した。

カプコンブース。巨人の頭がひょっこり見えるのが目印。

 『進撃の巨人 TEAM BATTLE』は人気アニメ『進撃の巨人』に登場するスナップブレードをモチーフにしたコントローラーを使って、人類の天敵である巨人たちと戦うアクションゲーム。シングルプレイだけではなく、ネットワークを介して4人での協力プレイやチーム対戦も楽しめる作品だ。今回の出展では残念ながら試遊することはできなかったが、本作の筐体の写真を可能な限り撮影。その筐体から原作再現の雰囲気を感じとってほしい。

これが筐体の全景。正面の大型モニターを中心として、左右に立体起動装置とスナップブレードをモチーフにしたコントローラーを配置。

スナップブレードをモチーフにしたコントローラーには、アナログスティックがついていました。これでキャラクター、もしくはカメラを操作するのかも?

実際に持つとこんな感じ。なんだか銃を持っているみたいです。

コントローラーは立体軌道装置に収納できるようです。

左右にひとつずつあるコントローラーを持ってかまえたところ。

ちなみにブースには、こんな巨大な巨人の顔やエレン、リヴァイのフィギュアも!

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
(C)CAPCOM CO., LTD. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.