『改造町人シュビビンマン3 異界のプリンセス(PCエンジン版)』が“プロジェクトEGG”にて本日配信開始!

D4エンタープライズは、レトロゲーム配信サービス“プロジェクトEGG”にて、PCエンジン版『改造町人シュビビンマン3 異界のプリンセス』を本日2016年2月16日より配信開始した。

●南の島へバカンスに来たキャピ子と太助がまたも事件に巻き込まれる!

 D4エンタープライズは、レトロゲーム配信サービス“プロジェクトEGG”にて、PCエンジン版『改造町人シュビビンマン3 異界のプリンセス』を本日2016年2月16日より配信開始した。

 以下、リリースより。


タイトル:改造町人シュビビンマン3 異界のプリンセス(PCエンジン版)
ジャンル:アクション
メーカー:メサイヤ(extreme)
 ⇒配信サイトはこちら
発売日:2月16日
価格:500円(税抜)
 (※キャンペーン終了後は900円(税抜)での配信となります。)

 キャピ子と太助が南の島にバカンスへやって来た。事の成行きは、そもそも町内会の福引大会で、キャピ子が特賞を当ててしまったことから始まる。キャピ子いわく「太助と違って日頃の行いが良いのよ。」
 日々、危険をかえりみず町の平和を守っている二人だけあって、この旅行は息抜きの絶好のチャンスだった。しかし、今回もただで済むはずもなく、現地で彼らを待っていたのはまったく予想だにしない出来事であった。
 二人がバカンスを楽しんでいるビーチへ異界のお姫様が魔空挺に乗って現れたのだ。しかも、あろうことかお姫様が操作を誤ってビーチに攻撃を仕掛けてきてしまったのだからたまらない。せっかくのバカンスを台無しにされてハラワタが煮えくりかえっているものの、この状況を見過ごすわけにもいかない。二人でシュビビンマンに変身だ。
 またまた戦いの渦に巻き込まれる太助とキャピ子。果たしてこの二人に安息の日は訪れるであろうか。
 本作は1992年にリリースされたアクションゲーム。プレイヤーはシュビビンマンである太助・キャピ子となって、南の島を舞台に様々な冒険をすることになります。これまでと同様に、メインとなるのはサイドビューのアクションパート。次々と現れる敵をジャンプや剣、溜め技であるシュビビームを駆使して戦うことになります(同時プレイ時には合体攻撃攻撃も可能)。ちなみに今回はロボットによる強制スクロールパートのほか、シューティングパートなども用意されており、変化に富んだプレイが楽しめます。また、シーンの合間に出現するキャラクター同士のかけあいもよりパワーアップしており、音声によるユニークなやりとりに思わずニヤリとさせられてしまうことも。
 PCエンジンファンであれば、誰もがその名を聞いたことがあるほど知名度が高い本シリーズ、アクションゲームファンであればぜひともチェックしておきたい作品です。



(C)extreme
(C)2016  D4Enterprise Co.,Ltd.