新旧の代表曲の数々にヤング(自称)も熱狂! タイトーサウンド制作チーム“ZUNTATA”ライブレポート【闘会議2016】

2016年1月30日~1月31日、千葉・幕張メッセにて開催された、ゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2016”。31日のゲーム音楽ステージでは、タイトーのサウンド制作チームZUNTATA(ズンタタ)によるスペシャルライブが行われた。

●ゲーム音楽界の巨頭によるパワフルなステージ

 2016年1月30日~1月31日、千葉・幕張メッセにて開催された、ゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2016”。31日のゲーム音楽ステージでは、タイトーのサウンド制作チームZUNTATA(ズンタタ)によるスペシャルライブが行われ、会場はゲーム音楽ファンの熱狂に包まれた。

 “闘会議2016”のゲーム音楽ステージでは、短い時間ながら、新旧ファンになじみのあるナンバーがパワフルに演奏された。

ライブ出演者

▲ZUNTATAのリーダーの“ばび~”こと石川勝久氏。ステージではキーボードとボーカル、メインMCを担当。

▲ZUNTATAのサウンドクリエイターで、ステージではベースを担当した土屋昇平氏。

▲フリーのサウンドクリエイターとして活動中の小塩広和氏。DJ、キーボードを務め、ゲストとは思えない存在感を放っていた。

▲ZUNTATAライブではすっかりおなじみとなった、ゲストボーカルの中恵光城さん。

▲オープニングは、元ZUNTATAのゲストアーティスト、小塩広和(COSIO)氏のDJプレイ。『ダライアス』シリーズ過去作のBGMフレーズを贅沢に盛り込んだ、「Freedom」のライブ限定リミックスを展開し、観客の心を一気に掴んだ。

▲石川氏、土屋氏が合流して早々、ZUNTATAの代表曲のひとつ「Duddy Mulk」のライブアレンジバージョンを演奏。おなじみの三味線ソロパートは、石川氏がYAMAHAのショルダーキーボードKX5で、けれんみたっぷりにやりきった。

▲歌手で声優の中恵光城さんがステージに上がると、一気に華やいだムードに。「Groove Prayer」を元気いっぱいに、「Good-bye my earth」を情感たっぷりに歌い上げ、ZUNTATAボーカル曲の魅力を引き立てていた。

●最後は「電車で電車でGO!GO!GO!」で大盛り上がり!

 曲間のMCでは、好評発売中の『ダライアスバースト クロニクルセイバーズ』のオリジナルサウンドトラックや、土屋昇平氏のソロアルバム『ZUNTATA RARE SELECTION “SHOHEI TSUCHIYA”WORKS』(2016年2月24日発売予定)、『グルーヴコースター』のサウンドトラック第2弾『グルーヴコースター オリジナルサウンドトラックブースト』(同3月30日発売予定)の宣伝をちゃっかりしつつ、ラストの「電車で電車でGO!GO!GO!」で、会場をしっかりと盛り上げたZUNTATA。リーダーの石川氏が、「若いゲーム音楽ファンがついてきてくれるか心配だった……」との胸の内を明かすと、“ヤング”を自称するファンたちから声援が飛ぶなど、温かいムードが印象的なステージだった。

▲「GO! GO!」の掛け声とともにサイリウムが激しく振られるなど、観客のボルテージは始終高めだった。

◆セットリスト
Freedom(DJリミックス)/『ダライアスバースト クロニクルセイバーズ
Daddy Mulk/『ニンジャウォーリアーズ
Groove Prayer/『クルーヴコースター
Good-bye my earth/『ダライアスバースト
電車で電車でGO!GO!GO!/『電車でGO!