“闘会議2016”2日目、アーケードステージで実施された『ポッ拳』大会模様をリポート【闘会議2016】

千葉・幕張メッセにて開催された“闘会議2016”。2日目のアーケードステージで行われた『ポッ拳』大会模様をリポートする。

●丸一日かけて争われた『ポッ拳』大会

 2016年1月30日~31日にかけて開催されたゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2016”。31日のアーケードステージでは、アーケード版対戦型アクションゲーム『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』(以下、『ポッ拳』)のトーナメント大会、“ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT -闘会議2016 最強決定戦-”が実施された。


01会場

 闘会議2016、2日目のアーケードステージは、ほぼ終日『ポッ拳』大会のスケジュールが組まれた。当日、現地では開場時刻から当日予選に参加する選手の受付がはじまり、まずは当日予選にて決勝トーナメントに進出する8名を選抜。大会形式は1人対1人のシングル戦トーナメントであり、選手は1体のバトルポケモンを使用(サポートポケモンは試合ごとに変更可能)。予選は1試合先取で勝負を決するレギュレーションで争われた。出場選手の中には『ポッ拳』のプレイヤーランキングの上位3位をひとりで独占する超強豪プレイヤーの姿も見られたが、2回戦で敗退。ほかにもプレイヤー評価ランクが高い多くの選手が早くから脱落し、一発勝負の恐ろしさを感じさせる戦いとなっていた。
 決勝トーナメントに進出する8名が決定したあとは、アーケードステージリポートを挟んでから決勝トーナメントへと移行。ここからは2試合先取で勝負を決するルールとなり、すべての試合がニコニコ生放送でインターネット配信され、来場者と生放送リスナーの全員で見守った。


02大会1 03大会2
04大会3 05大会4

▲ベスト8に進出した選手の中には、沖縄や愛知から参戦した選手も。唯一の女性プレイヤー“ぴざげいにんのいーヴー”さんは、会場の応援を味方につけていた。

06実況席

▲決勝トーナメントの司会を担当した実況席の4人。写真左より、MCのコーリーさん。アシスタントの声優・高野麻里佳さん。解説・バンダイナムコスタジオの星野正昭氏。ゲーム実況・towacoさん。

 決勝トーナメント1回戦を終え、ベスト4に進出したのは以下の4名だ。

 ささふね選手(ゲンガー)
 ☆ルイス☆選手(ゲンガー)
 タムタム選手(ゲンガー)
 イカリのデス・オンシ選手(カイリキー)

 準決勝第1試合はささふね選手対☆ルイス☆選手。攻撃力が高いが体力の少ないゲンガーの同キャラ対戦となり、お互い慎重な試合運び。共鳴バーストには共鳴バーストを合わせて凌ぐといったセオリー通りのバトルが展開される。自然と両者とも瀕死状態になることが多くなるが、行き詰まった状態での読みが鋭かったささふね選手が☆ルイス☆選手を上回り、2試合を連取。ささふね選手が決勝に駒を進める。

 準決勝第2試合はタムタム選手対イカリのデス・オンシ選手。中遠距離での手数の多さで翻弄するゲンガーに対し、じっくり歩いて接近しながらチャンスをうかがうカイリキーという構図の戦いとなる。勝負は拮抗して最終戦にまで発展。最終戦第1ラウンドは、序盤からゲンガーの攻撃をうまくかわしつつ接近戦に持ち込んだカイリキーが勢いにのる。空ジャンプからのブロック攻撃など太い選択肢を通し、ゲンガーの共鳴バーストも耐え切って2ラウンドを連取。イカリのデス・オンシ選手が決勝に進出。

 決勝戦の前に実施された3位決定戦では、☆ルイス☆選手とタムタム選手ともに1試合ずつを奪い合って勝負は最終戦へ。第1ラウンドでは、タムタム選手がラプラスをコンボに使う戦法を披露して先取するも、第2ラウンドは☆ルイス☆選手がパーフェクトで取り返す。最終ラウンドでは両者が共鳴バーストを発動して緊張感のある展開となるが、お互いに致命傷を避けて少しずつ体力を削りあう。最後はタムタム選手の掴み攻撃に対し、☆ルイス☆選手が空中から反撃を叩き込んで決着。☆ルイス☆選手が3位の座を勝ち取った。

 そして迎えた決勝戦。対戦前には「ゲンガーを倒してヒーローになります!」と意気込んでいたイカリのデス・オンシ選手がじごくぐるまを何度もキメて会場をわかせ、対するゲンガーは中・遠距離を主軸にした立ち回りと共鳴バーストでの1チャンスを活かすという、いつもの戦法で対応。一進一退の展開となり、勝負は最終ラウンドまでもつれこむ。中盤戦ではお互い共鳴バーストゲージが溜まり、先に発動したのはゲンガー。打撃を的確にヒットさせてカイリキーの共鳴バーストゲージを奪い、カイリキーに反撃のチャンスを与えずに押し切ってフィニッシュ。

 闘会議2016『ポッ拳』部門はささふね選手が優勝に輝いた。


07ベスト4−1 08ベスト4−2
09ベスト4−3 10ベスト4−4

 表彰式にはバンダイナムコエンターテインメントより原田勝弘氏が登場。優勝のささふね選手には賞状とトロフィーが贈呈された。


11優勝者

 表彰式のあとは、クリエイターのヒャダインさん、モデルの佐藤かよさんが登場して『ポッ拳』の新情報を大発表。アーケード版には、2月9日より新ポケモンの“シャンデラ”が参戦、3月18日に発売が予定されているWii U版では、ダークミュウツーがプレイアブル化されるとの情報を伝えた。壇上では特別に佐藤さん(ダークミュウツー)とtowacoさん(シャンデラ)のエキシビジョンマッチを実施。対戦後の佐藤さんのコメントによると、ダークミュウツーは動きが軽く、攻めが楽しいキャラとのこと。towacoさんはシャンデラについて、同じゴーストタイプのゲンガーに感触が似ており、リーチの長い攻撃が強そうと語っていたぞ。
 また、『ポッ拳』はアメリカ・ラスベガスで開催される世界最高峰の格ゲー大会“EVO2016”や、サンフランシスコでの“ポケモンワールドチャンピオンシップス2016”といった大型大会の競技タイトルに選出され、世界的にも注目が集まっている。今後の動向にも期待していきたい。


12告知1
13告知2
14告知3

 当日の現地の模様は生放送タイムシフトで視聴可能。ぜひチェックしていただきたい。