ナワバリバトル全国ナンバーワンは誰だ!? スプラトゥーン甲子園決勝大会でついに最強チームが決定!【闘会議2016】

2016年1月30日~1月31日、千葉・幕張メッセにて開催された、ゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2016”。『スプラトゥーン』ブースにおいて“スプラトゥーン甲子園”決勝大会が行われた。本記事では決勝大会の模様をお送りする。

●入場から会場のボルテージは最高潮!

 2016年1月30日~1月31日、千葉・幕張メッセにて開催された、ゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2016”。本イベントの『スプラトゥーン』ブースにおいて“スプラトゥーン甲子園”決勝大会が行われた。本記事では決勝大会の模様をお送りする。

 任天堂のWii U用ソフト『Splatoon(スプラトゥーン)』のナワバリバトルで全国最強を競い合う“スプラトゥーン甲子園”。“闘会議2016”の1月30日と31日の午前中に行われた関東大会を経て、ついにすべてのチームが出揃った。そして31日午後からは、激戦を勝ち抜いた猛者たちによる決勝大会が行われた。
 まずは、ハイカラニュースでシオカラーズのふたりに紹介された後、本物のウグイス嬢の呼び込みとともに選手が登場。ゲーム内のギアブランドがスポンサーを務める特色豊かなユニホームに身を包み、代表者が入場した。『スプラトゥーン』プレイヤーなら、この演出に誰もが心躍ったはずだ。バトルが始まる前から大盛り上がりとなった会場には、ブースに入りきらないほどの多くの人が駆け付けていて、改めて『スプラトゥーン』の魅力と楽しさを再確認できた。

◆決勝大会出場チーム

▲九州地区大会代表「.Regen」

▲北海道大会代表「北のべる隊」

▲東海地区大会代表「イカサーのゴリラ」

▲近畿地区大会代表「ゆめいろBWI」

▲東北地区大会代表「まいにちやきそば!」

▲中国地区大会代表「Re:USe」

▲四国地区大会代表「いっけねぇ~四国四国!」

▲関東地区Aブロック代表「いかたまkids」

▲関東地区Bブロック代表「イカタコビジネス」

▲関東地区Cブロック代表「こしあん派」

 チームの入場が終わったら、組み合わせ抽選会がスタート。5チーム目がクジを引くまで対戦相手が決まらないという展開の末、組み合わせが決定。ついに最強チームの称号を賭けたバトルの幕が切って落とされた。

 決勝大会はすべての対戦で2試合先取、そして決勝戦は3試合先取で勝利となる。また、対戦ステージはクジで引くが、一度戦ったステージは排除されて必ず違うステージでの対戦となるのが予選会との違いだ。

 さて、試合のほうはと言うと、熱戦に次ぐ熱戦で、なかには0.2%差という試合もあるなど見ているだけでも手に汗握る展開。もともとナワバリバトルは、仲間と協力することが勝利の秘訣だが、気心が知れた仲間と“チームとしての練習”を重ねたチームの戦いがこれほどとは! というのが正直な感想。しかし、どちらがが勝ち、どちらかが負けるのが勝負というもの。舞台では涙と笑顔が入り混じりつつ、ベスト4が決定した。

●全国ナンバーワンをかけた本気のぶつかり合い!

 ベスト4まで勝ち進むと、“優勝”という目標がハッキリと実感できる段階だろう。決勝大会は1回戦からどこが勝ってもおかしくない接戦の連続だったが、ここからはより緊張と本気度が上がってきているに違いない。見逃せない熱戦続きとなった準決勝と決勝の模様を、試合展開を交えてお伝えしていきたい。

◆準決勝第1試合“まいにちやきそば!”対“ゆめいろBWI”

 1本目のステージはシオノメ油田。お互いにバケットスロッシャーを使うプレイヤーがいて“バケツ対決”となったが、試合は序盤から“まいにちやきそば!”チームのペース。そのまま北の広場入口をガッチリと守りきって完勝した。わかばシューターが7-1のスコアを叩きだしていたのも印象的だった。2本目はBバスパーク。お互いのチームのダイナモローラーが存在感を発揮する展開となった。仲間が倒されても素早くカバーに入ることで、どちらも一歩も引かない展開となった。最終盤にお互いが敵陣を塗りあう展開となり、“ゆめいろBWI”が勝利を収めた。1対1で迎えた3本目のステージはデカライン高架下。五分と五分の戦いが続く試合展開だったが、終盤に“ゆめいろBWI”が優勢に。ラスト1分を切ったところで“まいにちやきそば!”が敵陣に切り込んだものの、一歩及ばなかった。これにより“ゆめいろBWI”が決勝に駒を進めた。

◆準決勝第2試合“北のべる隊”対“いかたまkids”

 第2試合は、予選会以降のアップデートでローラーの弱体化を受けて、ブキ構成を変更してきた“北のべる隊”と、ここまで無敗で勝ち上がってきた“いかたまkids”の対戦。1本目はBバスパーク。3Kスコープによる制圧とフォローによって、序盤から“いかたまkids”が敵陣側で押さえ込む展開となったが徐々に“北のべる隊”が反撃。終盤に敵陣への裏取りを敢行するも一歩及ばなかった。2本目はシオノメ油田。この試合はなんといっても“いかたまkids”のチャージャーに注目したい。北の広場の手前に3Kスコープカスタムが陣取り、ひとりで南から進入してくる敵の排除と北側の塗りを担当。その姿はニコニコ生放送で“北の守護神”と呼ばれるほどだった。もちろん、この守護神っぷりの裏には、残りの3人が広場の入口を死守していたからこそではあるが、完全に戦略勝ちといった印象だった。

 9月の予選会から始まったナワバリバトルの全国ナンバーワンを決める“スプラトゥーン甲子園”も、残すは決勝戦のみ。勝ち上がったチームは、“ゆめいろBWI”と“いかたまkids”だ。奇しくも東西対決となった決勝戦だが、お互いに自分たちのフォームを持ったチームで、どちらが勝ってもおかしくない実力であることは間違いない。会場とニコニコ生放送での「プレイボール!」の合図とともに、ついに決勝戦がスタートした。

◆決勝戦“ゆめいろBWI”対“いかたまkids”

 1本目はBバスパーク。これまで通り、仲間がやられたときのカバーが早い“ゆめいろBWI”がまずはペースをつかんだ後、優勢なチームが何度も入れ替わる激しい戦いとなった。最終的にお互いが敵陣に攻め入ってステージがマーブル状になる展開となったが、まずは“いかたまkids”が先取した。
 続いて2本目。ステージはアロワナモールで、中央の高台での一進一退が続く戦いとなった。.96ガロンデコでシールドを張ったところにダイナモローラーが突っ込むなど、連携の取れた動きを見せた“いかたまkids”が優勢に。ただ、その間隙を突いた“ゆめいろBWI”が押し込んで一時は優勢になったように見えたが、最後に複数のプレイヤーを倒して一気に押し込んだ“いかたまkids”が2本目も連取。
 3本目のステージはハコフグ倉庫。バリアとボムラッシュの併用で押し込んだり、相手を3人倒して数的有利を築いて押し込んだりと、交互に中央の広場を制圧するという優勢なチームがコロコロと変わる展開となった。最終的に“ゆめいろBWI”が広場を制圧。最後にエターナルファランクスΩ(タイムアップ寸前にバリアを仲間におすそ分けする行為)も見られた。
 4本目はシオノメ油田。3本目に本大会で初めての敗北を喫した“いかたまkids”だったが、とくに大きな動揺もなく北の守護神は健在だった。ふだん使っている3Kスコープをカスタムに持ち変えることで、ビーコンによる補助と緊急時のダイオウイカによる対処によって、今回も万全の体勢に。ときおりピンチに陥りそうな場面でも、仲間のフォローによってしっかりと守っていたのが印象的だった。ラスト10秒で“ゆめいろBWI”がまとまって北の広場に流れ込んで打開を試みたが、時すでに遅し。“いかたまkids”の3本先取となり、優勝チームが決定した。

 というわけで、書いても書ききれないほどの熱戦が続いた決勝大会だが、スプラトゥーン甲子園の覇者となったのは、“いかたまkids”チーム! ステージごとの戦いかたを研究し、それを実行するだけの実力を兼ね備えたチームだったように思う。表彰式では“金烏賊杯”が贈呈され、最高の笑顔を見せてくれた“いかたまkids”に心から拍手を送りたい。

 表彰式終了後、ヒーローモードのエンディングを模した映像が、会場とニコニコ生放送に映し出された。スプラトゥーン甲子園に出場したチーム名がつぎつぎと表示され、任天堂のニクい演出にウルっときた人もいるのではないだろうか?
 なお、表彰式に登壇したイカ研究員さんが、「今後も『スプラトゥーン』好きが集まれるような場所を作りたい」、「1月でコンテンツ追加が終了するとアナウンスしたが、もう少し何かできないか考えている」と、『スプラトゥーン』プレイヤーにとって聞き逃せない発言があった。今後の正式発表に期待したいところだ。

 戦いが終われば、そこにいるのはただの『スプラトゥーン』が好きなプレイヤーたち。ニコニコ生放送が終了した後も、お互いの健闘を称えあい、いっしょに記念撮影をする姿が印象的だった。またこのような機会があれば、多くの人が参加するだろうということが容易に推測できる最高の大会だったと思う。それでは最後に、両チームへのヒーローインタビューをお届けして、本記事の締めとしたい。

▲左から、ダイナモンさん、たまねぎさん、ちょたぴさん、ばぐちゃんさん

◆優勝チーム“いかたまkids”

――おめでとうございます! まずはいまの気持ちをお願いします!
ばぐちゃん うれしいです! 最初から優勝を目指してチームを組んで、練習して、ここだけを目指してきたので実現できてうれしいです。
ちょたぴ 参加すると決めたときから優勝するつもりだったのでうれしいです。
ダイナモン 自分がダメなときは仲間に支えられて、調子いいときは自分を出せたので、すごくうれしいです。練習に付き合ってくれた人にも感謝の気持ちでいっぱいです。
たまねぎ 僕はわかばシューターから、.96ガロンデコにブキを変更したのですが、立ち回りをみんなが教えてくれたおかげでここまでこれました。仲間への感謝の気持ちと、優勝したうれしさでいっぱいです。

――優勝を意識した瞬間はありますか?
ばぐちゃん 決勝戦で2対1の状態でシオノメ油田を引いたときに勝ったと思いました。

――関東大会、決勝大会と、シオノメ油田の作戦が鮮やかでしたね。
ちょたぴ シオノメ油田は、北の広場をどちらのチームが取るかが重要になるので必死で守っていました。ブキごとの間合いをちゃんと見て、こちらが一方的に攻撃できる位置を意識していました。
たまねぎ 僕はシールドを投げて広場への入り口を封鎖しつつ、仲間のサポートをメインでやっていました。

――決勝まで1試合も落とさずにきて、決勝戦で初めて1敗しました。そのときに動揺はなかったですか?
ばぐちゃん 動揺はしましたが、残りのステージにシオノメ油田が残っていたので、そこで勝てば大丈夫だと思ったので落ち着きはありました。

――やはり、シオノメ油田には絶対の自信があると(笑)。では、逆にいちばんきびしかった試合はどこでしょうか?
たまねぎ ニコニコ本社で行われた予選会の2戦目に、1%未満の差で勝ったところですね。
ダイナモン その試合を踏まえて、練習を重ねてきたので、いまではいちばん自信があるステージになりました。

――ほかの地方予選の動画を見て、立ち回りの研究などはしましたか?
ばぐちゃん 一応自分がリーダーなので、動画はすべてチェックしました。後は、ナワバリバトルの基礎の立ち回りの案を自分が出して、そこからみんなと話し合って戦略を決めていきました。
ダイナモン 戦略は前日までバチバチしながら話し合っていたので、なんとか決まってよかったです。

――ふだんはどういった練習をしていたのでしょうか?
ばぐちゃん チャージャーを使う彼(ちょたぴさん)が忙しかったんです。前線の3人がチャージャーのところまで敵を行かせないことが重要なので、彼がいないときはチャージャーの助っ人を入れて、前線3人の動きを練習していました。それで、合流したときに「こういう動きをしてほしい」といったことを伝えて煮詰めていきました。

――これで日本で最強の『スプラトゥーン』プレイヤーになりましたね。もっと戦ってみたい相手はいますか?
ダイナモン 本戦まで上がってきたチームは、知っているプレイヤーも多かったので、同じブキを使っている人と戦ってみたかったですね。

――決勝大会でもダイナモローラー対決といったシーンも多かったですよね。
ダイナモン ありましたね。ダイナモローラーどうしの対決で、どっちかが負けちゃうのがもったいないなと思っていました(笑)。

――もし、同じような大会があればディフェンディングチャンピオンとして出ますか?
ばぐちゃん はい、もちろん! そして2連覇したいと思います。

――では、逆に別のルールでの大会があるとしたらどんなルールがやってみたいですか?
ちょたぴ ガチエリアがやりたいですね。
ダイナモン ランク10になってガチマッチに行けるようになってからナワバリバトルはあまりやっていなかったんです。でも、今回の甲子園でナワバリバトルを突き詰めていくと「ここまでいけるんだ!」というのがわかったので、今度はギア自由のナワバリバトルがやりたいですね。
たまねぎ ガチエリアですね。でも、ナワバリも選んでいいならナワバリです。
ばぐちゃん 僕もナワバリバトルがやりたいですね。

――ちなみに、プレイ時間はどのくらいなんですか?
ばぐちゃん 1000時間いっているかどうかといったところです。
たまねぎ 僕は800か900時間くらいですね。
ちょたぴ 僕はチャージャーしか使ってないんですが、2000時間くらいです。
ダイナモン 俺は1200時間くらいですね。

――みなさん、すごい! では、最後に改めてチームとしての喜びの感想をお願いします。
ばぐちゃん 予選のときから優勝を目指していて、対戦してくれた人や練習に付き合ってくれた人に「必ず優勝するから」と伝えてがんばってきたので、実現できてよかったです。なので、チームメンバー、練習に付き合ってくれた人、応援してくれた人、全員の人に感謝しています。みんなのおかげで優勝できたので、ありがとうございましたと伝えたいですね。

――ありがとうございました。優勝おめでとうございます!

▲左上:ライト(R)さん、左下:もちさん、右下:まっつんさん、右上:ねむねむさん

◆準優勝チーム“ゆめいろBWI”

――最後は惜しくも負けてしまいましたが、全国2位です。おめでとうございます! いまの率直な気持ちを教えてください。
もち 準優勝でまだ上に1個あるという結果ですが、この4人でやってきた結果としては満足です。楽しむという意味では、どこにも負けていない優勝だと思います。
まっつん 自分はいままでガチガチな環境でゲームをやってきたので、こんなすばらしいエンジョイチームで楽しめて最高でした。負けて悔しさはありますけど、このメンバーだからこそここまでこれたし笑顔で終われたと思います。最高です。
ねむねむ 学生と社会人が混じったチームなので、時間があまり取れなくて迷惑をかけることも多かったんです。練習が少ないながらも勝ち筋をみんなで考えて、チームとして楽しめた時間だったと思います。なので、こういった機会がまたあればと思います。
ライト(R) 僕は敵を倒す役だったんですけど、ナワバリバトルは塗った面積で競うので仲間が塗ってくれたことで勝つことができたと思います。優勝は逃しましたけど、チームのみんなに感謝したいと思います。

――今回の大会で印象に残っている試合はありますか?
もち 1戦目の“Re:USe”さんとの0.2%差の試合ですね。試合が終わった瞬間は、少し負けているかなと思っていたんですけど、その後に勝利のBGMが流れてきて「あ、勝ったんだ」と思いました。ああいう勝ちかたをしたので、流れができたのかなと思いました。
まっつん 大会前夜にずっと練習して作戦も練っていたのですが、ほとんど負けてしまって。これではダメだと作戦をイチから組み直したことで、この結果になったのでよかったです。自分は最前線で戦って、後ろはみんなに任せる作戦だったので、仲間を信じて戦って勝ったので最高でした。
ねむねむ “Re:USe”さんや“まいにちやきそば!”さんとの試合ですね。相手には有名実況者の方もいて、アウェーな感じもあったんですけど、無名でも一致団結すれば勝てるというところを見せられたんじゃないかと思います。
ライト(R) みんなに言われたので、あまり言うことがないですね(笑)。有名実況者さんとの対戦では緊張とプレッシャーがあったんですけど、味方を信じて勝てたことですね。

――予選会の後半ではステージによってブキを変更するチームも増えてきましたけど、得意なブキでいく作戦にしたのは理由があるのですか?
もち 最初から「負けたときに後悔しないブキにしよう」と話していました。ステージや構成よりも、自分が使いたいブキを使おうと決めた結果、ねむねむ君がバケツを使うことになりました。だからこそ楽しめたんだと思います。

――どのくらい練習はされたんですか?
まっつん これを言うと叩かれるかもしれないけど、じつは近畿大会の後に4人そろって練習できたのはトータルで2時間程度しかないんです。ほかのチームでは負けると怒るとかあるかもしれないですが、このチームはリーダーがユルいので、本当にエンジョイできるチームでした。ゲームだけを楽しめる環境を作ってくれたリーダーに感謝ですね。

――試合の最中もメンバーに向かっていろいろ話しかけていましたよね。あれは何を話していたのですか?
もち 作戦のようなことはとくに話してはいないです。「落ち着いて」とか、1戦先取しても「こんな勝利はあってないようなもんやから忘れて」と、メンタル面のことですね。

――リーダーらしい行動でとても印象的でした。では、もし第2回があれば参加しますか?
一同 もちろんします!

――ルールは何でやりたいですか?
ねむねむ 同じがいいですね。見ている人にもわかりやすいので。
まっつん ユーザー主催の大会もたくさんあるんですけど、ナワバリバトルを採用しているところがほとんどないので、流行っていないのかなと。でも、ナワバリバトルがいちばんおもしろいと思うので、ナワバリバトルをもっと盛り上げていきたいですね。

――では、最後に質問です。『スプラトゥーン』は続けていきます?
もち 続けていくしかないでしょ! これからもやっていきます!
まっつん 次世代機でも発売されるなら、これからもみんなで仲よく楽しんでいきたいと思います。
ねむねむ もっと人気が出て、もっと遊ぶ人が増えて、もっと強い人が現れて、また盛り上がれたらと思います。
ライト(R) 決勝まで上がれたのに負けて悔しいので、続けていきたいと思います!

――ありがとうございました!