2016年1月30日~1月31日、千葉・幕張メッセにて開催された、ゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2016”。本記事では、1月30日のセガブースで行われた、アーケード音楽ゲーム『CHUNITHM(チュウニズム)』と『maimai(マイマイ)』のステージの模様をお届けする。

●人気ゲーム実況者が『CHUNITHM』と『maimai』を体験

 2016年1月30日~1月31日、千葉・幕張メッセにて開催された、ゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2016”。本記事では、1月30日のセガブースで行われた、アーケード音楽ゲーム『CHUNITHM』と『maimai』のステージの模様をお届けする。

▲左からmaimaiちゃん、コジマ店員、セピア、せらみかる、湯毛。

 ステージには、MCを務める広報担当のmaimaiちゃんと、ゲーム実況や音楽系の動画などで人気のコジマ店員、セピア、せらみかる、湯毛が登場。まず、『maimai』とは何かを説明するため、コジマ店員とセピアのふたりが試遊を行なった。

 『maimai』は、円形の画面とその周囲のボタンをタッチして遊ぶ音ゲー。maimaiちゃんからは「ドラム式洗濯機みたいと言われてます」との紹介があった。『maimai』の収録曲はバラエティに富んでいて、セガの人気ゲームやアニメでおなじみの曲はもちろん、“niconico&ボーカロイド”や“東方Project”などのジャンルもある。そのなかから試遊用には、“闘会議”を主催するniconicoゆかりの曲ということで『千本桜』が選ばれた。ふたりとも『maimai』自体あまりプレイしたことがないとのことだったが、ピアノの経験があるセピアがいいスコアを出し、コジマ店員も家電量販店で洗濯機を売っていたころのテンションで(!?)乗り切った。

▲コジマ店員とセピアが『maimai』を試遊。

 続いて、『CHUNITHM』をせらみかると湯毛がプレイ。『CHUNITHM』は、画面奥から手前に流れてくるノーツに合わせて、スライダーをタッチしたり手を振り上げたりする音ゲーだ。湯毛は『CHUNITHM』の収録曲である『1/3の純情な感情 SIAM SHADE[covered by 湯毛]』でボーカルを担当しているが、今回の試遊では『ぼくらの16bit戦争』をプレイすることに。ふたりの、まるでピアノを情熱的に弾いているかのような手の動きを見て、コジマ店員とセピアは「まさに“チュウニ”っぽい動き」とコメントしていた。

▲せらみかると湯毛が『CHUNITHM』を試遊。

■会場のカップルたちが超絶&ほのぼのプレイを披露

 さて、このステージのメイン企画は、来場カップル4組による『CHUNITHM』と『maimai』の対戦だ。参加するカップルは、会場の希望者のなかからその場で選ばれた。カップルには、せらみかるがデザインしたというオリジナルペアTシャツが手渡され、着用してプレイすることに。女性用には女の子の、男性用には男の子の横顔が描かれ、ふたりが寄り添うとチューするデザインになっていて、会場からは(苦)笑いが……。また、背中側には、女性用に“ラ”、男性用に“ブ”と書かれていて、ふたりが揃うとラブの文字が……。

▲会場から選ばれた4組のカップル。
▲参加者はせらみかるオリジナルデザインTシャツを着用してプレイ。

 1回戦ではカップルのどちらかひとりが『CHUNITHM』をプレイし、スコアを競うことに。課題曲には『ギガンティックO.T.N』が選ばれた。難易度の高いMASTER譜面での華麗なプレイも飛び出し、ニコ生視聴者はしばしコメントを忘れるほど画面に見入っていた。

▲カップルのどちらかひとりが代表となって『CHUNITHM』で対戦。

 2回戦ではカップルが揃って『maimai』のSYNCモード(協力モード)をプレイし、スコアとシンクロ率を競うことに。こちらの課題曲は『六兆年と一夜物語』。なんとフルコンボを達成し、シンクロ率99%をたたき出すスーパーカップルが現れ、その息の合ったプレイがギャラリーの目を釘付けに。最終的に、このカップルが総合優勝を果たしたのだった。その一方、彼女側は『maimai』を遊ぶのがはじめてというカップルも登場し、慣れないようすに会場はほのぼのムードに包まれ、応援の手拍子も起こっていた。

▲ふたり揃って『maimai』で協力プレイ。

 ステージの最後には、『CHUNITHM』と『maimai』に関するさまざまな告知が行われた。まず、『CHUNITHM』が2月4日に『CHUNITHM PLUS』としてバージョンアップするという。次に、『maimai PINK』のLINEスタンプが配信中とのこと。そして、2月20日、幕張メッセで開催される『JAEPO 2016』会場にて、『CHUNITHM』と『maimai』のスペシャルライブ『Party Night(昼)』が行われるそうだ。同ライブには、有名ボカロPや、『maimai』オリジナル楽曲の作曲家、『CHUNITHM』から生まれたオリジナル女子高生バンド『イロドリミドリ』のボイスアクターたち、東方Projectでおなじみの同人音楽サークル『豚乙女』などが出演。グッズ販売や来場者プレゼントも予定されている。maimaiちゃんはギャラリーに「また幕張メッセにお越しください、『Party Night』だけど昼やるから安心です(笑)」と呼びかけ、ステージを締めくくった。