2016年1月30日~1月31日、幕張メッセにて“闘会議2016”が開催。KONAMIブースの“The 5th KONAMI Arcade Championship”より、“BEMANI”ブランドの音楽ゲームの大会の模様をお届けする。

●『REFLEC BEAT』では史上初となる難易度“13”が登場

 2016年1月30日~1月31日、千葉・幕張メッセにて開催中の、ゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2016”。1日目となる1月30日、KONAMIブースではアーケードゲームプレーヤーの頂点を決める公式大会“The 5th KONAMI Arcade Championship”の決勝ラウンドが開催されていた。

 ここでは、午後から開催された、『REFLEC BEAT』、『pop'n music』、『jubeat』、『MUSECA』、『SOUND VOLTEX』という5つの“BEMANI”ブランドの音楽ゲームの大会の模様をお届けしよう。

▲会場にはアーケード筐体がズラリと勢揃いした。

■REFLEC BEAT VOLZZA

 ゲストにえなこさん、Des-ROW氏、DJ TOTTO氏が登壇。コスプレイヤーであるえなこさんは、『REFLEC BEAT VOLZZA』のクラスチェックモードで最難関の“零”を習得するほどの腕前なのだそうだ。

 大会はスコアの高いプレーヤーが勝利となり、上位2名が最終決勝へ進出するトーナメント形式に。わずか1点の差が勝敗を分けるほどのハイレベルな戦いとなり、TOTTO氏からは「もう全部が決勝でもいいんじゃないですか?」との声も。

 最終決戦の第2試合はこの場で初披露となるMAX MAXIMIZER氏とTOTTO氏がタッグを組んだ楽曲“Rebellio”となった。その難易度は『REFLEC BEAT』史上初となる“13”だ。最高難易度の楽曲で争ったA.N.C.Bさんとsi・o・n.さんは、なんと同点で演奏を終えた。

▲第1試合のdj TAKA氏の楽曲“RAIN”と、第2試合の“Rebellio”では、『VOLZZA』から初登場の“スライドオブジェクト”も連続して登場した。

 結果は第1試合でスコアを伸ばしていたsi・o・n.さんが優勝。si・o・n.さんは「4回目の出場で、念願の優勝です」と喜びを語っていた。

■pop'n music eclale

 登壇ゲストは松下さん、wac氏、PON氏。松下さんはBEMANIブランドの楽曲でボーカリストを務めており、自身も『pop'n music』シリーズのプレイヤー。家にはアーケードコントローラーがあり、小学校低学年からプレイしていたのだという。

▲森一丁氏も司会として登壇。ゲストたちは真剣に試合を見守っていた。

 男性部門、女子部門に分かれて大会が行われた。決勝ラウンドは、それぞれが選曲した3曲と、当日発表される課題曲1曲の計4曲を連続でプレイし、合計スコアの最も高いプレーヤーがチャンピオンとなる。

▲男子部門、女子部門の課題曲は、それぞれ“男らしい”“女らしい”楽曲に。

 男子部門は“Good”判定がほぼないというハイレベルな戦いの末、TATSUさんがチャンピオンとなった。
 一方、女子部門では筐体のボタンがはまってしまうというハプニングも。緊急メンテナンスが行われた後、仕切り直して4曲目をもう一度演奏することになった。優勝した8322さんは「皆さんの(再試合の機会を与えてくれたという)やさしさに感動しました」と語った。

■jubeat prop

 登壇ゲストはまっくすさん、ショッチョー氏、Akhuta氏。まっくすさんは人気ゲーム実況者であるが、じつは『jubeat』をプレイしたことがなく、出演が決まってから急遽300円ぶんだけプレイしたのだとか。

 もちろん、本大会でもプレイヤーのレベルは最高クラス。ミスなしの“FULLCOMBO”どころか、すべてのノートでPerfect判定を出す“EXCELLENT”を叩き出すことも。まっくすさんは「僕の知っているゲームとは違うかもしれない」と驚き、Akhuta氏は「人間の修行のレベルを超えている」、ショッチョー氏は「(簡単に見えるかもしれないけれど)こんなに簡単なゲームじゃないんですよ!」と語るほどであった。

 激戦を制して優勝したCORBY.QSさんは「すごく緊張しました」と語った。
 また、ここで『jubeat』の新バージョンのタイトル“Qubell”が発表。ショッチョー氏によると、“キューブ(Qube)”が重要な意味を持っているそうだ。