2016年1月30日~1月31日、千葉・幕張メッセにて開催中の、ゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2016”。本記事では、1月30日に闘会議TVブースで行われたDMM GAMESスペシャルステージの『ダンジョンストライカー』部分の模様をお届けする。

●明日行われる決勝大会の見どころを解説!

 2016年1月30日~1月31日、千葉・幕張メッセにて開催中の、ゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2016”。本記事では、1月30日に闘会議TVブースで行われたDMM GAMESスペシャルステージの『ダンジョンストライカー』部分の模様をお届けする。

 1月31日に、PC用オンラインゲーム『ダンジョンストライカー』の“スピードスター決定戦”決勝大会が開催される。決勝を明日に控えた本放送では、まずは決勝戦のルールが改めて解説された。

▲予選、準決勝、決勝という順でタイムアタックを実施。優勝賞金は、なんと1000万円!

 そして来たる決勝大会の前に、司会を務めていたランズベリー・アーサー氏のタイムアタック実演とともに、『ダンジョンストライカー』エグゼクティブプロデューサーの岩下雅臣氏によるポイント解説が行われた。

▲左より、MCを務める声優・一ノ瀬翠さん、エグゼクティブプロデューサーの岩下雅臣氏、声優のランズベリー・アーサーさん、ファミ通.comのミス・ユースケ。
▲これまでに放送された『ダンジョンストライカー』公式生放送でもタイムアタックに挑戦しているアーサー氏。今回が3度目の挑戦ともあり、かなりスムーズにステージを進めていく。

 タイムアタックで重要になるのは、なんといってもクリアータイム。そのため、なるべく敵をスルーしながら進むのが基本だという。ただし、扉を開けるためのスイッチを押しているときに敵に攻撃されるとキャンセルされるので、厄介な敵だけ倒す必要がある。この敵を、「いかに迅速に倒すかが重要になると思います」と岩下プロデューサーがコメント。

▲敵をすべて殲滅していると時間がかかるし、無理にスイッチを押そうとしてもキャンセルされる可能性がある。決勝大会に残っているプレイヤーは、猛者ぞろい。各プレイヤーがどのように敵を処理するのかが見ものだ。

 また、タイムアタックのステージでは、2体のボスが待ち構えているのも注目ポイント。「ボスの行動を避けながら、いかに攻撃を当てていくかも重要です」と岩下氏。

▲ボスは多彩な攻撃パターンでプレイヤーを攻撃してくる。敵の攻撃を無視して殴り続けるとプレイヤーの体力が削られて非常に危険。決勝大会では、猛者プレイヤーたちがいかにギリギリのところを攻めるかにも注目したいところだ。
▲アーサー氏のタイムは12分15秒。ちなみに、スピードスター決定戦の決勝に駒を進めたプレイヤーたちは、軒並み5分程度のクリアータイムで予選を突破している。アーサー氏のプレイもかなりスムーズに感じられたが、その半分以下のタイムでクリアーしている決勝大会出場者たち。これは、ますます明日の決勝大会から目が離せないと感じられる。

 最後に、明日の決勝大会に出場するプレイヤーが発表された。決勝大会出場者は、『ダンジョンストライカー』のサービス直後から始めたというプレイヤーが大半を占めていたが、なかにはスピードスター決定戦の開催が発表されてから始めたプレイヤーも。はたしてどのプレイヤーが勝ち残るのか、明日の決勝大会にぜひとも注目したい。

 スピードスター決定戦の決勝大会は、明日、1月31日の10時45分からスタート。1000万円という巨額の賞金を懸けた世紀の対決を、ぜひともその目で見届けよう。なお、決勝大会終了後も、生放送“DMM GAMESスペシャルステージ@闘会議2016[DAY2]”で大会の振り返りが行われる予定だ。熱き戦いを存分に楽しむためにも、こちらもチェックしておこう。

『ダンジョンストライカー』スピードスター決定戦@闘会議2016
DMM GAMESスペシャルステージ@闘会議2016[DAY2]